【DQMJ3P】おすすめのパーティーサイズ単位【考察】

現在のモンスター収集率が97%ぐらいです。
かなり面倒な配信モンスターとその派生以外は大体集めたかなぁ。

パーティーにもよりますけど
スキルもほぼ欲しいものを使える状態ですので
全ての選択肢の中から特性とスキルを吟味して、対戦用のパーティーを考えてます。

さて今回はサイズ単位で考える
パーティーの考察になります。

DQMJ3の時は
Sサイズ 4体

超Gサイズ 1体

がテンプレでした。
今回はどうでしょうか?

Gサイズ 1体、Sサイズ 1体

DQMJ3時代はほとんど見ない構成でしたが
プロでは一転してこの配分が多くなりました。

超Gサイズライド合体の布陣です。
どちらをメインにするかは戦術によって変わってきますが

Gサイズをメインにする場合は
ステータスと特性数重視のAI2~3回行動

Sサイズをメインにする場合は
行動回数重視のAI6回行動オーバー

みたいな形になります。

どちらにせよ、とてつもない性能の合体モンスターになるので
非ライド合体側は
「どうやってこのバケモンに勝つのか?」
というのを考えるゲームになります。

ちなみにM+Mの合体でも良いですが
中途半端になりやすい為か余り見受けられません。

Mサイズ 1体、Sサイズ 2体

ライド合体構成の派生である事が多い配分。
MサイズとSサイズ1体を合体して
Gサイズのライド合体を作り、Sサイズのサポートを残して戦う形です。

この構成の有効な点はGサイズのライド合体モンスターを作りながら
Sサイズの根に持つタイプ、身代わりを残す事が出来る点です。

この為、超Gサイズのライド合体に対して有効。
ライド合体モンスターは行動回数も多い為、Sサイズの蘇生活用も容易です。

Sサイズ 4体

ライド合体に立ち向かっていく構成。
ノチョリンはアレに変えておきましょう。
(一応ネタバレに配慮しているZO!)

今回のSサイズ編成は
合体超Gサイズなり、Gサイズという
前作をはるかに超える凶悪な大型モンスターに
立ち向かっていかなければならない為、非常に大変。

ただし、様々な戦術を駆使出来る事がこの構成の取柄である為
対策の立て方次第は勝算も十分にあります。

総括

素の超Gサイズが結構、悲惨。
ホントにHPが高いぐらいしかメリット無んじゃ・・・

Mサイズ×2の構成は相変わらず、弾圧されているな。
普通に戦うにしても
ライド合体するにしても
やっぱり中途半端なんだよね。
ギガボディの謎の特殊効果は強いとは思いますが・・・

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください