【仁王2】DLC平安京討魔伝レビュー 神宝ランクの装備と待望の小物強化システムが追加!

待望の新システムが追加!

2020年10月15日に仁王2の
DLC第2弾!平安京討魔伝が
発売しました。

少し遅れましたが内容について
簡単にレビューしていきたいと思います。

各種基本的な追加

基本的にDLC第1弾と同じような
追加内容はまとめてしまいますが

新しい武器種 手甲や
もろもろ新しい
魂代、守護霊、装備、装備効果
などなどがストーリー追加で
装備や妖怪が増えた事により
追加されました。

これについては基本情報の紹介ぐらいで
個別の紹介は割愛しますが

今後、良さそうな追加装備効果や
妖怪魂代で良さそうなものがあれば
別途紹介していきたいと思います。

まぁともかく色々増えました。

新ストーリー 平安京討魔伝

新しいクリア後の追加ストーリー

平安京討魔伝が追加されました。

難易度は前回DLCの牛若戦記と
一緒でクリア後の追加ストーリー扱い
ですので本編よりもさらに
推奨レベルが高くなっており、
新規追加の敵も多いので

難易度は本編以上に高めとなっています。

だいたい牛若戦記と同じぐらいの
難易度だと感じました。

新しい妖怪は主にこの平安京討魔伝
で登場しますので新規妖怪の魂代集めは
このストーリーでしていく事に
なりますね。

さらなる高難易度 悟りの夢路

これは正確にはDLC二つ分必要らしく
牛若戦記と両方ダウンロードしないと
いけないようですが、さらなる高難易度

悟りが追加されました。

その名の通り、悟りの境地に至る事が
必要なぐらいの超高難易度です。

これでDLCの追加難易度が二つ入りましたが
体感的にはDLCの追加難易度は
大きく難易度が上昇します。

前回の牛若戦記だと修羅が
追加されましたが

DLC無し最高難易度であるあやかしに比べ
格段に難しくなってました。

修羅>>>越えられない壁>>>あやかし

ぐらいかなり難しくなっており
あやかしで余裕だった装備でも
修羅ではアッサリと負けるぐらいの
強さでしたが・・・

今回の悟りも同様で
また段違いに難易度が上がっています。

ただし今回の追加難易度では
遂に待望の装備ランク神宝

が解禁されます。
オレンジ色の装備ですね。

この神宝ランクの装備を付ける事で
こちら側も一気に強化を図れます。

僕なんかはアクション苦手な部類の
プレイヤーですので
基本的に下準備である程度カバー出来る
アクションゲームは全て
アクションの腕前ではなく、
キャラクターの強さで
何とかしていくしかない!
(キャラ強化出来ないゲームはお通夜)

みたいな考え方ですが(笑)

一応、自分のようなプレイヤーでも
キャラさえ鍛えれば何とかならん事も無い
という感じですので、コツコツと
神宝を集めて、少しずつ装備を強化して
攻略していく事は出来ると思います。

待望の小物強化! 難行の石

遂に社でずっと空白だった
最後の項目が追加されました。

難行の石です。

これはさらなる難易度補正と
小物強化を一緒に行うようなシステム。

まず装備強化システムの拡充としては
遂に小物強化が出来るようになりました。

指定した小物を預けて条件を満たせば
プラス値や希少度を増やせます。

これで魂合わせ出来ない小物も遂に
武器、防具同様に強化する事が
出来るようになりました。

前回のDLC牛若戦記からは
初期構成でしか付いてない特殊効果も
追加されましたので、これまでは

良い特殊効果付いてても
希少度が残念だったりすることも
ありましたが、これで希少度や
プラス値を上げる事が出来るように!

素晴らしいですね。
なお、レベルだけは上げられませんので
容易注意です。

ですので最終的にはレベル最高の物が
出てくる悟り難易度で取った小物を
強化していく形になるでしょう。

レベルは上がりませんが
それでも+値や希少度を変更出来るのは
画期的なシステムと言えます。

同時にこのシステムは
難易度補正も兼ねています。

名前の通り、この石を持つ事で
さらなる苦難状態となり
(同じ和風アクションの
 SEKIROみたいですね・・・
 意識してるのかな?)

さらに小物強化の条件として
高難易度の敵を倒す必要があるので
小物強化は武器・防具強化より
さらに大変と言えます。

まとめ

個人的に特に魅力的だったのは
神宝の追加と難行の石です。

難行の石での小物強化はグッド!

神宝が追加された事で
これまでの装備ビルドも
また1から作り直しですね。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください