【戦国無双5】攻略メモまとめ

メモですよ。

攻略情報の箇条書きまとめです。
一通り攻略に重要な
項目はここで一目で
全て見通せる形になってます。
以下メモなので
だ・である調となります。

※他記事で詳しく執筆して
 いる項目については
 随時リンクも記載します。

おすすめ武将

強さの面ではそこまで大きな
差は無いがどうしても
今作は信長と光秀が主人公の
ゲームなので無双演舞は
だいたい信長か光秀になる。

よってほぼ強制的に
信長か光秀を使う展開に
なってくるから、まずは
この二人を育てるのが無難。

武将育成

武器熟練度と技能ポイントは
金稼ぎさえすればok。
よろず屋で購入するのが
一番手っ取り早い。

つーか技能ポイントは
余裕あるのでアイテム買って
補う必要すら無い。

ストック勲功は
真面目にステージクリアで
稼ぐ以外に無い。
地獄難易度の終盤ステージで
最も多く稼げる。

ただしそもそも
ゲームバランス上、
武将ステータスよりもはるかに
武器の方が重要なので
ぶっちゃけ武将ステータスが
多少低くても良い武器作れば
ほとんど影響は無い。

↓勲功稼ぎ詳細記事

金稼ぎ

終盤の堅城演舞で。
施設レベルカンスト後は
資源売れるので
やはり一番効率的。

アイテム購入で武器熟練度にも
変換できるので
シリーズ最高峰にお金重要。

↓金稼ぎ詳細記事

資源稼ぎ

終盤の堅城演舞が効率的。
金稼ぎと一緒。

Sランク取るのが重要なので
難易度は割とどうでも良い。

↓施設強化詳細記事

武器

今作は武将の武器種も
変更出来るゲームなので
武将ユニーク武器は無し。

代わりに武器種ごとの
レア武器(金武器)があるが
特に必要性は無い。

自分でカスタム出来る
銀武器空きスロ8の方が強い。

しかも今作は簡単に手に入る。

↓武器詳細記事

軍馬

だいたい最終的に松風一択。
固有レア軍馬が強過ぎて
厩でのカスタム育成は
ほぼ不要となる。

↓軍馬詳細記事

武器技能

技能珠はレアなもん無いので
余裕で集まる。

ざっと強い所だと
攻撃、攻撃速度、攻撃範囲の
攻撃3セットと
属性は凍牙以外はだいたい強い。
今作は確率発動っぽいが
その代わり属性は全部重複する。

例外的に無双奥義では
軍馬無双が強い(強過ぎる)
ので馬上ビルドなら
騎神、騎皇も強い。

後はもうほとんど趣味で
使うかどうかの範疇。

↓技能詳細記事

兵科

堅城演舞専用のシステムだが
あんまり出来が良く無い
システムで、正直使わなくて良い。
兵科使わなくても堅城演舞の
攻略にあんまり支障が無い。

↓特に考察の必要無い事を
記載した詳細記事

道具

今作では無双演舞専用。

稼ぎ系の道具は
最序盤ぐらいは使えるが
基本的にあんまり稼ぎ効率が
良く無いとは思う。

ただ金はそれでも重要度が
高いので金落とす道具は
まぁまぁ良い。

ガチで戦闘に使えるのは
攻撃アップや攻撃速度アップなど
いつもの道具面子になる。

なお今作でも属性技能発動には
無双ゲージが1本以上必要なので
無双ゲージ回復する盃は
かなり重要度が高い。

開始直後に盃使えば
すぐに武器属性全て載せて
攻撃出来るようになるので。

↓詳細記事

閃技

今作で初の追加システムだけ
あってかなり強め。

武器技能の属性もしっかり乗る。
武将固有は特に強いが
全体的に攻撃タイプの
閃技はガード不能で
確定で武将にもダメージが
入るのでだいたい強い。
特殊兵科にも有効だし。

汎用だと攻撃アップか
無双ゲージちょっと
回復する技は無双奥義主体の
構成だとまぁまぁ使える。

↓詳細記事

地獄難易度

無双演舞をダブル主人公とも
本編クリアで解禁。

本作の最高難易度。

しかし今作はかなり難易度低い。

そこまで難しい防衛や救出
などのミッションも無いので
ミッションのポイントさえ
把握しておけば地獄難易度で
全ステージミッションフルコンプ
(勿論Sランク)
でクリアするのもそんなに
難しくない難易度となっている。

よって、
ぶっちゃけステージ攻略も
特別に記載する事が無い
感じなので記事書かなくて良いよね?

↓高難易度攻略向け
ビルド紹介記事

DLC

DLCの追加に伴って
紹介・考察を追記していきます。

↓詳細記事


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください