【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】和風プレイで作るマヤ文明 難易度神 プレイレポ#16 クメール戦 仏教vs神道【動画アリ】

爆発的都市数増加!

前回の続きから。

動画

ちょっと解説レポ

ギリシャ戦終了で一気に三都市増加

100ターン目を迎える事無く
ギリシャゴルゴーがリタイヤ。

ギリシャからは
首都スパルタに加えて
後発で作ったと思われる
アテネとコリントの合計

3都市をもらい受けました。

一気に都市数が11に増加。

都市数でも全文明トップに
躍り出ました。

元ギリシャ都市についてですが
アテネとコリントは
とても良いですね!

まず元ギリシャ都市周辺は
センターに噴火繰り返して
素晴らしい出力になってる
火山周辺タイルがあります。

火山周辺は素晴らしい
出力の高さになってますし
一応、自然遺産もあるので
自然遺産隣接を上手く利用出来れば
良い聖地区域も作れそう。

これから自由自在に区域を
練り上げていく事で
明治維新も捗りそうです。

ホント唯一、破壊出来ない
首都だけが取返し付かない
都市開発されてる点が改めて
残念です・・・

まぁ良いでしょう。
アテネとコリントは将来性
十分ありますから
じっくり育てていきましょう。

継続するクメール戦 仏教VS神道

ギリシャ戦が終わりましたので
即座に大将軍をヴィルニュスに
送り、いよいよ膠着状態だった
クメール戦の侵攻を本格化させます。

クメールも弩兵が出てくる状態に
なったようですが、こちらは
フルチェ時代から鍛え続けた
歴戦の長距離戦闘ユニット!

追加して大将軍ありです。

本来同格同士の中世対決でも
簡単に負けません。

邪魔な弩兵を始末して
いよいよアンコールワット征服に
乗り出します。

何気に仏教と神道の
ぶつかり合いでもあります。

たまに仏教の宗教ユニットは
見つけ次第、排除してますし

仏教伝来の頃の日本の歴史の
神道と仏教の対立構図
そのまんまですね。

首都南部に本格的に進出

ヴィルニュスを起点にして
首都南側のクメール近辺にも
少しずつ侵入します。

12都市目、ヤシュチランを建設。

2位のライバルよりも
3都市以上多い状態に!

この都市は恐らく
ムタル適応される都市で
最後の切り札となる超高出力都市。

南側でギリギリムタル適応範囲内。
平原丘陵都心で踏んで
都心生産力2スタート。

近くに火山も隣接してますので
今後の災害次第では
凄まじい出力に成長する可能性を
秘めた都市です。

クメールのアンコールワットを
征服した際に
アンコールワットは頂く予定なので
忠誠心の圧力としても
役に立つでしょう。

長らく膠着戦だったクメールを
少しずつ追い込んでいきます。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください