【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】『難易度神攻略向け』外交政策考察 ☆1~5

一番使い辛いタイプの政策ですね。

外交政策の能力を考察していきます。

初めに

以下
【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】
『難易度神攻略向け』記事の
基本趣旨の説明となります。
初めての方は最初にお読み下さい。

※本系統の記事は全てシヴィ6の
 難易度神(シングルプレイ)を想定した
 いわゆる高難度向け攻略記事です。

 拡張パックとアプデ情報は以下の通り。
・拡張パック 嵐の訪れ
 (文明の興亡込み)

・アップデート 1.0.0.341 2019/9/11更新
 (ニューフロンティアパック導入以前)

数値の記載は全て
ゲームスピード標準です。

外交連盟

☆☆☆☆

初期の外交政策として
他に選択肢が無い為、
カリスマ的始動者同様に
使わざるを得ない

という事からそこそこ
高い評価にせざるを得ません。

ただ、マップサイズにもよりますが
政治哲学解禁時点でまだ
代表団入れてない都市国家は
結構ある事が多いので
しっかりと活用出来れば、
カリスマ的指導者よりも
リターンが大きい政策ですね。

カリスマ的指導者

☆☆☆☆

こちらも序盤、他に付ける
政策が無いので
だいたい入れておく事になります。

外交連盟は特定の状況でないと
使えませんので、基本的に
序盤セットしておくのは
こちらになるかと思います。

プラエトリウム

☆☆

ほとんど使う必要性を
感じられません。
+2って・・・

上昇値が低すぎる。

他の文明都市奪った場合に
確かに忠誠心維持は
必要になる事もありますが
いくらなんでも
上昇値が低すぎて使えません。

・・・とはいえこの時代は
特に外交スロットに
付ける政策がありませんので
雀の涙程度の効果ですが
忠誠心に不安があれば
付けても良いでしょう。

貿易連合

☆☆☆☆☆

最初に登場する
強力な外交政策。

中世の市で解禁されるので
このツリーはよく
覚えておくと良いでしょう。

中世の時代ぐらいなら
下手な経済政策よりも
ゴールド増加に貢献する
素晴らしい外交政策。

元々、外交には
あまり強い政策が無いので
貴重な強外交政策です。

権謀術数

☆☆☆☆☆

スパイを活用する場合の
基本政策その1。

生産力増加も素晴らしいですが
作った後も活動時間短縮する
数少ない効果なので
スパイ活用する場合は
付けっぱなしで良いと思います。

為替銀行

☆☆☆☆☆

海外貿易の際の必須政策。

シヴィ6では基本
国内貿易>海外貿易
になりがちですので、

海外貿易する場合は
この政策とセットが基本です。

この政策込みだったら
海外貿易も飛躍的に強くなります。

ラージ

☆☆

属国都市の数が
かなり多くないと
効果期待出来ない政策なので
条件は限られますが

2つ以上ぐらい属国がいるなら
まぁ検討しても良い政策。

砲艦外交

☆☆

この時代になると流石に
外交政策も種類増えてくるので
カリスマ的指導者の上位互換
ではありますが、
もうあんまり使わないと思います。

抑制

☆☆☆

後半に代表団追いつく為の
重要な政策です。

一応、この政策解禁された後なら
相当数の代表団格差があっても
追いつくことが出来ます。

暗号学

☆☆☆☆☆

スパイを活用する場合の
基本政策その2。

敵スパイのレベルダウンも
行ってくれるので
こちらがスパイ使わない場合でも
だいたい付けておけば良い
強力な外交政策。

音楽の検閲

☆☆

ロックバンドに対するメタ。

ロックバンドは文化勝利の
重要なキーなので
対策する価値は十分ありますが
快適性ダウンのデメリットが
結構キツイですね。

核諜報

☆☆☆☆☆

スパイを活用する場合の
基本政策その3。

技術を盗む場合に限りですが・・・

この政策がある為
スパイは技術盗む選択肢の
オススメ度が高い訳です。

一気に二つ分のブースト取るので
ブースト系の大科学者に
近い働きになります。

国際宇宙局

☆☆☆

ラージ同様ですが
属国都市が多いなら
使っても良いでしょう。

集団的行動主義

☆☆☆

国際宇宙局同様。

ペリクレスは自分の
文明能力とも重複するので
凄い事になります。

ペリクレスの場合は
凄くオススメ。

通信局

弱い!

このゲームの忠誠心系の効果は
もうちょい数値高くても
良いのではないかと思います。

こんな後半の時代に
忠誠心+5程度が限界ですから
意味あるのか大変疑問。

まとめ

外交政策はシヴィ6の
政策タイプの中で
一番弱い政策です。

だからこそアメリカは
序盤から外交がワイルドに
切り替わって強い訳ですけども。

しかし、そんな外交政策ですが
中世以降ぐらいになると
少しずつ中には良い政策も
混ざってきます。

数は少ないですが、
ごく一部の外交政策は重要な
戦略の要になってたりします。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください