【シヴィライゼーション6】最終環境(仮)版 初心者向けおすすめ文明・指導者 バージョン1.0.12.9

やっぱり最初からいる文明って
安定してるよね。

バージョン1.0.12.9 最新版での
初心者向けおすすめ文明・指導者を
紹介します。

※バージョン1.0.12.9最新での普通の
 文明・指導者紹介の記事も実は
 まだ更新出来ていませんが、こちらは
 別途また一つずつじっくり
 文明考察して記事化して
 いきたいと思います。(汗)

初めに 読んで頂きたい方

1.これからゲーム買うかどうか検討中で
 前情報が欲しい方

2.購入したはいいけど、
 システム難しすぎて

 投げちゃってる方(長らく積んでた方)

3.シングルプレイで王子(標準)以下
 の難易度でも中々クリア出来なくて
 困っているという方

全くの初心者または
「全然上手くクリアできねー」
ってなっちゃってる方の敷居を何とか
少しでも下げるという事を目的とした
ほんまもんの入門編記事です。

おすすめ文明・指導者

トラヤヌス・ローマ

初心者向けおすすめ度
ナンバーワン。

ほとんどの能力が
オート発動であり超シンプル。

勝手に効果発動するものばかりなので
そこまで考える事もありません。

かつ、実力のほども十分高めな
文明・指導者になってますので
初心者向けとして大変おすすめです。

専用ユニットのレギオンも
シンプルな近接専用ユニットの
代替えですのでわかりやすいです。

強いて言えば専用区域の浴場は
用水路の代替えですので
用水路区域自体が少し
テクニカルな区域の部類になりますが
用水路都市
(用水路で真水引いてくる都市)
の作り方とか学びやすい文明
になってますので
用水路活用のお勉強的な意味合い
としても良いと思います。

ギルガメシュ・シュメール

こちらも標準ルールの頃からの
古株安定文明です。

指導者能力は英雄モードの有無により
変わりますが、いずれにせよ
そんなに深く考慮する
必要性はありません。

太古の初期から作れる
戦闘車とジッグラト使うだけで
序盤から有利に立ち回れますので
特に初心者の方は序盤スタートの
立ち上げ(蛮族対策)などで
苦戦しがちだと思いますから
スタートが簡単で使いやすいと思います。

内政の組み立て方も
平らな地形の川沿いにジッグラト
優先的に置きましょうねという
ぐらいなので固有で難しい点は
特にありません。

モンステマ・アステカ

シューメルと考え方が似てますが
鷲の戦士という強力なユニットを
太古から使うことが出来るので
初心者が苦戦しやすい序盤の
立ち回りに余裕があります。

蛮族潰すのも簡単ですし、
太古の戦争にも有利です。

また内政的にもトラクトリは
あんまり考慮しなくて良いので
高級資源なるべく取りましょうね
という事と労働者を区域建設に
使えるって事ぐらいですから
あんまり難しく考える点も無く
シンプルで簡単だと思います。

ゴルゴー・ギリシャ

アクロポリスを置く位置に
少し気を使いますが
それ以外はほとんど脳筋で
扱える文明の一つですので
とても扱いやすいと思います。

最後のアプデにより
戦闘力補正も追加されましたから
純粋な戦闘力も高いですし、
内政としても制作スロット増える
効果は簡単で強いです。

プラトン著「国家」は
プレイヤーが使い方を練らなくても
使えるオート発動の
超強力能力ですからね。

難しいこと考えなくても強いのが
この系統の能力のウリです。

※ギリシャはもう一人指導者いますが
 そちらは全く初心者向けでは
 ありませんので指導者お間違いないよう
 注意してください。

アマニトレ・ヌビア

大分序盤の戦争に特化
していしまいますが
初心者向けで使いやすいという意味では
今でもおすすめ度高めです。

ただし内政面では
ヌビアのピラミッド云々の能力と
タスティの鉱山能力がやや
頭使う形になってしまいます。
(まぁそれでも簡単な部類ですが)

最後のアプデからヌビアのピラミッド
そのものの産出量が増えました。

バランス調整されて良くなったんですが
初心者向けとして言えば

バランス良くなって考える余地が
出来てしまったので(爆)

ヌビアのピラミッドをどの程度
利用した内政をしていくか?
という選択肢が生まれてしまい
脳筋要素が少し減りました。(笑)

※ゲームバランスとしては
 まぁええんだけど。

シモンボリバル・大コロンビア

「考える事が少ない」という1点のみ
に集中すれば最高に初心者向けです。
(笑)

しかもそれでいて相当に強いです。

ゲーム序盤は
「うぉぉぉぉ!」って感じで初めて

中盤は
「はぁぁぁー!」って感じでゲーム進めて

終盤は
「うりゃぁぁぁ!」って感じでいけば
割と色んな勝利条件で
ゲームクリア狙えると思います。(苦笑)

専用ユニット&施設以外は
能力全部オート発動ですからね。

しかも説明文の短さを見れば
どんだけシンプルな能力か
よくわかると思います。

このシンプルさを持ちながら
同時に強力な文明ですので
この文明使っておけば
ゲーム慣れない方でも
大分クリア難易度は下がると思います。

問題点としては
「この文明に慣れてしまうと
 他の文明との差が大きいので
 他の文明プレイに対応し辛く

 なってしまう。」

という事でしょうか。

まぁ別に潜在能力的に見れば
シヴィ6で一番強い文明って訳じゃ
無いんですけど・・・なんだろう

「Aボタン押すだけで必殺技が出る。」

みたいな感じのお手軽に強くて
思考停止で使える文明ですので
どうしても苦戦する
という方は保険として選択肢に
入れておくと良いと思います。

参考情報

・上記で取り上げなかったけど
 比較的初心者向けでおすすめな文明

ドイツ
割とシンプル。
6の目玉システムである「区域」の
使い方覚えるには良い文明。
ハンザの隣接ボーナスがやや特殊だが。

インカ
山岳利用ってのが特殊過ぎるので
あんまり初心者向けとして
おすすめしたくないですが
まぁとにかくゲームバランス的に
単純に出力高くて強いです。
棚畑作って適当な内政やってるだけでも
ある程度の難易度までのAIには
全然負けない地力の高さです。

ロシア
ツンドラ利用と信仰力利用が
ちょい特殊なので初心者向けとして
あんまりおすすめしたくないですが
ゲームある程度慣れてる前提で
言えば単にゲームバランス的に強いです。

バビロン
上記のロシアと理由は似てますね。
ちょっと使い方覚える必要ありますが
ゲームバランス的にかなり
ぶっ飛んだ強さなので
ある程度慣れてくれば
低難易度相手ぐらいなら無双出来る
地力の高さだと思います。

アメリカ・ラフライダー
太古からの戦闘力高いので
戦闘慣れない方はラクだと思います。

フランス・麗妃
まぁほとんど序盤使える能力
無いようなもんなので(笑)
バニラ文明として見たら
基礎的な遊び方覚えやすいかも。

・逆に初心者向けとして
 おすすめじゃない文明

※おすすめじゃない文明というのは
 弱いという意味じゃなくて
 使い方がテクニカルで難しい
 という意味です。

マヤ
マオリ
マリ

上記あたりは超特殊なので
ゲーム慣れるまでは
手を出さない方が良いです。

スウェーデン
カナダ
アメリカ・ブルムース
あたりも最初はやめといた方が
良いかなと思います。

・日本は?

初心者向けとしてのおすすめ度は
微妙です。

プレイの難しさは全体の
中間ぐらいでしょうか?

幸いな事にciv6の北条時宗・日本は
かなり強力です。

様々なDLCで多くの文明が追加された
現在の環境化でも初期から
安定した強力文明の一つです。

嬉しい限りですね。

当然多くの国内プレイヤーは
やはり思い入れ的に日本という
文明の使用を考える事が多いと思います。

・・・いや決めつけは良くないのか?

自国の使用を考える事が多いなんて
決めつけたらどこかから
クレームが来るかもしれませんね。

一応訂正しまして
逆に日本嫌いという方は
積極的に避けるのかもしれません。
(苦笑)

まぁいずれにせよ自国ですので
個別に参考として記載しましたが
この文明は使い方が難し過ぎる・・・
というほどではないですが
かと言って初心者向けとして
おすすめするほどの文明か?と言われると
そうでもない立ち位置かと思います。

初めてプレイする方でも
ある程度この手のゲームに
自信がある方は最初から使っても
問題ないと思いますが、日本よりも
もっとシンプルで簡単な能力文明は
沢山ありますので
特に初心者向けとしての
おすすめはしません。

まとめ

改めてまとめてみると
標準ルール初期の発売時から
いた文明・指導者が多いですね。

やはり後発の文明・指導者になるにつれて
今までの文明と差別化する為に
特殊な能力になっていきますから
致し方ないんでしょうけど
初期からいる文明の多くは
改めてシンプルな能力が
多いと感じました。

他にもちょっと能力は特殊ですが
単純に地力が高い文明
(バビロンやインカなど)
も参考で紹介させて頂きました。

「多少ゲーム慣れてから」という
前提にはなりますが
どうしてもゲームバランス上
明らかに偏って地力が高い文明
というのも中には含まれてますから
自分の熟練度に応じて
使う文明は変えていくと
良いと思います。

使いこなせば凄く強くなる
文明・指導者というのも
沢山いますので。


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください