【黄泉ヲ裂ク華】ストーリー攻略手引き マップ攻略からボス戦攻略まで 99行区 採掘層

1体目のボス攻略まで

どうも、皆さん
たんぶらぁです。

今回から「黄泉ヲ裂ク華」

というゲームの攻略記事の
執筆を始めたいと思います。

最初という事で
簡単にゲームの紹介から
初めていきたいと思いますが

このゲームはいわゆる
3DダンジョンRPGです。

前から割と硬派なダンジョンRPG

をリリースし続けている

エクスペリエンスという会社の
新作ですが

この作品は戦後昭和の時代の
日本東京を舞台としており
そこにファンタジー要素を混ぜた
ディストピアPRG

みたいな設定となってます。

「日本」をテーマとした
ゲームを発信してる僕としては

これは紹介していく対象になるかと
思いまして今回から取り上げて
いきたいと思います。

ストーリー攻略手引き編では
各ステージのマップ攻略から
ボス攻略を順次記載していく予定です。

他にもサブ要素のヨミヌーや
DLC追加マップ含めた
やり込みの情報記事なんかを
書いていく予定ですので
興味ある方は今度とも
よろしくお願い致します。

初めに

このゲームは
難易度設定ありませんので
難易度の記載はありません。

ただし昔ながらの硬派な
3DダンジョンRPGに
定評があるエクスペリエンス
のゲームという事で
基本的な難易度はかなり高め。

3DダンジョンRPGに
よくある多人数パーティー
(6人以上みたいな)

の戦略RPGバトルに
ある程度慣れてる方でないと
結構簡単に全滅します。

タンクとかヒーラーとか
しっかり整える必要あり。

レベルアップ時のステータス
配分などはプレイヤーカスタム
方式となってますが、
後で自由に再変更出来るので
そこまでシビアでは無いです。

やり込み含めれば
ステータスアップアイテムも
割と簡単に手に入るので
ゆくゆくはカンストも可能。

よってこだわりが無ければ
道中で手に入る
ステータス強化アイテムは
どんどん使用しても
問題ありません。

マップ攻略

初期ステージだけあって
とても簡単です。

ボスを叩き起こす為の
女性の死骸や遺品を2種類
集めるだけとなってます。

上記座標のモンスター
から1種類。

戦闘必須ですが
単なる雑魚敵なので
苦戦も無いはず。

もう一つは北の方に。

こちらのモンスターは
会話の選択肢だけで
アイテムもらえます。

戦闘出来るが見返りは無し。
基本的にシンボルモンスターは
誤って倒してしまっても
拠点に戻れば再復活します。

他の場所にもいくつか
ダミーの男性死骸が落ちてますが
これらをボスの寝床に
叩き込んでもダメージ受けるだけ。
何の意味もありませんので
集めなくてもOK。

ボス攻略

首狩りの看守長

死体を弄ぶ多手の悪魔
という事で最初から
ディストピアRPGに相応しい
バイオレンスな設定のボス。

ただ強さとしては最初のボス
だけあってチュートリアル的な
程度のものとなってます。

基本的に今後のボス戦も
共通ですが、このゲームは
そこまで属性で弱点付くという
概念がありませんので
一応、属性は無、種族は神秘
となってますが特にこの時点では
特定の種族に特攻のある武器も
無いはずですので、特に有利な
攻撃はありません。

シンプルに持ってる攻撃スキルで
ダメージ倍率高いものを選んで
攻めていきましょう。

最初のボスというだけあって
まだ全体攻撃は使用しません。

単体の物理攻撃か、または
たまに火属性の魔法使ってきます。

物理攻撃の場合は後衛の脆い
メンバーにあたると
即死しかねないので
タンクはいた方が良いでしょう。

画像で言うと自衛隊女性の
キャラが先頭にいますが
あれがタンク役です。

パーティー全体のHPが
100超えて入れば単体攻撃で
確1の圏内にはならないはず
ですので余裕で
回復が間に合うはず。

HP100以上ぐらいを目安に
レベリングしておくと良いです。

後はダメージ受けたメンバーを
ヒーラーの単体回復で
ケアしていけば、危なげなく
勝利出来ると思います。

最初のボスは単体攻撃だけ
ですのでこの時点では
全体回復スキルはまだ
取得しなくてもOKです。

メディの回復量が上がるように
少しスキルレベル
振っておきましょう。

たまに回避・命中ダウンの
デバフスキルも使ってきますが
ほとんど無視しても良い
レベルだと思います。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください