【戦国無双5】榴弾・地雷弾・散弾を切り替える楽しい操作性 武器種別アクション解説「大筒編」

僕は地雷弾が一番好き。

武器別のアクション解説です。

初めに

共通アクションは主に
神速攻撃
通常攻撃
チャージ攻撃

の3種類になりますが
チャージ攻撃以外はどの武器種も
ほぼ一緒ですので
(無双シリーズは大体そんなもんだが)

チャージ攻撃についての解説になります。

なお、武将固有の
チャージ攻撃アクションは
武将ごとの紹介記事で記載します。

武器種別の閃技についての紹介は
閃技だけ抜粋して別記事でまとめて
いますので、閃技については
そちらをご覧下さい。

チャージ攻撃は通常攻撃1回からの
連携攻撃をチャージ1として
以下順に記載します。
(戦国は最初にXボタン押すと
 神速攻撃になりますので)

チャージ1

大筒のチャージ攻撃は
他の武器種と違い特殊です。

チャージ1が打ち上げで
チャージ2が気絶攻撃で・・・
という通常のアクション設定は
共通ですが、大筒はそれ以外にも
弾の切り替え機能が加わります。

チャージ1 榴弾
チャージ2 地雷弾
チャージ3 散弾

チャージ攻撃を行う事で
通常攻撃とチャージ4の使用弾を
切り替えるという特徴の武器です。
(スタート時は榴弾)

チャージ1の攻撃アクションは
爆発弾での打ち上げから

空中への射撃へ繋ぐ
二連撃です。

榴弾で戦う場合には
よく使用する事になるでしょう。

シンプルなチャージ1性能
としても結構高めです。

チャージ2

地雷弾を前方に連射します。

地雷弾を前方に複数飛ばし

さらにボタンを連続で押すと
放射上に地雷弾を撒きます。

地雷弾ヒットでダメージを
与えられますが、メインは
爆発した際のダメージですね。

地雷弾の破裂で気絶効果もあります。

地雷弾が爆発するまで
タイムラグがあるので、少し
クセの強いチャージ2ですが
地雷弾メインで戦う場合は
よく使う事になるでしょう。

チャージ3

散弾で周囲に攻撃します。

まず前方に散弾で攻撃し

その後、グルッと一回転して
周囲全てを攻撃します。

散弾への切り替え用として
必要になるチャージ攻撃ですが
囲まれた状況以外だと
使い辛い印象です。

周囲全てに攻撃が分散します。

対武将戦や同じ方向に敵が
密集してるような状況では
攻撃が分散してしまい
威力が微妙・・・

あんまり無双シリーズで
使える状況は多く無いように思います。

チャージ4

セットされてる弾によって
アクションが切り替わる
大筒のメインウェポンです。

大筒のチャージは基本的に
これを使いましょう。

チャージ3までは
弾の切り替え用と割り切っても
良いぐらいです。

榴弾

シンプルに前方へ弾を
連打します。

最後に前方へ放射状に
弾を撃って締め。

シンプルに武将への
単体攻撃性能に優れています。

遠距離攻撃としての
性能も良いですね。
武将が遠くにいても
一方的に攻撃が可能です。

地雷弾

前方へ地雷弾を放射状に連打。

最後に埋め込んだ地雷弾を
一斉爆発させて締め。

最後の攻撃で確実に地雷弾が
全て爆発します。

威力、攻撃範囲共に申し分ない
おすすめのチャージ攻撃です。

散弾

前方へ飛距離の短い散弾を連打。

最後にダイナミックな
演出の大爆発散弾で
広範囲を吹き飛ばします。

散弾バージョンは最後の
締めが特に強いですね。

榴弾と違い、遠くの敵を
攻撃する性能が無くなります。
代わりに近くにいる敵を
攻撃する場合は
高い威力を誇る優れた
チャージ攻撃だと思います。

終わりに

面白い!

おすすめの武器種です。

武器特徴がしっかり
作り上げられています。

遠距離攻撃武器というだけでも
弓とこの武器の2種類ぐらい
ですから十分特徴的ですが
加えてこの弾の切り替え。

3種類のの弾切り替えにより
通常攻撃アクションも
切り替わりますから、
お好みの弾で違ったアクションを
楽しむことが出来ます。

チャージ攻撃は基本
チャージ4です。

チャージ1~3は弾切り替え用の
意味合いが強いですね。

システムを把握しないと
どうやって弾切り替えるのが
良くわからない武器ですが
使い方わかってくると
とても面白いですね。

ちなみに僕は地雷弾が好きです。


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください