最近のコメント

あの懐かしのゲームをもう一度シリーズ その他ゲーム(主にRPG) タクティクスオウガ リボーン

【タクティクスオウガ リボーン】リボーンの初回ゲームクリア感想 SFC版の10倍難しかった・・・

2022年発売ゲームにしては
難しいSRPGでしたね。

ドーモ。皆=サン。たんぶらぁです。

クリア後の攻略に夢中で
ちょっと書くのが遅れてましたが
リボーンの初回クリア後、
評価・感想を記載したいと思います。

※ストーリーネタバレ的な要素は無いです。
 単純なシステム関連の評価・感想ですので
 購入検討されてる方の
 参考にもなると思います。

こんな方におすすめ

  • リボーンの購入を検討される方

初回クリア後の評価・感想

いやーまず一言。

初回クリアまでは本当に大変でした。

僕はタクティクスオウガについては
SFC版とリメイク運命の輪と
両方ともプレイしてますので
作品そのものの初見プレイではないです。

加えてRPGと共にゲームジャンルとしては
経営シミュや建設シミュなど
(国内ゲームなど信長の野望みたいな)
いわゆるガッツリしたシミュレーション
ゲームが好きなゲーマーです。

その為シミュレーション×RPGの
SRPGのジャンルはRPG派生ジャンルの中
ではとても好きで他作品含めて
多くプレイしている方だと思います。

RPG派生ジャンルの中では
一番好きなのが本作のような
マス目移動系のSRPGです。

そんな自分のような
プレイヤー層から見ても

本作は非常に難しかったです。

ここ2~3年の間にプレイした
SRPGの中では一番難しかったかな。

有名な他ゲーでファイアーエンブレム
で例えると最新作「風花雪月」の
最高難易度ぐらい難しかったです。

厳密に言えば難しいの方向性も
少し違いますが・・・

ホントにパーティーの強化が
厳しく制限されるので

たんぶらぁ
育てればいいや。

みたいな攻略方法がほとんど
使えない点が難しかったですね。

やはり一番のネックはユニオンレベル。

SRPGの原点回帰みたいな
レベリングが制限される設定を
強く意識したんでしょうかね。

バランス調整的には
絶妙に難しかったです。

思えば自分もタクティクスオウガの
旧作プレイではガッツリと
レベリングして攻略していましたので
このゲームでここまで苦戦した
記憶が無かったです。

FMみたいにフリーバトルが
制限されてレベリング出来ない
タイプのゲームじゃなかったので
障害物ガンガン殴って
レベリングしてた思い出があります。
(笑)

あのかったるい作業が良かったかどうか?
は別の話ですがリボーンはリボーンで
レベル制限がホントに大変でした。

加えて凶悪な設定だったのが
バフカードですね。

最初はランダムで強化出来る
要素で良い感じじゃない?

とか思ってたんですが・・・

終盤になるとことごとく
ボスがバフカードフル積みなので
非常に凶悪な性能でした。

バフカードの補正率が高いのは
拾うインセンティブ設計として
良かったと思うんですが・・・

敵ボスが最初からフルセットだと
補正値が高過ぎてしんどいですよ。

通常のバフ効果と違って
特殊なカード拾わないと
消す方法も無いですし
後半だと敵の方が有利に
作用していたシステムと感じます。

それでも結局のところ、総合的には

「SFC時代ぐらいのムズいゲーム」

ぐらいの絶妙にやりがいがある
難易度バランスに仕上げたのは
バランス調整ホント
頑張ったんだろうなぁと思います。

ロマサガみたいなSFC時代の
難しいRPGやってる気分でした。

明確に良かった点として
リボーンだとモンスターが
強くなってたのは良かったです!

SFC時代だとパッとしませんでしたが
結構この作品のモンスターは
愛嬌あって好きだったんですよ。

グリフォンやコカトリスが
凄く強かったです。

途中から自分は岩投ゲーでした。(笑)

自分のブログ情報で少しでも
敷居が下げられたら良いなと
思ってはおりますが、ちょっと
難しめのSRPGが苦手な方には
おすすめし辛いかもしれません。

ただ同時にSRPGでこれだけ
リトライ性の高いゲームも
珍しいんですよ。

この1点だけでもSRPGのジャンルで
特出した価値があります。

運命の輪チャリオットですぐに
自由自在な巻き戻しが出来ますので
この手の戦略ゲーが苦手な方も
良い練習になるゲームかと思います。

SRPGの教科書みたいなゲームと
言えるかもしれません。

他のSRPGだとイチからやり直しな
パターンが多いのでSRPGは
バトルごとの時間も結構かかりますし、
負けちゃうとやる気失せちゃう
という方も多いと思うんですよね。

その点このゲームはSRPGの死にゲー
みたいなリトライ性が極めて高い
作りになってるので何度でも
死に戻りみたいな感覚で
再チャレンジ出来ます。

失敗を積み重ねれば
いずれクリア出来るかも?

な絶妙なバランス設定になってるので
まさにSFC時代によく存在した
「難しいけどやりがいの中毒性がある」
ゲームに仕上がってると思います。

またクリア後のやり込みについては
これはこれで全く別ベクトルの
やり込みゲーマーの血が騒ぐ
深いやり込み設定が多々あります。

現在は自分もクリア後のやり込み中ですが
色んなキャラを育てたくなりますね。

気合いの入った良いリメイクに
仕上がっており本当に27年ぶりの
感動を与えてくれた開発の皆さんには
青春時代から楽しんでいた
ファンの一人として
感謝の気持ちでいっぱいです!

という訳で初回ゲームクリア後の
評価・感想をこれで終わります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たんぶらぁ

ゲームブロガー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画),ゲーマー
【日本】がテーマになるゲームをやってます。
※和風ゲームなど日本の世界感・文化が登場するゲーム。

正社員サラリーマンとして10年間、会社に勤務。
自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの、心身共に限界を迎えて退職。
退職時は人手不足倒産で外国人労働者の必要があーだこーだ
言われていた売り手市場時代だったので退職後は
しばらく気ままにフリーランスを続ける。
・・・が突如コ〇ナウイルス時代に突入してしまってさぁ大変。←今ココ

-あの懐かしのゲームをもう一度シリーズ, その他ゲーム(主にRPG), タクティクスオウガ リボーン