【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】難易度 神 中国 プレイレポ#27 湖から石油がガッポリ【動画アリ】

ようやく発電所が稼働出来る

前回の続きから。

動画

ちょっと解説レポ

前回、遺産偉人のエッフェルを
獲得しました。

ジンバブエ遺跡に使う案もありましたが
せっかく蒸気の鼓動があるので
産業時代の遺産に突っ込む方針に。

武漢でアンコールワットの横に
ルール地方を作ります。

武漢では商業系区域は
港区域を作りましたが

商業ハブを優先しなかった理由がこれ。
川沿いはルール地方用に
場所空けてました。

エッフェルを突っ込んで
5ターン前後で終わらせます。

傑作集めも並行して
進めます。

あえて使徒を2体犠牲にして
遺物を二つ追加。

モン・サン=ミシェルが
機能してますね。

これでワシリイ大聖堂に
遺物が3つ収まりました。

コルコバードのキリスト像が
もう数ターンで完成するので
凶悪な宗教観光力コンボが
完成しつつあります。

大聖堂だけで
観光力48も取ってます。

そして171ターン目で
石油発見。

ようやく発電所作れるな。

国内では7つも石油がありました。

石油は硝石同様に
陸地タイルでは
平坦な場所にある資源で
砂漠、ツンドラ、雪原にも
発生しますから
国内ではすでに3か所も
区域や遺産で踏みつぶしてました。

まぁこればかりは仕方ない。
石油、アルミニウム、ウランは
目視タイミングが遅いので
多少こうなることは避けられません。

幸いなのは湖に2か所あったので
ヒューイ・テオカリと合わせて
湖タイルの出力がさらにアップ。

タイル出力えぐ過ぎる。

エジプト首都の横にも
石油があったので開発して
プラスチックブースト。

海洋タイルはまだ
石油開発出来ないので
プラスチック待ち。

石炭以上に石油資源が
沢山取れそうなので
石油発電所を
ラッシュしていきましょう。

お気づきの方はお気づき
かと思いますが
僕は石炭発電所は
かなり抑制的にしか作りません。

ブースト用に2つは作る場合が
多いですが、すぐに
石油に切り替えが理想。

・・・というのも
このシヴィ6の嵐の訪れは
異常なco2地球温暖化ゲーなので・・・

これも地球温暖化の
プロパガンダじゃないかと
疑うぐらい異常にco2がキツいです。

co2排出で支持ポイントも下がるし。

流石に今回は自国以外は
工業化遅れてますし、
まだまだ海面上昇は先ですが
co2で露骨に環境破壊されるので
仕方ないから石炭発電所は
ほとんど作りません。

石油になるとかなり
co2排出量が抑制されるので
発電所は石油からですね。

そうすると石炭消費が減るので
石炭は鉄道作りに使おう
ってのが僕の嵐の訪れの
基本プレイスタイルです。

そして軍事方面も
いよいよズールー遠征舞台が
ズールー方面に上陸。

鉄道で陸路を移動して
近場の都市から海路を経由して
ズールーに侵攻。

相当早く移動出来たと思う。

地味にファロス灯台が
仕事をしている。

海軍も少し前から
開戦しており精強な
フリゲート艦大艦隊で
沿岸周辺の都市防壁を
つぶしながら進軍。

陸軍と海軍の同時侵攻作戦で
ズールーを落とします。

次回に続きます。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください