料理が出来ない独身無職男でも出来る1日200円食費生活

大体この生活スタイルで半年経ちました。(笑)

10年のサラリーマン生活に嫌気がさし、
体を壊し、
無計画に飛び出して無職になって
もう7ヵ月経過しそうな今日この頃です。

皆さん、お元気ですか?
人生充実してますか?

今日は久々にゲーム以外の記事です。

いやー今の生活、
何がヤバいって体感寿命が早過ぎてヤバいです。

働いていた時は
毎日が嫌でしょうがなくて、
無限にも感じるほど時間が経過した気がするなと思いながら
時計を見たら、
始業から15分しか経過していなかったりしたもんです。

1週間の稼働日5日が
無限地獄のごとき長さだったと感じていたのが
たった半年ほど前ですからね。

その頃に比べると

ゆっくり寝て、
時間をかけながらもぞもぞと起きて、
じっくりコーヒーを啜って、
伸びをして筋肉を弛緩させて、
風の流れを感じ、
ふと窓の外を見ると、日が暮れている。

体感では会社辞めたのが昨日か一昨日のように感じます。

こう考えると
ストレスフリー過ぎる生活というのも
考えもんかもしれませんね。

昨今もライトノベル業界では異世界転生ブームが続いているようですが
 

僕は死後の世界って信じていないので
人生ってコンテニューで出来ないワンゲームだと思うんですよ。

そうすると今の科学水準でも当然、寿命ってありますし
いつか人は死にますから、
「体感寿命が長い方が、長生き出来る」
って考え方もあるのかもしれませんよね。

まぁとはいえ、ストレスもほどほどにしておかないと
寿命が縮まると思うのでバランスなんでしょうけど。

さて、前置きが長くなりましたがこの辺にして
今日は仕事を辞めた後の僕も食生活について紹介したいと思います。

料理出来なくても、
難しい節約術出来なくても、
割と良い感じに食費を抑えられてるので
あんまり食に拘りが無い方は参考になるかもしれません。

食費って生きてる限り継続的に必要な出費ですから
電気・ガス・水道代並に必要不可欠な出費ですよね。

自分の収入に応じた出費に抑えないといけませんから
僕の場合は、会社辞めた後
物を一気に捨てて断捨離しただけでなく
食費については相当な見直しをしました。

当然ですよね。
収入0になったのに以前と同じ食生活っておかしいからね。

朝メシ

大体70円ぐらい。

もやしが約20円
麺も約20円
豆腐と納豆で約30円って所です。

炭水化物
食物繊維
タンパク質

あたり接種出来てれば問題無いんじゃね?
という事で考えてるんですが

炭水化物は基本的に麺が一番安いんですよ。
正確にはゆで麺が税抜き18円です。

個人的には米が一番好きではあるんですが
米は炭水化物の中で比較すると
一番高いと思います。

炊飯器という専用の調理器具が欲しいのも
合理性に欠きます。

値段で比較すると
米>食パン>麺

でしょうか。
パンの場合は、ジャムとかバターを塗ると
むしろそっちの方で炭水化物そのものよりも出費が増えてしまうので
何も付けずに食べるなら
1食当たりのコストは麺と一緒ぐらいだと思います。

とにかく米は単価も一番高いし
調理器具が専用品だし、もろもろのコストが高いですね。

タンパク質は値段で考えると
肉・魚>>>超えられない壁>>>大豆製品

なので、大豆製品にしてます。
肉や魚はもう通常の食事のサイクルの中では食べる事は無い食生活になりました。

肉も魚も好きではあるんですが
とにかくタンパク質の摂取食品として見ると高いんですよね。
お値段が。

ちなみにタンパク質を取る食品で
最も1食当たりの単価を下げようと思ったら
いっそプロテインにしてしまうのが、
実はかなり安上がりだったりもします。

結構高いイメージですが、1食分の換算すると
肉や魚よりはるかに安いです。
大量購入すると割安になりますし、何より調理費がかかりません。

一番値段が高くなるのが食物繊維(ビタミンなど)なんですよ。
野菜がとにかく高いんですよね。

僕は色々考えた結果、食費を抑える為にはもやし一択
以外に道は無いという結論にりました。

次点で割と休めのトマトジュースで
この辺の栄養素を片付けるのも良いかもしれません。

後は、どの食材でも気を付けないといけないのが
調味料なんですよ。

僕も一人暮らしで自分のメシは自分で用意
(料理と言えるほどの事はしてないので表現は用意)
し続けて2年以上になりますが、

元々の食材よりもむしろ調味料、ドレッシングなどの方が
食費を圧迫するんですよ。

食パンよりもジャムの方が値段が高いし
野菜をいくらもやしで済ませても
ドレッシング買うともやしの何倍もコストが膨れ上がります。

なので僕の場合はサラリーマンを辞めて
断捨離した時についでに調味料もほぼ全て処分しました。

それから5ヵ月ほど我が家には調味料は

一択でした。
まぁ人間は大概の食い物、塩振っておけば食えます。

先月ぐらいに
「いい加減、醤油ぐらいはアリにしようかな」
と思い、遂に醤油が追加されました。

子供の頃からずっと醤油ってしょっぱいだけだと思ってましたが
半年近く、調味料無しもしくは塩のみの生活を続けた後に
醤油を口に入れたら
「醤油ってしょっぱいだけじゃなくて複雑な味わいがあるんだな」

と感じる事が出来ました。
トップバリューの安物醤油で醤油の味わい深さを感じる事が出来た訳ですから
貴重な経験と言えるでしょう(笑)

昼メシ

大体70円ぐらい。

もやしが約40円(2パック分)
麺も約30円

朝メシの麺と麺質が違うんですが
この麺の方が値段が高く税抜き28円もします。

朝メシの18円の麺とは割と味もランクアップするので
値段による差ってやっぱあるんだなぁと
改めて感じましたね。

晩メシ
僕の場合は基本的には晩メシを食べないんですが
たまに牛乳とプロテインを晩メシ替わりにしたりして活用してます。

「絶対食べない」とかいう事では無くて
腹が減ってる時は食べればいいかなという感じですね。

まぁこんな感じです。
結果として平均すると食費毎日200円ぐらいに収まってると思うんですが
重要な事は細かい食生活とか栄養素よりも
「ストレス溜めない事」

体を病んでようやく教訓にする事が出来た
数少ない健康の秘訣です。

だから食事に拘りがある人は、オススメ出来ないです。
僕はあんまり食に拘りが無いから出来る事です。

お酒を我慢するとストレスが溜まる人はお酒を飲んだらいいし
タバコを我慢するとストレスが溜まる人は吸ったらいいです。

他人に迷惑をかけないようにしないといけないですが。

自分の人生において大切なプライオリティは何なのかという事を考えながら、
現実にも即した生き方を探していくのが良いんじゃないかなと思いますね。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください