【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】『難易度神攻略向け』支援ユニット考察 ☆1~5

ある意味、通常の軍事ユニット以上に
重要だったりします。

支援ユニットの
考察していきます。

初めに

以下
【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】
『難易度神攻略向け』記事の
基本趣旨の説明となります。
初めての方は最初にお読み下さい。

※本系統の記事は全てシヴィ6の
 難易度神(シングルプレイ)を想定した
 いわゆる高難度向け攻略記事です。

 拡張パックとアプデ情報は以下の通り。
・拡張パック 嵐の訪れ
 (文明の興亡込み)

・アップデート 1.0.0.341 2019/9/11更新
 (ニューフロンティアパック導入以前)

数値の記載は全て
ゲームスピード標準です。

ドローン

☆☆☆

観測気球の上位互換。
攻囲ユニットが爆強化されます。

ただし、攻囲ユニット強化の
最も重要なポイントである
射程+1は観測気球の時点で
すでに付いてるので
実は結構、観測気球で
事足りてたりしますが
余裕があれば強化して損はない。

オスマン帝国とかこれがあると
恐ろしく攻囲ユニットが強いです。

衛生兵

☆☆☆☆

1ターン事の回復力が
かなり強化されます。

スキタイの能力が強い事から
わかる通り、このゲームの
ユニット回復強化系の能力は
かなり強力です。

ひん死のユニットが領土外で
体力全快まで回復するのに
10ターンぐらいかかりますからね。

嵐の訪れからは
どんなに上手く戦闘を進めても
想定外の災害でユニットが
損傷するリスクが出てきました。

衛生兵の重要性は上がったと思います。

使徒のレベルアップ能力で
代用出来るので、宗教利用する場合は
後回しにしても良いですね。

観測気球

☆☆☆☆

攻囲ユニット使う場合の切り札。

攻囲ユニット使わなければ
言うまでも無く必要ないですが

攻囲ユニットと噛み合った時の
凶悪さはすごいもんがあります。

最低射程3になるので
都心・兵営の防衛射程外から
一方的に攻囲ユニットで攻撃が可能。

都市攻めが格段にラクになります。

工兵

☆☆☆☆☆

最強の支援ユニット。

個人的な話ですが
たんぶらぁのシヴィ6で最も好きな
ユニットでもあります。

標準ルールの頃はぶっちゃけ
あまり強いユニットでは
ありませんでしたが、
現在は効果が大きく変わり
頼もしいユニットになってます。

特定区域と防波堤の建設コストを
労働力1で20%補えるのが
非常に強力。

特にコスト重い区域と防波堤は
工兵利用するかどうかで
必要生産力が大きく変わります。

非常に極端な例ですが
防波堤なんかは守るタイルが多いと
平気でコスト2000ぐらい
要求される場合もあります。

ハッキリ言って「バカなのか?」
という感じ。
出来る訳ねーだろって
コスト要求されるので
工兵使って作っていくのが基本です。

他にもダム区域や運河区域は
コスト凄く重いので工兵作って
コスト補うのがベターです。

後半になるほど区域は
コスト重くなりますが、工兵のコストは
一定なので、少し手順は複雑化しますが
工兵→区域建設とした方が
圧倒的に建設コストが安上がりになる
場合もあります。

他にも鉄道や山岳トンネル建設に
必要であり、国内ロジスティクスを
整える事から、国外への侵略経路作成、
略奪施設の修復など
幅広い用途で使えます。

詳しい使い方のコツは
工兵のススメ記事で。

攻城塔

☆☆☆

破城槌の上位互換なんですが
個人的には破城槌の方が
使い勝手が良かったような
側面もあるように思えます。

攻城塔は性質上、防壁を
完全にスルーするので
都市落とすまでは防壁反撃が
止まりません。

一方で破城槌は先に防壁壊すので
防壁壊した時点で
いったん一休み出来るという差があり
少し使い勝手が違いますね。

ただし、現在はそれぞれに
対応可能な防壁に上限が付きました。

ルネサンス時代の防壁があると無力。

自走式地対空ミサイル

☆☆☆

航空ユニット対決以外で
高級ユニットを攻撃出来る
貴重な要素。

同時に核攻撃も防御出来るので
終盤の核時代の防御兵器としては
重要なユニットではあります。

ただし、1タイル先からの攻撃しか
防御出来ないので範囲狭いのが
残念な所ですね。

徹底的に防御しようと思ったら
大量配置する必要が出てきます。

対空砲

☆☆

対空兵器。

こちらが航空機使う場合は
普通に航空ユニット対決した方が
良い気がしますが、
地上からのサポート要員ですね。

破城槌

☆☆☆☆

太古からシンプルに使いやすい
攻城兵器。

近接系の戦闘ユニットで
防壁削るには必須要員です。

序盤の都市国家攻めにも有効。

都市国家は最初から
防壁ありスタートなので
これが攻め落とすのが格段にラク。

現在は中世の防壁以上で
無効化されるようになり、
少し弱体化しました。

使用出来る期間を長く活かせるか?
時間との戦いになるので
導入時期はよく考えましょう。

補給部隊

☆☆☆☆☆

衛生兵の上位互換。

終盤の陸上ユニットは
これとセット運用する事で
使い勝手が非常に良くなります。

対応する大将軍とセットなら
移動力+2ですからね。

移動力が少ない近接戦闘や
長距離戦闘のユニットも
どんどん進軍出来て
回復力も上がります。

まとめ

シヴィ6では
レベル上がってる強靭な
軍事ユニットは貴重な国の宝です。

軍事ユニットを雑に扱うのは
あまりオススメ出来ません。

失うことを覚悟するならば
それ相応のリターンを取る
軍事戦略が必要です。

支援ユニットは純粋な軍事ユニットを
助けてくれる貴重な存在です。

特に工兵と軍事ユニットの生存率を高める
回復系(衛生兵、補給部隊

は特にオススメ度が高いので
優先して作っても良いと思います。

成長したユニットは
かなり強化されるので
少数精鋭のユニット1体でも
支援がしっかり出来ていれば
十分、奥地まで攻め込んで
無事に生還出来ます。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください