【ドラクエ3 PS4版】そして伝説へ至る攻略物語 第6章 砂漠地方へ 感動の装備達

星降る腕輪、黄金の爪
Ⅲ初の良い装備。

前回までのあらすじ。
カンダタに圧勝。

さぁカンダタ倒しましたので
砂漠地方に行きましょう。

アッサラーム周辺で出てくる
あばれザルがやたら強かった印象が
子供の頃ありまして・・・

あばれザル系のデザインの敵には
割とトラウマがあります。

そしてアッサラームに到着。
アッサラームと言えば
勿論パフパフ!

いくぜ!

出来ませんでした。

ですよねー。
女性だけだもんね。

今の時代に発売してたら
もしかしたら性的マイノリティにも
配慮してパフパフ出来たかもね。

なんて事を考えつつ
アッサラームを後に。

アッサラームと言えばもう一つ。
エセ中国人っぽいしゃべり方の
商人が高いもん売ってくる店がありました。

マジカルスカートとかくろしょうぞくなんて
FC版には無かった近代的な
装備がありましたがクソ高いのでスルー。

そしてイシスへ向かう途中。
もう一つのトラウマが・・・

出たよ、じごくのハサミ。

硬い上にスクルトされると
ほぼダメージが通らない強敵。

魔法があるとラクなんですが
小学生の頃に引き続き
今回も魔法が無いパーティーなので
勇者のギラぐらいしか
ダメージ与えられず苦戦。

・・・でイシス到着。

女王様に軽く挨拶して本命へ

ほしふるうでわキター!
今では伝統のドラクエ強アクセサリー。

Ⅲからの登場なんですよね。

素早さ2倍という凄い効果です。
ドラクエで最初に登場した
強力なアクセサリー枠装備
じゃないでしょうか?

偉大な装備です。

そしてピラミッドへ。

BGMが子供の頃のトラウマでした。
印象的なBGMですよね。
中にある「ひきかえせ」の顔石造も
怖かったなぁ・・・

そして中に入ってすぐこれ。

ひとくいばこの初登場です。

ピラミッドのおどろおどろしい雰囲気と
合わさってコイツの痛恨の一撃は恐怖でした。

ピラミッドはわらいぶくろが出てくるので
G稼ぎには向いてる場所ですね。

小学生の頃の僕は
ピラミッドの攻略方法がわからなくて
何カ月も迷った

訳ですがその原因がこれですね。

通路の先端にスイッチがあるんですが
パッと見、
行き止まりにしか見えないんだよ!

FC版はより一層
単なる1マスにしか見えないので
解り辛かった・・・

悔し泣きするぐらい迷いましたね。
当時はネットで情報調べるのも
難しかったですし・・・

自力で見つけるまで数ヵ月迷いましたよ。

おかげでレベルは
とんでもない事になってましたが・・・

と言う事で魔法の鍵を取って頂上へ。

良い景色。

で・・・勿論忘れずに地下へ

よし!黄金の爪探しだ!
・・・と思ったら探すまでも無く
光が灯ってて調べるとすぐ見つかりました。

FC版は勿論
SFC版でも1マス1マス調べる
必要があったと思うんですが
これはどういう事なんだ?

ナウなヤングがプレイしやすいように
難易度が下げられたんですかね。

ちょっと寂しい気もしつつさらに地下へ。
ゲットォォ!!

FC版では盗賊最強武器なんですが
ピラミッド出た後も
持ってるだけで呪われるという
クソ装備だったんですよね・・・

売却するか預ける以外方法は無く、
どうしようもない武器でしたが
SFC版では流石に改善されて
ピラミッドさえ抜ければ
1マスごとにモンスター出てくる呪いも
無くなりました。

武闘家がいれば狂喜乱舞したんですが
今回は最初のパーティーに使って無いので
装備する喜びは後々にお預けです。

という訳で
今回はここまで。
次回に続きます。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

ブログランキング参加してます。
良かったら今後の記事の参考に
「ポチッとな!」でクリックがてら
以下の質問に、ご意見頂ければ幸いです。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください