【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】難易度 神 インカ プレイレポ#3 労働者に沢山働いてもらおうね(ニッコリ)【動画アリ】

古典不朽に備えて良質な社畜を量産するぜ!

難易度神 インカの続きからです。

動画

ちょっと解説レポ

石工術の研究が完了し、いよいよ
第2都市の砂漠都市ではピラミッド建設を
開始します。

これが成功するかどうかで今後の
都市開発の効率がかなり変わってきます。

マグナス伐採も駆使して最短で進めましょう。

探索の方もオークランドの
徴兵部隊がよく頑張ってくれて
結局、太古の時点で蛮族の前哨地を4つも
潰す事が出来ました。

難易度神でも30×4で120ゴールド収入。
200ゴールドの徴兵に対して
十分リターンは取ったかな。

差し引き80ゴールド出費で
これだけ蛮族対策出来て
探索も進んだなら十分過ぎるでしょう。

おかげで時代スコアも凄い増えましたが
増えすぎて流石にもういらんですね。

余裕の古典黄金です。

第2都市の開発を進める中、
恵まれた生産力の首都では
第2都市に何体か労働者を派遣した後、
余裕しろで政府区域も建設完了。

生産力が高くて本当に捗ります。

マグナス呼んだ後の総督称号は
ピンガラに二つ使って
研究員まで取得。

インカは食料改善施設が全文明の中で
最も恵まれてるので人口増えやすく
ピンガラのレベルアップ能力と
相性が良いですね。

労働者との相性が良いので
梁調査官も早く持ってきたいですが
科学力上げる方法が無いので
ピンガラを優先しました。

僕の場合、インカに限らず
ピンガラを早めに研究員まで
進める動かし方をよく使います。

・・・と言うのも

キャンパス区域があんまり好きじゃない。

んですよ。
正確に言うとキャンパスと劇場広場区域ですね。

この2種類の区域は
相性が特別良い文明は別として

そうでない場合は
「添えるだけ」程度にしか建設し無い事が
多いです。

理由としては、区域の優先順として

兵営、ハブ、港、聖地、工業地帯

あたりがどうしても上になるからです。

いくらツリーを早く進めても
生産力・ゴールドなど国力を解りやすく
増強する要素が整って無いと
都市の生産が滞ってしまい
結局、作れるんだけど作れない状態
になってしまうので。

しかし、とはいえ科学力は必要です。
文化力の場合、都市数増やして
モニュメント作って回ればある程度
補強出来ますが、科学力はそうもいきません。

科学力版のモニュメントがあったら
良かったんですけどね。

科学力は中々増やす方法が無いので
ピンガラに頼って序盤は上げる形にして
その分、区域はキャンパス後回しにする

というのが僕のいつもの組み立て方です。

ただ、これはかなり好みが入ってるので
一つの例に過ぎないと思います。

予想通り、太古のうちに
政治哲学まで終わって政府変更出来ました。

文化系の都市国家様様です。

当然、ピラミッド作りをするので
独裁政治を挟みます。

独裁政治、都市計画、賦役
で遺産最速体制を整えます。

25%遺産建設速度が上がるので
まぁまぁ良い補正ですね。

独裁政治を整えてた所で
41ターン目で満を持して
ピラミッド建設を開始。

少し悠長に穀物庫終わるまで待ちましたが
自分の目安として
ピラミッドは難易度神の場合
50ターン以内

が目標で、それ以内なら十中八九建設レース
勝てるので少し悠長に構えました。

ごく稀に30ターン代で作られる時もありますが
・・・流石にその場合は
首都の近辺に砂漠がある条件でないと
勝つの無理ですね。

まぁ滅多に無い事なので、基本的には
50ターン以内ぐらいを目安にすれば
難易度神でも十分間に合います。

ここから16ターンですが
既にマグナス総督伐採の準備を整えてますから
9ターン以内に十分建設出来るでしょう。

そして古典時代へ。

迷わず不朽の公約を取ります。
この公約のおかげで
標準ルールの頃とは信仰力の使い勝手の良さが
雲泥の差です。

大地の女神で溜まった信仰力で
開拓者を購入して予定地に進めておきます。

砂漠都市でピラミッド作ってる間に
当然首都では祖廟建設進めてるので

いよいよ古典時代に描いていた
不朽祖廟ピラミッド付きの
開拓者ラッシュコンボが完成しつつあります。

・・・そして

マグナス伐採を駆使して
49ターン目でピラミッド建設を
勝ち取りました。

他に建設してた文明があったか解りませんが
いずれにせよ目標50ターン以内を満たして
建設終える事が出来たので上々でしょう。

古典時代で大拡張作戦を進めていきましょう。
次回に続きます。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください