【ライザのアトリエ~常闇の女王と秘密の隠れ家~】クリア後やり込み攻略 「検証」武器特性編 バージョン1.01 スキル威力ってのが不自然に感じる

効果が解りにくい一部の
武器特性について検証してみた

さぁ、やってきました!
ライザの特性検証編です。

今回は武器特性

で効果が解り辛いなぁ
と個人的に感じたものを
一部ピックアップして検証してみました。

検証の対象特性は

スキル威力アップ特性
エレメントコアについてる追加ダメージ特性

この2種類です。

検証に使う武器として

ライザのルーニックコード品質999を
適当にチョイスして
これをベースに特性の有無で
ダメージ比較していきます。

当然、試す敵の種類や難易度は一緒。

スキル威力アップ系

まず、スキル威力アップ系については
毎度アトリエシリーズでは
お馴染みの特性ではありますが

今作はバトルシステム上
通常攻撃の比率が高くなるので
どうなってるのか検証してみました。

特性無し

約40ダメ

スキル強化++レベル50
(50%アップ)

約50ダメ

・・・あれ?

若干、ダメージのバラ付きあるけど
通常攻撃のダメージも
上がってないか?

一応、通常攻撃も
アクティブスキルの一部ではあるが・・・

しかし・・・通常
旧作までのアトリエシリーズで
通常攻撃スキルが適応された事は
無かったしなぁ・・・

何度か試してみたけど
上がってるっぽい。

という事でさらに

スキル強化++レベル50
スーパースキル

約60ダメ

んー確実に
通常攻撃スキルも適応されてますね。

ダメージそのものが小さいので
バラ付きで解り辛いですが

何度か検証した結果
特性重複した場合のダメージ計算は
いつものアトリエシリーズ通りで
足し算みたいですね。

スキル強化++レベル50

スーパースキル

なら足し算で合計75%

理論上の最大は
スキル強化++
スキル強化+
スーパースキル

スキル強化のレベル最大計算で
合計105%

通常攻撃に適応されるなら
事実上、全部の攻撃上がるよな・・・
(アイテムダメージ除き)

この設定じゃ
攻撃アップ系の特性が
ゴミ化
しますね。

どう考えても
スキル強化系フルで盛って
ダメージ約2倍にした方が強い。

操作しないCPUに
通常攻撃連打させる場合は多いし。

火力特化なら
スキル系特化が鉄板っぽい。

・・・けどこれだとホントに
攻撃アップの特性が
何の意味も無いという
すごくバランス悪い設定なので

もしかしたら今後
バージョンアップで
修正される可能性アリですね。

通常攻撃に乗らないとなると
逆に今作では
スキル系がかなり弱くなるので
難しい所ではありますが・・・

エレメントコアについてる追加ダメージ特性

次に追加ダメージ系の特性です。

今作では現状
エレメントコア5種類についてる
特性のみですね。
風、雷、火、氷、闇
にそれぞれ対応する属性と状態異常付与の
追加効果付きです。

ひとまず、1種類付けて検証。

中々、発動し無かったので
相手を変えましたが
発動した結果が上記。

22ダメの下に出てる黄色の41ダメが
特性の追加ダメージですね。

相手の耐性さえ無ければ
ダメージそのものはかなり高いですが

・・・発動が確定じゃないんですね。

これは痛い・・・

大体、この手の追加ダメージ系の
特性は強特性になると
アトリエでは相場が決まってるんですが

ライザのは厳しいかも・・・

一応、複数付けた場合も
試してみましたが
同様にランダム発動ではあるものの
重複はするようです。

まぁ今作は通常攻撃を
連打する機会が多いので
手数にもの言わせれば
発動機会増えるけど・・・

確定発動じゃないのが
どうしても気になりますね。

一応、裏ボスに属性耐性は無いですし
今作ライザでは状態異常の効果が
少し強くなってるんですよね。

特に呪いや凍傷は
対応する攻撃が倍ダメージになるので
かなり強力ではありますが

裏ボスの状態異常耐性が
よくわかんないですね。

状態異常も効くならまぁ・・・
ランダムでも使えるかも。

5種類の中から状態異常で
選ぶ事になるので

呪い、火傷、凍傷、麻痺、刺傷

なら

闇(呪い)、氷(凍傷)、雷(麻痺)

あたりを重複させて武器に付ければ
結構使えるかもしれません。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください