【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】和風プレイで作るエチオピア帝国 秘密結社モード 難易度神 プレイレポ#18 雪原のマウソロス霊廟完成!ありがとう独裁政治【動画アリ】

ふ・・ふつくしい・・

前回の続きから。

動画

ちょっと解説レポ

離島の平定

いよいよアッカドを追い詰めて
オランダとの戦いに突入。

ぶっちゃけ軍事力的には
太古から温めた、いわゆる太古部隊の
アップグレード組だけで
いけそうな気もしますが

せっかく世界会議で軍事コスト半減が
出ていますので今のうちに
じゃんじゃん軍拡しておきます。

首都では恐るべき生産力の高さに
加えて世界会議まで入ってるので

1~2ターンでカタパルトが
出来上がるという
デタラメな速さになってます。

しかもこの時を見据えてしっかりと
交易商で道を繋げていますので
この時代の最高速度で北上し
前線部隊に合流させます。

この時代でカタパルトの練兵が出来れば
ルネサンスの射石砲アップグレードで
さらに軍事力を爆増出来るでしょう。

幸い、硝石鉱山は沢山確保出来そうな
立地になってますのでルネサンスも
見据えた軍事計画を建てていきます。

一方、離島ラリベラでは
蛮族をカドリレームで討ち取って
見事、海軍の伝統をブースト。

海洋インフラ多分使うので
取っておいて損は無いですね。

そして前哨地潰して離島平定。

この素晴らしき資源に恵まれた
離島から蛮族を追い出して
我が物にすることが出来ました。

素晴らしい。

今回はマップタイプ大陸ですので
海を挟んで向こう側に
まだ見ぬ強国がいるでしょう。

なんと言っても離島防衛は
海洋国家の基本です。

恐らくこのラリベラが
海の向こう側に対する
防衛最前線になるはず。

ゆくゆくは兵営とか飛行場も
作って鉄壁の防衛体制を
整えていきたいですね。

アッカドの意志を継ぐ(身勝手)

93ターン目でアッカドの主要施設と
区域を全て略奪。

アッカドを滅ぼします。
ゴールドと信仰力がさらに
儲かりました。

神権政治の解禁が楽しみです。

さて本シリーズでは初になりますが
滅ぼした都市でのいつもの
開拓者抽出術。

不朽がある場合は壊してしまう前に
開拓者を出して人口を
開拓者に変換しておきましょう。

マグナスの備蓄以外でも
こんな感じで開拓者を出せば
人口減少無しで開拓者が儲かります。

アッカドの思いは
繋げていくぞ。

丁度近くに火山隣接の平原丘陵が
ありますのでそこに入ります。

マウソロス完成!ありがとう独裁政治

アッカド戦が終わった所で
遂にアドワがやってくれました!

待望のマウソロス霊廟完成

雪原を利用したマウソロス。
大変美しい配置です。

94ターンでした。
まぁこれは確実に建設レース
勝てたでしょうけど
100ターン以内なので純粋に
完成ターンで見ても早い方かな。

流石、独裁政治と合わせて
25%生産力増を付けただけの
事はありますね。

やはり独裁政治はレガシーゴミだが
政府採用ボーナスは強いな。

アドワはこの先、対象となる
全てのタイルに養殖場配置ですね。

その後で総督を切り替えて
ピンガラ都市にするのが理想。

ようやく遺産作りがひと段落したので
次は工業地帯です。
アドワの挑戦はまだまだ続く。

神権政治まであと一歩

マウソロス完成と同時に
ギルドも終わって
遂に社会制度は宗教改革の
一歩手前になりました。

この宗教改革のルートは
ブースト集めるのが大変です。

王権神授説で神殿が二つ、
ギルドで市場が二つ要求されますので
今回もタイミングがギリギリでしたが
無事全てブースト取れました。

ずいぶん前から変更可能だった
君主制に切り替えます。

独裁政治お疲れ様。

まぁ後3ターンだけの
ワンポイントリリーフ政府です。

丁度良いタイミングだったので
政策も大部分は
ワンポイントリリーフ系。

一瞬だけ使ってすぐ切り替えます。

測量技師でツンドラ硝石タイルを
購入して開発しておきましょう。

マケドニアの開拓者が見えてるので
奮発してタイル購入から
先手を打っておきました。

しかしツンドラ硝石まであったとなれば
ゴンダールは聖ワシリイ出来た後、
凄まじい最強都市になりそうです。

この都市はいかに早く
聖ワシリイ大聖堂作るかが勝負ですね。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください