【ゲームプレイ動画】 【日本関連テーマゲーム】 シヴィライゼーション6

#14【シヴィライゼーション6】「和風プレイ」で作るエジプト帝国 ママチャリ軍団の進化・バレッタ征服【プレイ動画付き】

凄い数の弩兵が出来ましたね。

>>前の回
>>次の回

ゲームの詳細設定・コンセプトの趣旨
については#1記事を参照下さい。

動画

プレイレポ

建国の英雄、バレッタの戦い

96ターン目。
アップグレード終えた流星騎士で
バレッタに突っ込みます。

この圧倒的な強さ・・・

今度は中世ユニットなので
大将軍が乗ってますし
略奪襲撃付いてるので
さらに戦闘力+7。

圧倒的な戦闘力の高さです。

先ほどまでの膠着状態が
ウソのような削り量ですね。

このままバレッタを征服しましょう。

視点を移してロシア戦ですが
こっちは形だけ参戦のつもり
だったんですが・・・

変な場所に開拓者がいたので
香港の徴兵隊とバチカンの徴兵隊の
連合部隊で奪い取っていきます。

ゴールド収入が多いので
徴兵も使いやすいですね。

まぁそれでもグランドマスターの
礼拝堂を選択しますが・・・

新しい頼もしき仲間カーブル

アムステルダムにマグナスが
配置されましたのでここで
いらない資源や特徴を取り除いて
一気に人口を増加。

次の区域として外交街を作ります。

この都市はまだ工業地帯も
ありませんが、ここは早く代表団を
追加したかったので外交街を選択。

外交連盟も駆使しつつ
代表団入れてカーブルを
宗主国に引き入れます。

よくこんな辺境で昇格したなぁ
と思いましたが・・・以前に
蛮族から昇格した都市国家です。

非常にどうでも良い土地に
配置されている優秀な効果の
都市国家という完璧な配置です。
(笑)

ここは未来永劫、属国として
利用しておけば良いでしょう。

経験値アップが大変美味しいです。

蛮族から昇格した都市国家は
クソ土地配置が多いので
入植の邪魔にならない点が
魅力の一つかもしれません。

都市国家の軍なんぞ
あんま役に立ちませんし、
襲われるリスクさえ無ければ
雪原1タイルだけでも良いんですよ。

AIマオリがよくやるような
1タイル島都市でも良いですね。

どうせプレイヤーが絶対に
使わない土地ですし。

ママチャリ軍団の弩兵進化

アップグレードでは
こちらも忘れてはいけません。

ママチャリ軍団(と弓兵たち)
も全員弩兵にしましょう。

本来は凄まじいゴールド出費に
なってしまうはずですが・・・

今回はシンドバッドが
荒稼ぎしているので
コスト確保も大丈夫そうですね。

エジプトの場合はママチャリが
凄く強いんですが・・・

ママチャリでは機械のブーストを
満たす事が出来ないという事もあり
弓兵も作る事になります。

従ってママチャリと弓兵という
大量の長距離戦闘ユニットを
中世で抱える状態になりやすく、
弩兵へのアップグレード費用が
物凄く必要になるんですよね。

太古~古典でのママチャリ無双が
上手くいけばいくほど・・・

中世で大量の弩兵を
抱える事になります。(苦笑)

計画的にアップグレードを計算しないと
政策セットが甘くなるので
脳内シミュレーションが結構
重用になってくるんですよね。

今回はママチャリ6体と弓兵3体だから
合計9体分の弩兵が誕生しますね。

+して近接戦闘一部と騎乗兵、斥候も
アップグレードする必要ありますし。

槍兵は1体しかいませんが
戦術完了は間に合うけど
恐らく位置的に領土内に入れず
アップグレード出来ないかな?

みたいな計算ですね。

ひとまずママチャリは
もれなく弩兵に進化。
戦士と剣士もしっかり
メンアットに強化して
忘れずに斥候も散兵に
アップグレードさせておきます。

今回はたった1体残った
初期偵察ユニットですが、
コイツはなんとか待伏せまで
習得出来そうですね。

残り1回攻撃するだけで
レベル3で待伏せ習得です。

アップグレードが
大体終わった所で
バレッタは騎士で討ち取ります。

軍事学のブーストが完了。

これまた良い都市を一つ
加える事が出来ました。

旧都市国家バレッタはかなり良質な
沿岸都市になっていますので
これから先の発展に期待です。

卑弥呼様をもう一度

優先順位的にシンドバッドを
先に再召喚しましたが、こちらも
忘れずに再召喚しておきましょう。

97ターン目で卑弥呼再召喚します。

ちなみに首都では
コロッセオ作りをしております。
当初あんま狙ってませんでしたが
誰も作っていないようなので
狙ってみる事にしました。

一応5都市は射程に入る計算なので
まぁまぁ及第点の配置でしょう。

どうせオランダ戦では
卑弥呼のやる事が無いので
今のうちに卑弥呼はサイスに
飛んでからもう少し世界を放浪して
チャージを使う旅に出ます。

恐らくこの卑弥呼の冒険が
終わる頃には世界地図の陸地は
完全に埋まると思います。

虎視眈々と開戦準備

98ターン目で中世の市完了。

こちらも素晴らしい重要度の
社会制度ツリーです。

まず総督の称号追加。

現在もう既に科学力130に到達
しており(大部分が虚無の恩恵)
今更ピンガラの研究員を加えても
微増程度にしかなりませんので
先にモクシャを召喚します。

だいたい自分の場合は
このタイミングで
モクシャが多いですね。

とりあえず神権政治なら
人口多い都市に総督がいるだけで
信仰ボーナスが出ますし、
5ターン後にモクシャ着任で
また結構な信仰力増加になります。

つーかいつの間にか
信仰力300超えてますね。

シンゲッティの交易ボーナスが
相当高いんだろうと思いますが。

そしてマルコ・ポーロから
少し遅れて大提督の方もゲット。

こちらも即使用して
交易商を追加します。

交易商の数が凄い勢いで
伸びていますが、これも世界会議で
港の建造物ボーナスが
入っているおかげですね。

灯台作るスピードの早い事、早い事。

ピンガラ都市ではやる事が無いので
しばらくアルハンブラ宮殿を
先に進めておきます。

多分誰も作ってないので
大丈夫だと思いますが、ごくたまに
AIは結構な速さでアルハンブラ宮殿を
作ってくることがあるんで
いつも警戒してしまうんですよね。

聖ワシリイ大聖堂は
あんまり作りませんので
いつかは建設出来る事が多いんですが
建設レースに負ける展開が起こると
生産力としても無駄が出るので
凄く嫌なんですよね・・・

なんて事を考えながら
虎視眈々と次の
戦争準備を進めます。

部隊を分割して
都市国家攻めをしていた
蛮族雇用部隊は海を渡って
遠征をさせておきました。

こちらもアップグレードで
しっかりとコーサー、メンアットに
強化済となってます。

コーサー、メンアット、弩兵

大将軍の戦力があればもう
あの国には引導を渡せるでしょう。

そう、スペインです。

スペインはハッキリ言って今回の
負け組文明筆頭で最初から
弱国でしたが・・・躊躇なく
戦争しかけてこちらからも
弱体化させる一手を
打ち続けていたので・・・
どんどん弱体化してしまいました。

ペルシアとも戦争している割に
ペルシアの攻め手が甘いせいか
以外にも生き残っていますが・・・

とはいえ、ここが対岸側にあると
忠誠心圧力的に邪魔ですし、
ペルシアと文化同盟中で忠誠心圧力に
影響が無いうちに対岸側の進出拠点を
作っておきたいんですよね。

ぶっちゃけ首都含めて相当に
ヤバそうな都市開発してるので(笑)
自分の美学としてはスペイン首都なんぞ
いらんのですけど・・・

まぁ仕方ないのでスペインには
この世界から退場して頂きます。

そんな訳で次の政策は
略奪戦争スタイルに。

襲撃戦を入れて
一気に戦争モードに入ります。

丁度、同時にロシアとも
戦争中ですので
ロシアからも適当に略奪して
稼いでいきましょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たんぶらぁ

ゲームブロガー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画),ゲーマー 【日本】がテーマになるゲームをやってます。 ※和風ゲームなど日本の世界感・文化が登場するゲーム。 正社員サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの、心身共に限界を迎えて退職。 退職時は人手不足倒産で外国人労働者の必要があーだこーだ言われていた売り手市場時代だったので退職後はしばらく気ままにフリーランスを続ける。・・・が突如コ〇ナウイルス時代に突入してしまってさぁ大変。←今ココ

-【ゲームプレイ動画】, 【日本関連テーマゲーム】, シヴィライゼーション6