安倍総理、本当にお疲れ様でした。一度も選挙行った事無い僕がほんの少~しだけ、政治に目を向けるようになった話

悪夢の時代をリアルタイムで
経験した話。

どうも、皆さん。
たんぶらぁです。

今日は
超久々に

ゲーム以外の記事になります。

以前は定期的に書いてたんですが
最近は少し忙しくて
そこまで手が回ってませんでした。

しかし、今回は流石に
取り上げるべきだろうと思い
筆をとった次第です。

大ニュースになりましたので
ご承知の方がほとんどだと思いますが
今週は日本の総理大臣である
安倍総理大臣が体調上の理由により
突然の辞任を表明しました。

安倍さんと言えば、自分は過去に
動画のネタの一つで
似てないモノマネをした
ぐらいしか話題として
取り上げた事はありませんでしたが(汗

まずは、難病指定のご病気もあった中で
本当にお疲れ様でした。

今回のメインのテーマは
戦後最長となった長期政権が終わった
という振り返りから、自分が過去に
少しだけ政治に関心を向けないと
いけないよなという事を考えるように
なった話がメインですので
この辞任の話は最小限に
したいと思いますが、一つだけ。

好き嫌い、思想信条の違いがいくら
あったとしてもこの辞任を受けて
さらに非難を繰り返す人は醜く見える。

という事です。

政治のイデオロギーってヤツは
譲れない人の哲学・神学みたいなもんが
特に色濃く出る分野なので
どうしても気持ちが昂るのは解るんですが

いくら反安倍、反自民であったとしても
こういうご病気もある中で
弱った状態にある相手の、辞任の
タイミングでまで、叩き続ける
行為をし続ける人ってのは
少なくとも僕はあまり人として好きには
なれそうもないです。

フツーに人としてね。

さて、改めて今回の本題ですが

今回の辞任の報を聞いて
過去の事を思い起こしました。

自分が
「やっぱ政治ってのも
 生活に絡んでくる問題なんだなぁ」

と実感するようになったのは

リーマンショックの頃でした。

当時の事はサラリーマン生活に
見切りを付けて退職したばかりの頃に
記事を書いたりしましたので
長いですが、お暇で興味ある方は

この辺の記事を読んで頂ければ
より詳しくは書いてありますが

ざっくり、当時を振り返りますと

新卒で社会人になったばかりの
入社1~2年あたりが
人生で最高にキツい時期でした。

ゲームで例えるなら
MPゼロで魔法使いやってるぐらい
全くのミスマッチ状態で
業務に対する適正はゼロでしたから

1ミクロンたりとも仕事は出来ず、

毎日叱責を受けて、帰宅する生活の
繰り返しでした。

まぁそこまでのミスマッチで
業務成績ゼロ、生産性ゼロに等しい
社員がクビに出来ない訳ですから
別ベクトルの日本の働き方問題が
あるという話にもつながる訳ですが
それはひとまず置いておいて・・・

とにかく会社にとっても
どうしようもない人材だったはず
ですが、個人的にもキツかった訳です。

毎日のように「会社爆発しねーかな」
と思いながら、1分1秒でも早く
平日の時が過ぎる事を歯を食いしばって
耐え続けるような日々でしたが

それでもギリギリ「死にたい」
とまでは思わなかったのは
ゲームのおかげだったんでしょうね。

ただ、流石にあの時期だけは
当時も書きましたけど
ゲームの存在を現実逃避の道具として
活用してしまっていた感が
否めませんね。

長期的に見れば良い事じゃないですが
当時の自分にとってはそうしないと
自分を保つことが難しかったので
仕方なかったと思っています。

やや話が逸れますが
なので依存症の問題ってのも
複雑で難しいんですよ。

ゲーム依存症の問題もありますけど
原因が人それぞれ違いますからね。

話を戻します。

そんな時期でしたね、
リーマンショックが起きたのは。

そこから東日本大震災と
続いて、日本の景気は一気に
悪化していく訳なんですが

その頃、国民の期待を一身に背負って
誕生したのが・・・

そう、現在では

悪夢の

でお馴染みになってしまった
民主党政権です。

僕はその頃には、もう選挙権得て
大分時間経ってましたが

お恥ずかしい限りですが、
一度も選挙なんぞ行った事は
無かったです。

だって目に見える形で
生活への影響を感じた事なんて
無かったですしね。

日本では長く、55年体制と呼ばれた
長期の同一党派による政権が
続いていましたので、一層
興味持ち辛かったという点も
あったかもしれません。

ちなみに、自分は民主党政権に
政権交代した時の選挙すら
行きませんでしたので(滝汗

※当時は仕事による鬱もあって
 それどころじゃなかった
 という事もあります。

政権交代への一票を投じた訳じゃ
無いんですが、それでも
特にリーマンショックの影響で
有効求人倍率がだだ下がり。

地元は製造業がメインでしたが
今回のコロナ過もそうですけど
人口が多いので、割と早く
失業率に影響が出る業種が
製造業なんですね。

地元の求人倍率はボロボロで
一番下がった時は二人に一人ぐらい
しか仕事が無いぐらいまで
落ちてました。

当時は何とか転職先が無いもんか
探し始めた矢先のリーマンでしたから

自分も精神的に追い詰められてて
視野狭窄になってました。

荒れましたね・・・

流石にネットで他人の
誹謗中傷をするような
愚かな行為まではしませんでしたが

家族には結構迷惑をかけました。

自分は世界から愛されていない、とか
この世界を呪ってやる!みたいな
事まで本気で頭をよぎる訳ですよ。

馬鹿げた話でしょう?

それこそ今では笑い話に出来ますが
本当に人間ってのは心身共に
追い詰められると、そういう
馬鹿みたいな発想になるんですね。

ですから、僕は自分の実体験も兼ねて
経済が悪くなると、必ず人は
過激な思想に走っていき
それが行き付く先は歴史を振り返ると
大抵ロクでもない結果になる

と考えてますので
現在のコロナ過もそうですけど
経済が悪い(特に仕事が無い)という
状態が続くことはヤバいという考え
なんですね。

・・・でそんな時代の
かじ取りをしたのが民主党政権だった
訳なんですが、結果がどうだったのか
あえてここで触れなくて良いでしょう。

あの時ですね。
ようやく、
「誰が国のリーダーでも同じ
 ってわけじゃないんだな。」

みたいな当たり前の事を
身に染みて感じまして、本当に
少しずつですが選挙権を持つ大人
として考えないといけない事もある
という事を理解するようになりました。

ちなみに自分のその後の経過としては

結局、そんな求人倍率でしたから
泥水をすすってでも、意地汚く
生きていくしかないと諦めて

泥臭く、社内でドロップアウトして
窓際部署に移ってまで
ポジションを維持するゾンビ社員
の道を選びました。

僕個人の話で考えれば、生き残りで
必要な事でしたが、長期的に見たら
自分にとっても、社会全体にとっても
良い例じゃないですね。

ちなみにこういう事例も
日本の生産性が低下する要因の
一つだと思います。

自分の例なんで笑えないですが
説得力あるでしょう?

日本の働き方、雇用システムだと
どうしても社内ニート、ゾンビ社員
みたいな問題が発生するので
これは生産性下げる一つの要素です。

一応、自分にとってはそれで
とりあえずのワークライフバランス
(苦笑)

という事になりまして、大分
働き方も落ち着いたので、

それから2年ぐらい経過して
毎日定時に帰宅出来るので
趣味の拡張で、今のような配信活動を
始めたという歴史になります。

その辺の話もまとめて
今週のラジオ配信では話してますので
久々にラジオのリンク付けておきます。

興味ある方は↓毎週ラジオも
やってますので良かったら
ご視聴頂ければと思います。

最後になりますが

選挙で誰を選ぶか?なんてのは
最終的には消去法しか無い訳です。

どこの国でもそうかもしれませんが
100%理想の人物なんていませんよ。

僕だって安倍政権の一つ一つ見たら
賛成の事もあれば、反対の事も
あったと思います。

ただ僕はあの悪夢の時代を
リアルタイムで経験し、自分の場合は
転職という視点からでしたが、
いったんは絶望しかけた頃の記憶から

「まぁあの時よりは良かった
 んじゃないかな。」

というのが率直な感想ですね。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください