【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】和風プレイで作るマヤ文明 難易度神 プレイレポ#17  ナリョナリズムの目覚め 仁義の戦 日本共同保護戦争【動画アリ】

おい日本、共同戦争しようぜ。

前回の続きから。

動画

ちょっと解説レポ

養殖場祭り

クメール戦も順調で
いよいよ王権神授説で
政府変更が近づいてきました。

首都ワク・カブナルでは
範囲内の沿岸タイルに
全て養殖場を配置。

ビューティフォー・・・

そう、これが今回考えた
マヤ文明首都。

マウソロス養殖場
沿岸都市!

この状態を作る事を目指して
太古~古典から少しずつ
測量技師も使いながら
タイル購入した訳です。

おかげでマウソロス完成から
高速で全沿岸タイルに
養殖場を配置出来ました。

首都判定内の沿岸は
ここから先は全て人口配置して
利用出来ます。

住宅数も脅威の23。

養殖場が全て配置出来たので
即座に総督は
梁→ピンガラに切り替えます。

養殖場の出力は落ちますが
このマウソロス都市に
ピンガラを配置すれば
基本能力の科学・文化15%アップ
だけでも素晴らしい
科学・文化ブーストになるでしょう。

くどいようですが、
養殖場ぐらいの水上タイル施設は
産業時代ぐらいでも良いので
標準装備して欲しいですね。

豪運の連続

続いて南側の有望都市
ヤシュチランから交易商を
飛ばします。

ロジスティクスが捗りますわ。
とにかく交易商は再使用可能に
なり次第、新しい道路作りを
優先して行先を決定します。

僕の中での交易商の一番の役割は
道路作りなのでね。

和風プレイのコンパクトシティたちを
しっかりと道路で数珠つなぎにして
国防と内政移動力を高めます。

ここで予想外の嬉しい事態。

都市国家から徴兵してた部隊が
集落から教育ブーストゲット!

「え?世界って俺中心に回ってるの?」

と錯覚しかねない
全能感に陥るほどの豪運。

最も欲しかったブーストが来たよ。

スコットランドと日本の
偉人ポイントが強すぎて
大科学者なんて1体も取れる気配が
無かったので良かった。

これはまさかの工業化まで
フルブーストでいけそうです。

そしてさらに首都南の火山も噴火!

都市作ってすぐ火山が活動状態に
なるとか天が祝福してるとしか
思えない引きの良さ。

周辺タイルの出力が増えます。

まぁ火山周辺は定期的に
人口や施設吹っ飛んでますが・・・

問題ない問題ない。

その為の労働者であり、
その為のピラミッドです。

労働力は少し余分に
消費してますが、
破壊と創造を繰り返して
将来に投資します。

火山性土の草原丘陵が
食料3、生産力4とか
美しすぎる出力の高さ。

正義の保護戦争 ナショナリズムの目覚め

さて戦争の方は
クメールを圧倒して
アンコールワットを征服する
一歩手前まで来ました。

残ってる鉱山や採石場を
しっかり略奪してから征服します。
※もちろん、今回も復興部隊の
 労働者は一緒に移動してるので
 征服後にすぐ修復しますが。

ほどなく日本からは
非難声明が解除されたので再び取引。

お?

アステカが日本の属国である
都市国家を攻めてるらしく、
共同で保護戦争が出来るらしい。

少し悩みましたが、
取引条件が良いので共同戦争する事に。

正直言って、アステカは
保護したいぐらいで敵にしたくないです。

恐らく今回の世界での
ラスボスは日本になるでしょう。

現状はスコットランドと同じぐらいの
強国ですが・・・

スコットランドはすでに日本に
囲まれている為、これ以上の伸びしろは
そこまでないと思われます。

一方で日本はまだまだ広げられる
無人の領土が回りにある他、
軍事的にも拡張主義に積極的で
都市国家を征服して
どんどん都市数増やしてます。

科学力も200を突破しかねない
恐ろしい成長度。

100ターンちょいで
うちも科学力65あるから
決して低くないと思うんですが・・・

異常な強さ。

和風プレイで初めて
一番の強敵が日本とは複雑ですが(笑)

まぁとにかく日本を一番止めたいので
弱国のアステカは支援したい
ぐらいなんですけどしょうがない・・・

高級資源や傑作を頂いて
良い取引をした後で、実際の保護戦争は
日本に丸投げしておきましょう。

保護戦争の宣言で
ナショナリズムをブーストします。

紀元前にして国家としての
意識が目覚めつつあります。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください