最近のコメント

【日本関連テーマゲーム】 信長の野望・新生

【信長の野望・新生】初期プレイレビュー 買うかどうか❓迷ってる方、買ってプレイしてみたけど「完全に???」な方向けの初期案内板

が・・・頑張ります・・・

ドーモ。皆=サン。たんぶらぁです。

2022年7月21日!遂に発売しました!

日本一有名な歴史戦略シミュレーション
にして、ほぼ唯一の
国産ガチ戦略シミュゲーム

信長の野望

ファン待望の新作、
信長の野望・新生が発売しました!

という訳で当ブログでは
今回から信長の野望・新生の
発信を始めていきたいと思います。
宜しくお願い致します。<m(__)m>

筆者は和風ゲームなど日本がテーマとなる
ゲームを発信していますので
最も外せないゲームシリーズと言えば
やはり信長の野望になるんでしょう。

令和の時代に残った数少ない
老舗の国産和風ゲームシリーズです。

今回は5年ぶりの新作で
令和年号初の信長の野望となります。

タイトルにある通りですが、
今回は初期レビューという事で
購入するかどうか迷ってる方や
信長の野望初心者の方向けの
情報を発信する初期レビュー記事です。

本作はかなり複雑なゲームですので
質問形式みたいな形で
レビュー作っていきたいと思います。

大雑把にどんなゲームか
理解する一助になれば幸いです。

ちなみに筆者は信長の野望シリーズ初見
ではありませんが、超久々のプレイなので
「復帰勢」みたいな形に近いですかね。

信長の野望ってどんなゲーム?

流石にここは有名なゲームなので
そう厚くフォローは必要無いでしょう。

日本一有名な
歴史シミュレーションゲーです。

今作は16作品目
シブサワ・コウ40周年記念作品です。

前作の大志が2017年発売でしたので
5年ぶりの新作という事になります。

どんなタイプのシミュレーションゲー?

リアルタイムストラテジーです。

時間いつでも止めれるけど、
年代をそのまま時間経過で進めてく系。

街作り、経営シミュ系とかで
よくあるタイプです。

厳密に言うと昔の作品は
部分的にターン制ストラテジーでしたが
シリーズ12作目の革新以降は
基本的に今のリアルタイム制です。

新生の特徴は?

AIで躍動する武将たちがテーマ

らしいんですが、かなりの部分を
武将(部下)にお任せするタイプ
シミュレーションゲーム性となってます。

シミュレーションゲームの中でも
この点は好みに合うかどうか?の
一つの判断ポイントになるかもしれません。

本作は都システムと言って
城下以外でも各エリアに都と呼ばれる
集落が広がっています。

この都の開発については
基本的にはAI(部下の武将)任せです。

本拠の都については
代官に命令出す事も出来ますが、
色が濃い領土(本拠)以外の場所の
内政はAI任せになります。

本拠の都についても
自分でやろうと思えば命令出来ますが
自分でアクション起こすと
専用のコストがかかるんですね。

ですのでやっぱ全体的に都の開発は
AI任せになってくると思われます。

本作では労力と言われる
アクションポイントが設定されており、
このアクションポイントの範囲内でしか
プレイヤーは内政の命令を出したり、
部下の出してくるほとんどの具申(提案)
に対応出来ません。

内政には金銭も必要ですが、それ以上に
このアクションポイントが
かなりカツカツなので・・・

プレイヤーが隅々まで
内政の命令出すのは不可能です。

AIがやってくれると
余分な金銭と労力かからずに
自動的に完了するんですね。

なので結果が同じでもプレイヤーが
個別に命令出すと都の開発などは
余分にコストがかかってしまいます。

このようなゲーム設定なので
基本的には

「プレイヤーは大雑把な方針決めるだけで
 細かい所は部下に任せて進めろよ!」

みたいなゲーム性になっています。

基本的なゲームの進め方(サイクル)は?

これは公式HPやオンラインマニュアルに
書いてある通りですが

内政→戦争(領土拡大)の繰り返しです。

より具体的には本作は
知行と言って部下に領土与えて
AIに内政やってもらってね!
という感じのシステムなので

知行(内政)

戦闘・合戦(領土拡大)

勝ったらぶん取った領土に知行
(任せる部下任命)

こんな感じのサイクルです。

プレイヤーは本拠の開発したり、
AIに任せとくと内政やべーって
判断した所だけアクションポイントと
専用コスト突っ込んでテコ入れする感じ。

後は部下たちが色んな具申出してくるので
その提案について可否を判断します。

完全に上司ポジですね。

部下が具申で提案してくる内容は
プレイヤーが自分で決めて
アクション起こす事も出来るタイプの
内容ばかりとなります。

具申を聞く形でも自分でアクション組む
場合と同様に金銭と労力のコストが
必要となりますからかかるコストは
一緒なんですが、部下の提案を聞いた場合は
部下忠誠心が上がったり、勲功が増えて
部下の出世に繋がります。

細かいゲームバランスは自分もまだ
全て掴めてませんが、全体的に

「部下にやらせろよ!」

という感じの作りになってるっぽいので
戦争・調略・外交・政策とか
大きな行動方針は自分で決めますが
細かい所は部下に提案してもらった内容の
可否を判断する感じかなと思います。

信長の野望、初めてなんですけど大丈夫なゲームですか?

キツいです。

久々の新作だったので
どうなるかな?と不安でしたが

下手すると海外シミュゲー以上の
不親切設計ですね・・・

基本的に過去作とか信長の野望シリーズに
どっぷり浸かってるプレイヤー向けの
ゲーム作りになってる感じがします。

一応、ゲーム内チュートリアルと
小姓によるサポート機能ありますが・・・

ほとんど役に立ちませんね。

基本的にこの手の戦略シミュゲーは
ゲームの内容が複雑なので
たいがいの場合はメニュー画面から
部分的に遊び方を覚える
チュートリアルモード
とか設定されてるのが一般的です。

かなりガチシミュ色が強い
海外シミュゲーですら、この系統の
チュートリアルモードはあります。

・・・がっ!

信長の野望・新生には
メニュー画面から遊び方を覚えられる
チュートリアルモードすら存在しません。

ゲーム内チュートリアルは基本的な
システム・用語解説だけですので
具体的な遊び方とか全くわからないまま
ポンッ!と放り出されます。

戦略シミュゲーに慣れたプレイヤー・・・
というより、信長の野望プレイしてる
既存のユーザーしか見てない感じですね。

ですので
信長の野望初めての方とか
普通に無理だと思います。

復帰勢に近い自分でも
全く意味不明なスタートでした。

一応、強いて言えば
設定画面から公式Webマニュアルに
進むことが出来て、こちらで
大雑把な遊び方のコツとか
紹介されています。

公式サポートとしては
これが一番おすすめかな。

後は公式HPでシステム説明とか
しっかり読んでから
ゲーム入った方が良いですね。

とにかくゲーム内
チュートリアルは不親切です。
(文字も小さいので読み辛いし)

補足:

そんな感じのゲームなので
微力ながら自分の発信としては
この辺の敷居の高さを少しでも
下げられるように
初心者向けの情報を中心に
発信していきたいと思います。

ゲームバランス(難易度)は?

まだ発売したばかりなので
全貌は把握出来てませんが、

とりあえず「優しい」難易度でも
やり方わかってないと
普通にゲームオーバーですね。

先月リメイク作ですが
同じメーカーの同ジャンルゲーで
太閤立志伝Ⅴというゲームが
発売しましたが、あのタイプとは
全く違います。

普通にゲームオーバーになる系の
ガチシミュタイプです。

信長の野望は選んだ大名によっても
初期能力差が激しいゲームなので
選ぶ大名によっても難易度が
劇的に変わってきますが・・・

標準からそれ以下ぐらいの
大名家で始めた場合は
やり方わかってないと
一番簡単な難易度ですら
アッサリゲームオーバーだと思います。

ただし、どれだけ早く他の勢力が
攻めてくるか?などは同じ難易度でも
かなりバラ付きがあるようです。

デモプレイで何度か試してみましたが、
難易度同じでも他勢力の動きは
プレイごとに全く違う感じでした。

敵AIの動きのバラ付きは
かなり大きいようですね。

当然、初心者の方は初期性能が高い
大名家から始めてゲームに慣れるまで
遊んでいく感じになるでしょう。

※信長の野望という事で
 初見の方が雰囲気で織田家を
 選ぶ事も多いと思うんですが・・・

 史実の通り織田家は最初は
 別に強くありません。
 桶狭間で今川をジャイアントキラー
 する事も出来ずに負ける
 可能性もありますので
 最初の時代から遊ぶ方は
 あの時代から既に強い家を
 選んだ方が無難です。

買うかどうか迷ってるんだけどぶっちゃけどう?

ちょっと評価固まるまで
待った方が良いかもです。

そもそも信長の野望というゲームは
単価高いですし、
この手のゲームジャンルを
プレイする方はご承知の通りですが・・・

ゲームバランスの偏りが
どうしても激しいんですよ。

信長の野望も例にもれずそうです。

この手の複雑怪奇な戦略シミュゲーは
細かい設定一つでゲームバランスが
無茶苦茶になるのでバランス調整が
凄く難しいんですね。

旧作もシリーズによって
評価の浮き沈みは激しかったです。

本作もまだ細かいゲームバランスを
考慮した評価が定まってませんので
現時点では何とも言えません。

ただし、長期的にはどうせ
様々なDLC入ってくるので
今の評価と同様にこの先もずっと
続いていくとは限りません。

自分が長く発信してるゲームに
海外戦略シミュゲーの
シヴィライゼーションがありますが
あのゲームが分かる方は
同じような認識で良いです。

DLCとかアプデが一つ入るだけで
別ゲーレベルに変わる事もあります。

ですので長期的には多分大丈夫・・・

だと思うんですが

ゲーム発売当初はまだまだ
ゲームバランスが
相当荒い可能性は高いです。

迷ってるぐらいの方は
もう1週間~1ヵ月ぐらい
評価待ちした方が良いかもです。

終わりに

ほぼ想像通りですが・・・

かなりボリューミーなゲーム
ですので1~2ヵ月ぐらい
信長の野望・新生漬けになりそうです。
(苦笑)

ゲーム性の把握だけでも
かなり大変ですね。

途中でも記載していますが、
本作は改めて初見の方が
ゲーム出来るような
作りになっていません。

自分も復帰勢みたいなもんですし、
他の発信ゲーム以上に
信長の野望・新生の発信については
初心者向けを心がけて

「令和の時代で初めて
 信長の野望に触れる方」

でもこのゲームに入れるような
そんな情報発信に
努めていきたいと思います。

信長の野望長くプレイしてる方には
かったるい内容になるかもしれませんが
そのような方向性で今後も
本作の発信をしていきたいと思いますので
興味持って頂けた方は
今後とも宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たんぶらぁ

ゲームブロガー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画),ゲーマー
【日本】がテーマになるゲームをやってます。
※和風ゲームなど日本の世界感・文化が登場するゲーム。

正社員サラリーマンとして10年間、会社に勤務。
自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの、心身共に限界を迎えて退職。
退職時は人手不足倒産で外国人労働者の必要があーだこーだ
言われていた売り手市場時代だったので退職後は
しばらく気ままにフリーランスを続ける。
・・・が突如コ〇ナウイルス時代に突入してしまってさぁ大変。←今ココ

-【日本関連テーマゲーム】, 信長の野望・新生