【ポケモンLet’s Go! ピカチュウ/イーブイ】初期プレイレビュー 「今更初代かぁ・・・」→「いや、面白いわ」

面白かったです!すみませんでした!

さて今回は2018年11月16日に発売しましたポケモンの最新作!
ポケモンLet’s Go ピカチュウ/イーブイ

初期プレイ感想です。
※この記事書いてる段階で
 マチス倒して3つ目のジムバッチ入手した所ぐらいの進捗度
 を元にした評価・感想です。ご承知おきを。

ちなみに僕はイーブイバージョンをプレイしております。

まずですね。
元々このゲーム、ごく最近まで実は僕の購入予定には無かったんですよ。

勿論、ポケモンの最新作がスイッチで出るのは解ってましたが
僕はモロ、ポケモンのダイレクト世代なので
初代カントー地方の作品は過去何度もプレイしてる訳です。

デカい電池4つほど入れてたドデカいゲームボーイの頃から
元祖初代の赤緑青を遊び、

その後ピカチュウバージョンも遊び、

ゲームボーイアドバンスでリメイクした
ファイアレッド/リーフグリーンもプレイしました。

ですので、正直スイッチでのポケモン最新作が
また初代のリメイクと聞いた時、
「流石にもうやらなくても良いかなあ・・・」

と思ったんですよね。

そんな訳でスルー予定だったんですが
ちょっとここ最近はウルトラサン/ムーンも大分発売から時間が経って
ご無沙汰状態でしたので久々にまたポケモンやろうかなと思い直し
購入となりました。

・・・という訳で
発売直前に急きょ購入方針に変えまして
ロクに下調べしないまま発売日を迎え、プレイした訳ですが
「思ってたよりもずっと面白かったですね。」

まずやっぱりスイッチでグラフィックが進化したポケモン遊べるってのが
単純に良かったです。

流石にそろそろ3DSのポケモンだと
ちょっと時代の流れからして物足りなくなる所がありましたので。

昔懐かしいあのキャラ・場面がスイッチの画面で堪能出来たのは
思いの他、良かったです。
古参ファンはこれだけでも結構やる価値はあると思います。

その上でまず大まかなゲームデザインですが
初代ピカチュウバージョンに近いですかね。

最初オーキド博士から御三家のポケモンをもらえない代わりに
ピカチュウ/イーブイが最初のパートナーになって
ボールに入らず、主人公と一緒に旅をします。

御三家フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメは
進めてくとサブイベントで入手出来ますので
この辺も昔のピカチュウバージョン同様ですね。

フシギダネなんかはトキワの森に野生で出現しましたので
出現する野生ポケモンも大分変わってるみたい。

ロケット団の設定もアニメからの逆輸入でムサシとコジロウです。
ピカチュウバージョンと一緒ですね。

とまぁ・・・話の流れは
ピカチュウバージョンとよく似ているだけですが
その他のシステムが大分変わってます。

野生ポケモンとのバトルがまず大きく違います。
全てシンボルエンカウントになりました。
これは凄く良いです。

また
野生のポケモンとはそもそもポケモンバトルになりません。
ポケモンバトルはVSトレーナーのみです。

今作の目玉は
Joy-Con(モンスターボール Plus)を振ってボールを上手く当てて捕獲する
ポケモンゲットシステム

だと思いますが
野生ポケモンに対しては捕獲するか逃げるかどちらかです。

僕はこれまでスイッチはTVモードのプロコンプレイが主でしたので
若干ですが、リアルに体を動かすJoy-Conプレイは初めてで
現在進行形で苦戦してます。
・・・が、面白いです。

リアルに体を動かすシステムが組み込まれたゲームは敬遠しがちだったんですが
まぁそこまで激しい動きは必要無いので
本当にボールを投げてゲットする感覚を味わう事が出来てとても良かったです。

上手くボールが当たってゲット出来た時に思わず
「ヨシッ!!」

って声が出てしまう位なので
やっぱリアルの体の動きとゲーム内の動きが上手く連動すると
「より深い体感型のゲームになるんだなぁ」と感じました。

「科学の力ってすげー」
※ちなみに化学の力ってすげーさんも2018年最新バージョンに
 続くセリフがアップグレードされてますよ。
 こういうきめ細かい拘りが響きますね。

ポケモンの捕獲に成功するとパーティー全体に経験値が入ります。
上手い捕獲の仕方をすると経験値ボーナスが増えるのも
良いシステムですね。

この経験値システムだと絶対に捕獲しなくちゃいかんので
どんどんポケモンの数が増えていく訳ですが
今作はメニュー画面からポケモンを逃がす代わりに
オーキド博士の元に送れます。(戻ってこない)

代わりにアイテムが貰えるという形で
上手く捕まえたポケモン達を処理出来ます。

この辺も良く考えられてますねぇ。
上手く考えたもんだと感心しました。

そもそも、今作はポケセンにパソコンが無く
全てメニュー画面の中でポケモンの整理が出来ます。
スムーズにゲームプレイ出来て、この辺も評価出来ます。

他にもポケパルレに相当するポケモンと遊ぶ機能については
搭載されていますが、ピカチュウ/イーブイ限定のようです。

これは人によりけり、残念に思う人もいるかもしれませんね。
初代の151匹とはいえ、他のポケモンをポケパルレ風に愛でる事は出来ない訳ですから。

これは完全に僕個人の好みの話ですが
イーブイ最高に可愛く出来てると思いますよ。

地味に今作におけるポケモンの歴史的転換点としては
初めてピカチュウ以外に鳴き声が電子音から昇格したポケモンが現れた
という所です。

これは凄い事ですよ。
あれはピカチュウ先生の聖域でしたからね。

最後にバトル・育成システムについて
今解ってる段階で書きますと

・特性は無い
・持ち物は無い(メガシンカは出来るようになるっぽい)
・性格はある
・個体値はある(サンムーンのすごいとっくん・おうかんシステムもある)
・努力値はよくわからん
・個別ステータス上げるアメがある(これが努力値アップに相当してるのか?)
・タイプ・技は新しいのまで完備してる
 (初代だけどフェアリー・はがねなどタイプある、新技もあるっぽい)
・技マシンは使っても無くならない(後発タイトルのシステムに合わせてる)

Let’s Go ピカチュウ/イーブイはサンムーンまでの従来の作品と互換無いようなので
ぶっちゃけ対戦要素とか整ってるのか疑問ですが
一応、旧作から対戦もやってきたプレイヤーが気になりそうな要素としては
上記の通りです。

まだあくまでも初期感想ではありますが
とても良いゲームだと思います。

イーブイに癒されながら攻略進めるとします。
まだ試してないですが、当然
ブースター、シャワーズ、サンダースには進化出来ないんだよな・・・

まぁ僕は当然、強さだけでポケモンを選んだりはしませんからね。
進化出来なくても残念だとか思いませんよ。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください