【SEKIRO】ダクソ3最初のボスに勝てなくて詰んだ僕が挑む 8週目+さらなる苦難+鐘鬼厄憑 アクション下手くそ忍者の旅立ち

始めましょう

さて、本日からSEKIROの記事
投稿始めたいと思います。

SEKIROは発売当初から
買ってプレイ継続してたんですが・・・
ブログの記事としては
初期に感想書いただけで
ずっと放置してました。

・・・というのも
アクション難し過ぎて
ずっと悪戦苦闘してた日々しか
無かったので

何を記事にすれば良いんだよ!

ってレベルだった訳です。

通常こういうゲームで
アクション下手な僕の場合

出来るだけ

装備を整えたり
レベルを上げてステータス上げたり

RPG的に堅実にこちらを強くして

アクションの腕に
頼らずに勝つ。

というのが僕のやり方でした。

純粋なアクションゲームやる上で
それはどうなんだ?

という意見もあるかと思うんだけど
・・・いや
下手くそではあるけど、
好きなんだよ。アクションも。

でもさ・・・このSEKIRO
というゲーム。

ダクソみたいに
装備も変更出来ないゲーム

なんですよね。
これには困りました。

一応、攻め力と身体力はあるけど
レベルというほどに
しっかりした成長システムも無いし。

ホント・・・ガチンコの
アクションテクニックが必要になります。

しかし、それが無い僕は
どうすればいいのか?

A.アクション上手くなるよう練習する。

なので結局・・・

ひたすら攻め力を上げ続けました。

ステータスを強化し続ければ
なんとかゴリ押し出来るようになると
信じて攻め力上げを繰り返してきました。

という事で
99カンスト間際まで攻め力を強化し、
当然、身体力もカンスト。

忍具、技、瓢箪の回数、
その他もろもろの使用アイテムも
潤沢に整えた

完璧な下準備の元で
最高難易度となる
8週目以降
さらなる苦難
鐘鬼厄憑

に挑戦したいと思います。

レベルを上げて物理で殴る!

RPG的なレベル上げプレイで
アクション下手くそでも
行ける事を見せてやるぜ!

って事で7週目を終えて
8週目スタートです。

オープニングの目覚め。

久々にムービーを視聴。
いやー綺麗だよね。グラフィック。

という事でステータスがこんな感じ。
身体力:20(カンスト)
攻め力:90

となってます。
攻め力はあと9でカンストですね。
この週でカンストするでしょう。

とりあえず、最初はまだ技も
忍具も使えません。

使用アイテムは必須の瓢箪と帰り仏。

後は阿攻の飴、月隠の飴、形代流し
にでもしておきます。

月隠と形代流しは結構好きですね。

忍殺や手裏剣などの遠距離攻撃で
ガチらずに戦えるので。

まずは刀取りに行きましょう。

チラーミー(ポケモンでは無い)

細かい動作が忍者っぽくて
すごく良いゲームです。

さっさと主の元に行って
楔丸ゲット。

このゲームは基本武器は
これしかないですからね。

最初プレイした時は
他にも武器あるのかな?

と思ったんですが
基本武器はこれだけでした。

ここで2週目以降は九郎の御守りを
渡すかどうか選べます。

返すとさらなる苦難に突入。

さて、ここからは
8週目(周回最高強化)
さらなる苦難

です。
まだ初期の雑魚敵相手とはいえ
慎重に忍殺で狩っていきましょう。

ガンガン月隠を使用します。

記念すべきファースト忍殺。

流石にコイツぐらいなら
攻撃ボタン連打してるだけでも
倒せそうですが、油断しないスタイル。

そのまま雑魚は全て
忍殺して、徹底的にガチらずに進めます。

そして最初の中ボス
組頭 山内重則さん

コイツは流石に月隠でも気付かれますね。


主の元に逃げ帰る忍びの図

つーかこんな所まで追ってくるのか。

適当に撒いた後、背後から忍殺。

背後から一撃・・・
というハンター×ハンターのゼノの
言葉が頭を過りますね。

後1回ですが、そろそろ
攻め力90の破壊力を見せてやるか。

ガチってやるよ。
阿攻も使って、攻めます。

お互いに斬り合い
(むろんこちらも被弾)

たった3発で体幹を削り取り

忍殺!

・・・いや攻撃力は確かに高いが・・・

こんなゴリ押しで最後までいけるのか?

という一抹の不安を抱えながら
隻狼の戦いは始まったのであった。

という訳で今回はここまで!

最後まで
ご視聴ありがとうございました!
ブログランキングに1日1回ポチッとな!
頂けると順位が上がり励みになります。
<m(__)m>

ブログランキング・にほんブログ村へ


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください