【戦国無双5】今作は残念ながら堅城演舞で使えないんだよね・・・ 道具装備おすすめ ☆1~5評価

堅城モードでも
兵科いらないから・・・
道具持たせてくれないかな?

装備道具のおすすめを
☆1~5で各技能評価しつつ紹介します。

団子

☆☆☆

今作の回復アイテムは
自分だけでなく周囲の味方も
体力回復させる事が出来ます。

シンプルな回復道具ですが
今作では難易度の関係性で
使う必要性薄いと思います。

回復無くても
そう苦戦する事無いでしょうから。

活水盃

☆☆☆☆☆

最重要道具です。

構成次第では
参だけでなく、弐以下の
盃も同時セットしたい
ぐらい重要です。

理由としては今作も
武器技能の属性を
発動させる為に無双ゲージが
最低1本以上は必要な為です。

今作では軍馬無双を除き
相変わらず通常の
無双奥義そのものは
そこまで使えませんが
無双ゲージは属性付けて
攻撃を行う為に必須。

まずはステージ開始直後に
盃をガブ飲みしてから
攻撃を開始すると
属性武器で大変有利です。

黒漆太刀

☆☆☆☆☆

攻撃力アップのテンプレ道具。

弐以下はともかく
少なくとも参はほぼ
100%付けるんじゃないかな?

今作は道具枠8つもありますし。

当世具足

☆☆

まぁ使わなくて良いかと。
通常の難易度なら
無くても十分ですし、
仮に地獄難易度で
強敵武将が相手となる場合は
これ使ってもかなり
大ダメージ受けますから
それだったら諦めて
道具は他に回した方が
有効的でしょう。

戦草鞋

使わなくてok。
移動速度なんぞ馬乗ったら良い。

しかも今作は軍馬の性能が高く
最終的に手に入る松風は
凄い速度が出ますので
一層、武将自身の移動力アップ
なんぞ必要性はありません。

馬に乗れない屋敷ステージが
大量にあるなら話は別ですが
馬に乗れないステージも
今作では片手で数える程度
しか登場しませんから
全く問題ありません。

蛭巻小太刀

☆☆☆☆☆

攻撃アップの黒漆太刀と
並んでテンプレ火力アップの
2枚看板です。

軍馬無双ビルド以外なら
基本的に入れておけば
良い道具だと思います。

秘伝之書

い・ら・ぬ

無双極意がし辛い
ゲームバランスにおいては
特にいらねー道具です。

無双極意専用の技能セットを
作ったら使っても良いかも
しれませんが、もうほとんど
お遊びの範疇ですね。

堅守之鎧

☆☆

まぁいらないかな。
使うとしても
高難易度プレイぐらい
だと思いますが・・・
今作だと火力盛って
ゴリ押しした方が
速いかと思います。

勲功お守り

☆☆☆

稼ぎには一定程度
使えますが・・・

落とした巻物で獲得できる
経験値量が少な過ぎるので
これを頑張って使って
稼ぎプレイしてもそこまで
大きく経験値
増えないと思います。

金運お守り

☆☆

無双演舞の道中で
少しでも金稼ぎしたい際に
使うだけの道具です。

極論、金稼ぎで最も効率的なのは
堅城演舞モードですので
堅城演舞で道具が使えない以上
最終的にはこの道具を
使ってまで無双演舞で
金稼ぎをするメリットは無いです。

五行之符

☆☆☆☆☆

今作は属性重複しますし
かなりダメージ強いので
属性攻撃強化のこの道具も
必然的に強くなります。

敵武将との戦闘開始
タイミングに調整して
これと黒漆太刀を同時使用すると
地獄難易度の武将でも
秒殺出来る火力になります。

心眼鉢巻

☆☆☆

閃技のクールダウン短縮されますが
そこまで劇的には
速くなりませんので
武将戦でひたすら連打出来るほどの
性能ではありません。

閃技メインで戦う構成なら
面白い道具だとは思いますが、
閃技そのものの威力が
上がる訳でもありませんので
ちょっと優先順位は下がるかな。

まとめ

稼ぎ道具使わない場合の
ガチ勝負おすすめ8枠構成は
上記にもありますが
活水盃全部
黒漆・参
蛭巻小太刀・参
五行之符・参

この6枠までは
テンプレ固定で良いと思います。

後の2枠はお好きな物を。
属性はだいたい使いますし
五行弐と黒漆弐を足しておけば
安定だとは思いますが。

今作では奮起状態の武将は
かなりステータス上がりますので
奮起状態の武将戦に集中して
道具温存しとけば1ステージ中の
強敵戦はしっかりアイテム補正を
載せた状態で戦う事が
出来ると思います。


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください