最近のコメント

あの懐かしのゲームをもう一度シリーズ その他ゲーム(主にRPG) タクティクスオウガ リボーン

【タクティクスオウガ リボーン】リボーンから初めてタクティクスオウガを始める方向け タクティクスオウガの歴史紹介

このリメイクをきっかけに
プレイする方が増えたら嬉しいですね。

ドーモ。皆=サン。たんぶらぁです。

今回はリボーンから初めて
タクティクスオウガを始める方向けに
簡単な本作の世界設定や歴史などを
紹介していきます。

シリーズ1にあたる
「伝説のオウガバトル」を未プレイでも
ほとんど支障ないゲームではありますが
知っておくと本作をより深く
理解してプレイ出来ると思います。

こんな方におすすめ

  • ゲーム始めたばかりの方
  • タクティクスオウガについてもっと詳しく知りたい方

オウガバトルサーガとは

オウガシリーズの物語の事です。

この物語は全8章なんですが
ゲームとして発売してるのは
第5章〜第7章の3作とその外伝のみ。

流石に2022年の現在まで
新作発売してないゲームなので
期待薄ですが・・・(汗)

一応最後の8章とか
まだゲーム化されてなくて
空白ではあるんですよね。

オウガバトルサーガの歴史

オウガバトルサーガ 第5章
The March of the Black Queen
黒き女王の行進

1993年にスーファミ向けで
発売した初代1作目です。
今から29年も前のゲームです。

主人公は反乱軍のリーダーで
神聖ゼテギネア帝国の恐怖政治
支配からの脱却を目的としたRPGです。

帝国を相手にした反乱軍のゲーム
という感じですね。

デネブなどのシリーズを代表する
人気キャラもこのとき登場しました。

オウガバトルサーガ 第6章
Person of Lordly Caliber
指導者たる器を持つ者

1999年にニンテンドー64で
発売したシリーズ3作目です。

これが第6章です。

時系列的にはオウガバトルの後で
タクティクスオウガと同じ時代の
別の場所の話のようですね。

舞台は南のゼノビアと国境を接する
パラティヌスという地方でした。

オウガバトルサーガ 第7章
Let Us Cling Together
手をとりあって

今回で2度目のリメイクを
果たしたSRPGの金字塔。

オウガシリーズ2作目の
タクティクスオウガは第7章です。

舞台はヴァレリア諸島という
伝説のオウガバトルの舞台だった
神聖ゼテギネア帝国がある大陸の
近くにある小さな島々です。

時系列的にもオウガバトルの
少し後という設定ですね。

ウォルスタ、ガルガスタン、バクラムの
民族紛争による戦乱がテーマです。

主人公は少数民族である
ウォルスタ人の少年デニム。

彼の視点から描かれる物語は
マルチストーリー・マルチエンディングで
非常に奥深くSRPGとしての出来も
非常に良かった為、オウガシリーズ最高の
名作としてこの作品だけが繰り返し
リメイクされるようになりました。

2010年にPSP用の運命の輪で一度リメイク。

本作リボーンは2度目のリメイクになります。

まとめ

伝説のオウガバトル 第5章
オウガバトル64 第6章
タクティクスオウガ 第7章

物語の設定である
オウガバトルサーガ自体は
第1章~第8章の構成です。

他にもオウガシリーズには外伝にあたる
ゲームも少し発売していますが
本章に関連するゲームは上記
5章~7章の3作品だけです。

この中でゲームシリーズ的には第2作目の
タクティクスオウガが非常に高評価で
SRPGの金字塔となりました。

その為この作品だけが今日まで
繰り返しリメイクされてる形ですね。

タクティクスオウガの時系列は
伝説のオウガバトルの少し後であり、
カノープスなど伝説のオウガバトルで
登場したキャラが多少は
タクティクスオウガでも登場します。

ただ関連はその程度ですので
伝説のオウガバトル未プレイでも
ほとんど支障はありません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たんぶらぁ

ゲームブロガー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画),ゲーマー
【日本】がテーマになるゲームをやってます。
※和風ゲームなど日本の世界感・文化が登場するゲーム。

正社員サラリーマンとして10年間、会社に勤務。
自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの、心身共に限界を迎えて退職。
退職時は人手不足倒産で外国人労働者の必要があーだこーだ
言われていた売り手市場時代だったので退職後は
しばらく気ままにフリーランスを続ける。
・・・が突如コ〇ナウイルス時代に突入してしまってさぁ大変。←今ココ

-あの懐かしのゲームをもう一度シリーズ, その他ゲーム(主にRPG), タクティクスオウガ リボーン