【シヴィライゼーション6】最終環境(仮)版 文明&指導者考察 モンステマ/アステカ バージョン1.0.12.9

5つの太陽の伝説が好き。

ニューフロンティアパスも終了し
環境が落ち付きましたバージョン1.0.12.9
での文明&指導者考察です。

初めに

ニューフロンティアパスから
様々なゲームモードが追加されましたので
個別の考察は全て具体的な
ゲームモードを含めた様々な詳細設定を
しっかりと選定した上での
内容としています。

考察の前提となるゲーム設定は
下記の通り別記事でまとめていますので
予め前提となる設定をご確認下さい。

ゲーム設定の前提が異なると
内容が全く異なってきます。

特定のゲームモードを前提とした
動かし方も考察内容に含みます。

ゲームモードだけ抜粋して記載

秘密結社モード
英雄と伝説モード
独占と大企業モード
蛮族の部族モード

上記4モードのミックス設定です。

指導者

君主からの贈り物

開発した高級資源の種類ごとに
戦闘力が増える能力。

高級資源の適応都市+2は
オマケみたいなもんです。

初期の頃の文明ラインナップの中では
終盤まで使える汎用の戦闘力補正の中で
トップクラスに強い能力でした。

この能力は一度、高級資源さえ
開発しておけばどんな状況でも
発動しますので全文明・指導者能力の
中で比較してもかなり強いです。

都心で高級資源を踏むと
最初から開発状態になるので
都心で高級資源踏むプレイと
相性が良いですね。

なお、嵐の訪れ以降は
災害により高級資源施設が消える
事もありますので災害には注意。

文明

5つの太陽の伝説

内政では実は最も重要な能力です。

始皇帝の能力の区域版みたいな感じ。
労働者のチャージを使って
区域建設を早めます。

元々のコストが重い区域ほど
恩恵が大きくなるので
ダム区域の建設に役に立つ他、
科学勝利狙いなら宇宙区域の建設でも
バリバリ、力を発揮します。

後半になってきて区域の建設コストが
増えてくると大抵労働者から
繋げた方がコスト安上がりになります。

労働者のチャージアップさせる
政策と合わせて労働者を
重視していきましょう。

鷲の戦士とのコンボも熱い能力なので
大抵アステカは序盤から
戦争仕掛けて鷲の戦士で労働者を
集めてくるような展開になります。

総督の梁調査官とも
とても相性が良いです。

鷲の戦士

アステカの強さの所以です。

最初から戦闘力28のユニットを
使う事が出来る為、
序盤の立ち上げがとてもラクです。

蛮族を倒しても労働者に出来ない点が
残念ですが・・・

上手く使いこなすほどに
どんどんアドバンテージが増える
とても面白いユニットです。

序盤は特に都市国家が弱いので
手頃な都市国家があれば
どんどん攻め込んで労働者を
回収しましょう。

トラクトリ

汎用建造物のアリーナが
強化された事に伴い
一応この建造物も快適性+2に
増えてますので
まぁまぁ使えます・・・

が専用建造物として何が何でも
欲しいというレベルではないです。

ゲームモードに絡んだ考察

鷲の戦士は古代のユニットなので
大将軍でも強化出来ず、
これまではある程度の時代になると
使い道が無くなりましたが、
英雄モードで卑弥呼が使えると
戦闘力底上げが可能ですので
鷲の戦士の使用がより
捗るようになりました。

「鷲の戦士で武功を上げる事」が
この文明では大切ですので
単純な英雄よりも
卑弥呼のようなサポート英雄の方が
相性が良さそうです。

マウイもかなり優先度高いです。
使う地形さえ間違えなければ
かなり高確率で高級資源引けますので

沿岸・湖
熱帯雨林平原丘陵
森林草原丘陵
砂漠氾濫原
湿原

あたりで使用していきたいですね。

また独占と大企業モードでは
高級資源がさらにピックアップされますので
元々高級資源収集と相性良い
この文明の場合は相乗効果が大きく
システムが活用しやすいでしょう。

パンテオン・宗教に絡んだ考察

パンテオンは炉の神との相性〇。

宗教については特別の相性の良さは
ありませんが、労働者を上手く使えば
聖地区域もガンガン作れるので
内政の組み立て方次第では
様々な利用方法も検討できるでしょう。

区域に絡んだ考察

割と何でもござれ。
建設コスト重いダム区域や
運河区域
(運河はあんま作らないだろうけど)
も割と手軽に作れる文明なので
工業地帯の隣接ボーナスは
増やしやすいです。

どんな区域にも対応してるので
区域同士での隣接ボーナスが取れる系
と相性が特に良いですね。

科学勝利狙いの場合は
宇宙区域作りやすい点も
大きなメリットになるので
キャンパスをガンガン
配置しても良いかもしれません。

世界遺産に絡んだ考察

ピラミッドが本来はかなり
相性良いんですが、高難易度だと
現在のAI設定ではキツいかな・・・

やや快適性に有利な文明なので
快適性アップ効果がある
世界遺産とは相性が良さそう。

娯楽施設と連携するコロッセオなどは
良いんじゃないかと思います。

※ヒューイ・テオカリを
 作る必要性は特に無いぞ!

ツリー進捗に絡んだ考察

技術

当然ですが序盤は高級資源の
施設解禁を優先しましょう。

後は強めの区域を早めに
解禁して作れるようにしていきたいので
ハブや港、工業地帯は早めに
作れるようにしておきたいですね。

ダムや用水路も労働者さえあれば
簡単に作れる文明なので
必要に応じて解禁を急ぎましょう。

科学勝利狙いの場合は
当然の事ながらキャンパスを
早めに解禁して作る事。

重要な宇宙偉人さえ揃えてしまえば
宇宙基地区域も簡単に作れる文明
ですのでかなり簡単に
科学勝利に繋ぐ事も出来ます。

社会制度

トラクトリはそこまで重要では
ありませんので鷲の戦士は
最初から使えますし、周りの状況見ながら
臨機応変に考えるだけかと思います。

鷲の戦士を少しでも長く活用するなら
支援ボーナスを解禁する為に
軍の伝統を早く取った方が良いですね。

たんぶらぁ雑記

civ6アステカの話

太古から戦闘力高い事で
有名な文明ですが、
個人的には5つの太陽の伝説による
区域特化の内政が好きです。

区域沢山作って日本の明治維新みたいな
プレイが出来る(強いかどうかは別として)
ので昔からお気に入り文明の一つです。

よく使用しますね、この文明は。

ただ・・・鷲の戦士には
辛酸を舐めさせられる事が多くて・・・

このユニットの能力も
スパイ同様に確率系なんですよ。

流石に斥候や投石兵相手だったら
ほぼ100%労働者回収出来ますが、
戦士倒した際は7割ぐらいの確率です。

ポケモンの「かみなり」の命中率
ぐらいでしょうか?

勿論当たりません。(ニッコリ)

かみなりの命中率なんて
ゼロ%ですよ。

あれ?そうすると
鷲の戦士の成功率もゼロ%なのか・・・

まぁとにかく成功しません。

僕は鷲の戦士については
信用度ゼロなので(笑)

単に攻撃力28のユニットとして
見ています。

信仰力が足りませんね。

モンステマの話

モンステマ1世。
アステカの第5代名主です。

このゲームではモンステマ
としか書いてませんが1世です。

息子の2世だとわずか2年間で
スペインに滅ぼされる
哀れな名主になってしまいますから
まぁ当然と言えば当然ですが・・・

統治期間の間、他の2部族との
同盟を強固にして
首都テノチティトランを
大きく発展させました。

死因は不明ですが30年近くの
統治期間でアステカ帝国を
発展させたと言われてる人物ですね。

そんなに高級品を愛でていた
ような人物では無かったようなので
civ6の指導者能力はどこから
来てるのかイマイチ不明ですが・・・

アステカが金銀財宝を
結構貯めていた事から
能力が作られてるんでしょうかね。

アステカの話

アステカは滅びてしまった文明の中では
かなり有名所ですね。

アステカの文化(風習)で特徴的なのは
やはり人身御供(生贄)でしょう。

ある意味この風習があった為に
現代でも有名であるという
側面もありますね。

メソアメリカでは太陽が消滅するという
終末信仰があり、
それを先延ばしにする為には
新鮮な心臓を神に捧げる必要がある
と信じられていました。

civ6のヒューイ・テオカリ世界遺産を
建設した時のコメントでも
それっぽいセリフが流れます。

その為、度々新鮮な心臓を捧げる
生贄の風習がありました。

雨ごいや豊穣など事あるごとに
生贄が必要だったので生贄確保の為の
戦争まで行ったそうです。

そんなアステカ帝国ですが
結構可哀そうな運命をたどった国で
栄えていた期間は
1428年頃から1521年までの
わずか約95年間でした。

スペインに植民地にされて
滅ぼされてしまいましたので
歴史は100年にも満たない形となってます。

アステカは最終的に3つの部族の
同盟から出来上がる文明となりますが
最初はテスココ湖の小島に
テノチティトランの
都市を築いたのが建国と言われています。
メシカ族という部族です。

アステカは当初メキシコ盆地最大の
勢力であるテパネカ族の都市国家に
庇護を受けていました。

属国として兵員を提供する貢献をした事で
テパネカ族都市国家からの信頼も
次第に厚くなり
独自に出兵を行えるようになります。

次第に周辺集落を取り込んで
領土を拡大していきました。

テパネカ族国家のライバルは
アコルワ族という部族の都市国家でした。

敵対する二つの部族国家は遂に
戦争となりますが、これは
アステカの属する
テパネカ族都市国家の勝利に終わります。

しかしその後、宗主国である
テパネカ族都市国家の
権力闘争が激化します。
すると今度はアコルワ族都市国家から
共闘を持ち掛けられて共闘。

宗主国だったテパネカ族都市国家を
打ち破り、3つの部族で
アステカ三国同盟を結びます。

ここから先がいわゆる
アステカ帝国ですね。

このように3つの部族が
同盟して部族都市国家同士が
繋がり、帝国となっていきました。

メキシコ盆地周辺には
まだ部族都市国家レベルの
文明しかありませんでしたので
順当に行けばこのまま
しばらくはアステカ帝国の
繁栄が続くはずでした・・・

しかし、かの国がやってきます。

そう、当時産業革命から
世界中に進出して
暴虐の限りを尽くしていた
黄金時代絶頂期のスペイン帝国です。

スペインはアステカ帝国を発見すると
すぐさま手始めにコンキスタドールの
エルナン・コルテスを送り込みます。

そこから先は何せ科学力が雲泥の差です。
スペインは虐殺と金銀財宝の略奪を
繰り返し、徹底的に
首都テノチティトランを
破壊し尽くします。

あっという間にアステカ帝国は
この世から消え去りました。

さらにアステカの悲劇は
これで終わりません。

スペインはアステカを植民地にしますが
スペインからやってきた多くの人々により
現地に無い疫病が蔓延し、抗体をまだ
持ってない原住民たちは伝染病により
そのほとんど
(90%ぐらいの人口)が死亡します。

疫病の感染までスペインが意図として
行った訳ではありませんが
結果的にスペインは暴虐の限りを尽くし、
国家を滅亡させただけでなく
原住民たちもほとんど皆殺しに
してしまった形になります。

欧米列強による植民地時代の
世界の悲劇の一つですね・・・

あの時代に
欧米の植民地にされた国と
それを辛くも逃れた国。
(日本も含みますが)

その後の国家の存亡に関わる
非常に大きな運命の分かれ道
となってしまいました。


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください