あの懐かしのゲームをもう一度シリーズ その他ゲーム(主にRPG) タクティクスオウガ リボーン

【タクティクスオウガ リボーン】クラス詳細評価「ネクロマンサー」屍霊術が使える独特の魔術師

子供の頃リッチとの違いが
よくわかりませんでした。

ドーモ。皆=サン。たんぶらぁです。

ネクロマンサークラスの
個別評価です。

こんな方におすすめ

  • ストーリー攻略に苦戦する方
  • やり込みプレイを目指す方

初めに

  1. 装備可能範囲
  2. 魔法
  3. スキル

の3点を軸にして評価をまとめました。

スキルについて武器学スキルは
メイン装備に対応したスキルを
基本的に付けると思いますので
評価記載はしません。

最後に総評とおすすめエレメント、
おすすめ武器などを記載しています。

装備評価

だいたいウィザードと一緒ですが
一部装備出来る棍の種類とか
違いますので注意ですね。

ガチ魔術師クラスなので基本的に
武器は魔法射程が伸びる
棍になると思います。

魔法評価

ネクロマンサーは強制的に
エレメント闇になりますので
暗黒魔法が中心になります。

意外にも禁呪、竜言語魔法、
精霊召喚魔法など特殊な魔法は
一切使えませんので基本的な
暗黒魔法が中心になります。

一方で屍霊術というネクロマンサー
限定の特殊な術が使えます。

ロトンブラッドとか
回復魔法のように見えて
ダメージ与えられるので面白いです。

この屍霊術で他の魔術師系クラスと
差別化していく形になります。

スキル評価

魔術師系の基本オートスキル
3点セットの他にアニメイトデッド
というアンデッドを仮死から
即座に復活させるアクションもあります。

アンデッドパーティー組むと
使えるスキルかもしれません。

通常の魔術師として運用するなら
精神集中、エクステンドレンジ、瞑想
の汎用三点セットでしょう。

暗黒魔法で状態異常も使えますので
命中率上がる精神集中も
しっかり活かす事が出来ます。

エクステンドレンジⅡと瞑想Ⅳは
ほぼ必須かなと思いますので
使う魔法に応じて精神集中だけ
変更を検討する感じでしょう。

総評

SFC版では敵専用クラスでしたが
PSPリメイクからクレシダが
加入するようになって
プレイヤブルクラスになりました。

強力な魔法が意外と使えないので
屍霊術を使用しないとほとんど
闇エレメントのウィザードですね。

ウィザードよりさらにINT高いですが
使える魔法の幅はそう違いが無いです。

魔法系のオートスキルも
他のクラスで使える汎用系なので
どれも強力ではありますが
ネクロマンサーの個性は無いです。

他の魔術師クラスと差別化するなら
上手く屍霊術を利用していく
必要がありますね。

まぁクレシダ加入自体がかなり
難しいゲーム終盤のサブイベントなので
一応汎用クラスではありますが
クリア後のやり込みに近い
クラスの解禁条件でしょう。

死者の迷宮で屍霊術を入手しつつ、
じっくりとやり込みで強化していく
魔術師クラスなのかなと思います。

おすすめ武器

棍+盾

おすすめエレメント

強制で闇です。

おすすめスキル構成

武器学 精神集中 エクステンドレンジⅡ 集中Ⅳ

たんぶらぁ雑記

流石にサモンダークネスは
使えませんが、屍霊術を
プレイヤー側が使えるとは・・・

SFC時代から見ると
本当に感慨深いですね。

あの頃は子供だったので
ネクロマンサーとリッチの違いが
よくわかってなかったです。

なんとなく闇の魔術師の事なのかな?
みたいな印象でしかありませんでした。

タクティクスオウガだとリッチも
転生クラスで厳密にはアンデッドじゃ
ありませんので余計に違いが
分かり辛かったという事も
あったかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たんぶらぁ

ゲームブロガー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画),ゲーマー
【日本】がテーマになるゲームをやってます。
※和風ゲームなど日本の世界感・文化が登場するゲーム。

正社員サラリーマンとして10年間、会社に勤務。
自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの、心身共に限界を迎えて退職。
退職時は人手不足倒産で外国人労働者の必要があーだこーだ
言われていた売り手市場時代だったので退職後は
しばらく気ままにフリーランスを続ける。
・・・が突如コ〇ナウイルス時代に突入してしまってさぁ大変。←今ココ

-あの懐かしのゲームをもう一度シリーズ, その他ゲーム(主にRPG), タクティクスオウガ リボーン