【仁王2 Complete Edition】敵攻略立ち回り解説 人間 Ver 1.27

忍犬は人間じゃないけど

敵攻略立ち回り解説
人間編です。

初めに

仁王2 Complete Edition

タイトルの記事につきましては基本的に
「これまでのDLC全てを含めた上で
 究極的なやり込み
 (エンドコンテンツを楽しむ)
 プレイをする方向け」

となっております。

・仁王の旅路 攻略
・奈良獄 攻略
・地獄絵巻 攻略

など最終形の難易度までやる前提で
何が重要になってくるか?
という事を中心に記載していきます。
予め、ご承知願います。

バージョン変更によって差異が
出る事もあります。
タイトル記載のバージョンで
条件に間違いが無いか確認して下さい。

人間の敵の基本

人間の敵のほとんどは
主人公同様に
様々なタイプの武器を使います。

持ってる武器種によって
戦い方の注意点は変わりますが
この記事では流石に
全武器別で個別には
紹介出来ませんので、
大ざっぱに全体的な立ち回りの
注意点だけ紹介します。

遠距離武器持ちの個体は
接近すると近接に
武器を持ち替えますが
この際の近接戦闘力は
非常に脆弱なので
基本的には接近してしまえば
余裕で対処出来ます。

人間の敵は共通で
頭弱点です。
(当たり前だよな。)

ただし武士の個体によっては
兜装備している者もおり、
兜装備してるヤツは
弓のヘッドショットを
一度はじきますので注意。

野武士

仁王2の敵人間の中で
最弱のポジションです。

タイマンで戦えば
流石にどんなアクション下手な
プレイヤーでもそうそう
負ける事は無いと思います。

ただ持ち武器によって
様々なタイプがあり、
遠距離武器持ちなんかは
侮れません。

妖怪最弱の餓鬼同様ですが
単体のスペックよりも
ステージのトラップギミック
とセットの強さに
なってるように感じますね。

斧持ちに不意打ちされて
背後から攻撃受けると
普通に即死したりもします。

体力減ると前進掴みの
危険攻撃してくるので注意。
残り体力少ない状態限定です。

ガードはほとんど使用せず、
攻撃で怯むので基本的には
攻撃でボコっていれば
ノーダメで勝てると思いますが
遅い武器で攻撃する際は
敵の攻撃の方が先に
ヒット指定しまう事もあるので
遅い攻撃をする際は要注意。

最弱とはいえ死にゲーですので
当たるとダメージはハンパ無いです。

武士

基本は野武士の上位互換。

兜付けてる個体もいるので
矢をヘッドショットしても
はじかれるのが厄介です。
(銃、大筒なら通る)

野武士と違い、しっかりと
ガードも使ってくるので
ゲームに慣れないうちは
タイマンでも普通に
負けたりするかも・・・

ある程度慣れてくれば
タイマンで負ける事は
無いと思いますが
複数相手だと危険なので
常に1対1での戦いに
持ち込めるよう
意識して立ち回りましょう。

忍犬

まず人間じゃないですが(笑)

妖怪以外の敵という事で
ここに記載するしかありません。

斥候ですね、コイツは。
法螺貝持ってる野武士や
子泣き爺同様に
近づくと大きな音を出して
周囲の敵が全て
発見状態になってしまう
厄介な相手です。

遠距離からクナイで
攻撃もしてくる
高性能ワンちゃん。

普通に嫌な相手ですね。

しかも人間と違い
頭弱点じゃないので
遠くからヘッドショットで
倒す事も出来ません。

体力自体は全敵キャラの中で
最弱レベルですので
見つけたらまず最初に
倒すようにしましょう。

忍者

野武士や武士同様に
所持武器は多数あり、
最初から遠距離武器で
攻撃してくるヤツもいます。

基本的には野武士と
一緒でガードしてきませんが
すぐ回避行動取ってくるので
結構面倒な相手です。

忍術は火薬玉と手裏剣ぐらい
なのでそう警戒する
必要はありませんが、
一応遠距離攻撃持ちですので
距離取っても安心しないように。

瀕死になると自爆特攻の
危険攻撃をしてきます。
ほぼ即死する威力なので要注意!

 

土蜘蛛衆

奈落獄ぐらいにしか登場しないが
エンドコンテンツ環境だと
逆に忍者よりもよく戦う
事になる忍者の上位互換みたいな敵。

忍者の基本アクションに加えて
蜘蛛の糸玉のような物を
投げつけてくるアクションなど
一部が追加されています。

特に厄介な追加アクションは
高威力の飛び蹴り。
かなり大きなダメージを受ける上に
攻撃速度も速いので躱し辛いです。

通常の忍者同様に
遠距離から爆破クナイで
遠距離攻撃も仕掛けてくるので
距離がある状態でも
油断しないように。

陰陽師

ガードは一切使用せず、
持ち武器も刀だけです。

近接性能は野武士以下
という相手なので
接敵してしまえば、
どんな武器でも
通常攻撃連打してるだけで
倒せるレベルの相手ですが

陰陽術が厄介です。

遅鈍を筆頭に厄介な
デバフを様々
使ってきますし、
属性攻撃の陰陽術も
強力ですね。

モーションが少し長いですが
妖怪を召喚してくる技もあり
接近してすぐ倒せる
状況に持ち込めないと
途端に厄介な相手になります。

召喚してくるのは
鬼火か妖狐です。
妖狐が特に厄介ですね。

雑賀衆

出現するポイントは少ないですが
人間の雑魚敵の中では
厄介な敵です。

多様な武器を使ってくる
野武士、武士とは違い
雑賀衆は鎖鎌と銃しか
武器はありませんが
この2種類の武器を多彩に
使い分けて攻撃してきます。

動き方は忍者に似ており、
攻撃後すぐに側転、後転して
移動する事が多いですね。

ボスの雑賀孫一の動きと
一緒ですが転がった後に
銃の射撃が飛んできますので
止められない場合は
しっかりガードしましょう。

また、距離がある状態だと
二丁拳銃で連射してくる
厄介な攻撃アクションもあり。

遠距離からも早い攻撃が
飛んでくるので常に
ガード固めておくか、
回避出来るようにしましょう。

ソハヤ衆

屍狂いを除けば、
本作仁王2で最強の人間敵キャラ。

武士と陰陽師の混合みたいな
相手となっており、

バフ・エンチャントの陰陽術と
近接攻撃を主体に攻めてきます。

※陰陽師と違い、直接攻撃の
 陰陽スキルは使用しません。

陰陽術は自己強化系のみなので
遠距離攻撃は持ってませんが
近接はボス人間や
屍狂いに次ぐ強さとなってます。

コイツにタイマンで勝てる
ようになれば、まぁまぁ
仁王2に慣れてきたと
言えるんじゃないでしょうか。

屍狂い

オンライン要素の血刀塚で
主に戦う相手ですね。
それ以外だとごく限れた
ステージにしか登場しません。

血刀塚以外でゲーム内に
オリジナルで登場する屍狂いは

お寺のエリアに登場する
お坊さんみたいなヤツ2体。

それからごく限れた
奈落獄 彼岸エリアに
登場する程度となってます。

基本的にアクションの強さは
人間ボス並となっており
回避、ガードなど
しっかりと行ってきます。


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください