【無双OROCHI3】やり込み完遂 ゲーム記事最終レビュー 超ぶっ飛び無双シリーズOROCHIの3作目!

今回はコーエーテクモゲームズの新作無双!
超ぶっ飛び無双シリーズの無双OROCHI3です。

今回のゲームはこちら。

無双OROCHI3

レビュー

真・三國無双と戦国無双の武将達が夢の競演をする
ネタゲー無双、OROCHIの3作目です。

2018年9月27日発売ですが
無双OROCHI2発売したのが2011年の11月22日でしたので
約7年ぶりの新作OROCHIなんですね。
そんなに久しぶりだったっけか?

ちなみに僕はORCHIシリーズは1だけプレイして2は未プレイでした。
丁度、2発売当時は忙しくて出来なかったんですよね。

という事でOROCHIは超久々ですが
真・三國無双と戦国無双はかなりプレイしてる方だと思いますので
その辺とも比較しながらレビューしていければと思います。

さて、今作OROCHI3では
プレイアブルキャラクターの総数は
無双シリーズ最多の170名!

せ・・・凄絶ッ!(元親風)

バナナの叩き売りがごとき大奮発です。

いや、ハッキリ言ってこんな沢山いても持て余すだろ・・・
ってレベルの武将数。

ちなみに予想通り、
キャラクターは持て余してます。

まぁ、流石にこんな沢山いても
そんなに使えないし、バランス調整も難しいだろうしねぇ。

まずストーリーですが
「オリュンポスとアースガルズの神々と戦う」
というぶっ飛んだストーリーは、好みによるでしょうけども

僕は結構好きでした。

ギャグ的視点から見ても面白いですし
とても疾走感があって良かったと思います。

まぁそもそもOROCHIシリーズは最初から
こんな感じでしたし。

新アクションについては今作は神術が目玉でしたが
神術の迫力と爽快感は素晴らしかったです。

た・だ・し

総合してアクションゲームとしてのやり応えは薄く、
とにかく全員集まれ!的なワイワイゲーだったかなと思います。

一つ目に
ステージ攻略における戦略性が非常に薄いです。

例えばシリーズにもよりますが
真・三國無双では
ステージによっては戦略がとても重要で
上手く計略を成功させたり、敵の計略を阻止しないと
一気にクリアが難しくなるようなステージもありましたがOROCHI3では
計略あるけど、敵味方共にそんなに重要では無いです。

どんな難易度でもプレイヤー武将の力押しでクリア出来てしまいますし
味方武将もやたらと硬いので
敵の計略で追い詰められたりする事があまりありません。

戦国無双では
士気がとても重要で敵の士気を下げる事が攻略のカギでしたが
そういう立ち回り上の戦略性もありません。

2つ目に
正直、難易度はかなりユルいゲームになってるという印象です。

大体旧作から最高難易度は修羅でしたが
今作の難易度 修羅はかなりクリアが簡単でした。

いろんな理由があると思いますが
大きく3つ理由を上げるとすると

・斬属性が壊れ過ぎ
・神術の無敵が強過ぎる
・ステージ上の戦略難易度が総じて低い

まず、武器属性の斬は強過ぎです。
旧作から斬属性強かったですが、流石に今作はやり過ぎ感満載です。

また、キャラクターが無敵化するアクションとして
これまでは無双乱舞・奥義だけでしたが
今作では追加して神術アクション中も無敵です。

全攻撃に属性がつく天攻、天舞なんてぶっ飛んだ武器属性もある為
斬属性付きの無双・神術で暴れてるだけで
極めて低いアクション性で
ラクラク難易度 修羅でも全てクリア出来てしまいます。

ステージ上の戦略性も薄く、味方武将は簡単には敗走し無い為
あんまり何も考えずに武将倒して進んでいれば
ほぼ全ステージクリア出来てしまいます。

流石にアクションゲームとしての
ゲーム性が低過ぎるのではないかと思いました。

元々OROCHIというゲーム自体が
全キャラ集合のワイワイゲー的な側面がありますから
そこまでシビアな難易度を求めるべきではないと思いますが
それにしたって、ちょっとこちら側の性能が
インフレし過ぎではないかと感じました。

バランスの上でも最終的には
キャラクターや武器の攻撃力はほとんどダメージに貢献せず
斬などの属性ダメージがダメージ元の九分九厘を占めてしまう

という所も流石に偏り過ぎかと思います。

こういうバランスだと
「攻撃力とか意味ねーじゃん」
って事になっちゃいますからね。

という事で、物語の疾走感や無双アクションの爽快感は良かったと思いますが
一言でまとめますと

大味なゲームです。

味付けは塩っ☆
みたいな・・・

ネタとしては面白かったですし
とにかく爽快感のある俺Tueeee-的な無双がしたい方は
かなりオススメ出来ます。

逆に
「地に足付いた戦略性を重視した無双がしたい。」
とか
「やり応えのある難易度高めな無双をやりたい。」

って方にはあんまりオススメ出来ないかなぁと思います。

個人的には
ゲームバランスなどの面でちょっと物足りないという
評価になってしまうかなぁという事で、
流石に★4は高過ぎるから★3位が妥当ではないかな。

ゲームデータまとめ

値段7,800円(+税)
たんぶらぁの総合オススメ度★★★(5段階評価:3)
販売はこちら
リンク→公式サイト製品購入 PS4、Nintendo Switch、Steam

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください