コミュ症が生き辛い世界なのは確か

まぁ、そらしょうがないんだけどね。

人間という生き物は進化し過ぎているので
今や究極的には単独では生きられない。

いくら
「俺は自立してる!」

って言う人がいても文明社会で生きてる限り
誰かの仕事の恩恵を受け、生きている。

様々なライフラインとか
およそ文明社会に完備されているテクノロジーは
誰か他の人が仕事してくれているおかげで
自分も恩恵を受ける事が出来る。

そんな人間社会だから
当然、人との繋がりは淡くする事は出来ても、絶ち切る事は出来ない。

学校とか会社とか地域とか
どうしても他の人と関わり合う事が前提の世界になってくるのは
もう仕方が無い事だと思う。

すると確かに
コミュニケーション能力が低い人間、
つまり人と関わり合うのが苦手な人間ってのは
人間社会に生きる上で大きなマイナスだ。

それでも上手く生きていく為には
それを補って余りあるほどの他の才能が必要になってくる。

無職になってから
コミュニケーションについて色んな事を考えたけど
やっぱコミュニケーションが苦手な人間というのは
どうしても大きなマイナスを背負ってるという現実は
いくら目を背けても変えようが無い。

そうすると結論としては
先天的に得意な人も苦手な人もいるだろうけど
人間の普遍的な必須スキルとして考えて
若いうちから鍛えておきましょう。

という事になってしまう。

いやいや、
そういう結論になってしまうのは大変にマズイ。

このブログの看板を自己啓発発信ブログに
切り替える羽目になってしまう・・・

恐ろしい事だ。

さて、改めてどうすれば良いのか?

僕が思うに人の世には常に
人と協調して生きるのが苦手な人というのが少数いる。

それは今の世の中で言い換えるなら
働くのが苦手な人
別宇宙に生きてる人

とかになるのかもしれない。

僕はそういう人達には
無理に社会に進出しなくても良い
仕組みを整えた方が良いのではないかと思っている。

ベーシックインカムのような議論にも
なるのかもしれないが。

僕がそう考えるのは何も
自分自身もダメ人間だからシンパシーを感じて
同じような人に甘い社会にして欲しいとかでは無い。
 
 

いや、ゴメン嘘。
甘い社会になったらすげー嬉しいとは思う。

ただし、それだけではなく
そっちの方が国家としても合理的だと思うからだ。

社会に対して価値を生み出す事が出来ない人というのは
確かに国家として見ればお荷物だ。

しかし現実的に人権を重視する民主主義国家では
まさかこのような人達を排除する訳にはいかない。

独裁の社会主義国ならば
抹殺したり国外追放したり出来るのかもしれないが
日本では無理だろう。

その前提で考えるなら
こういう人達を無理に社会に進出させるコストと
最低限お金をあげて好きに遊ばせておくコストと

どちらが合理的かと考えれば
もう好きにさせておいた方が楽なのではないかと思う。

勿論、別に生き方として推奨はしなくても良い。
ここは重要だ。

性的マイノリティとか菜食主義者とかと一緒で
こういうのは社会のマイノリティだからこそ
とりあえず問題が無い話なので
社会の大多数に膨れ上がったら問題になってくる可能性も高い。

まぁその時にドラえもんの未来の世界のように
AIやロボットが主に働いてくれていて
人間は遊んでるだけで良い社会になっていれば成立するかもしれないが・・・

今の学校教育が良い形であるとは僕は思わないが
子供に対して他者に貢献する心を育むような教育をしていけば
全く他者に貢献し無い人、社会に一切の価値を生み出さない人
というのは突然変異的に出てくる少数に限定されるはずだ。

であれば、その人達は社会的な必要コストとして
最低限生きていけるだけのお金を
無条件であげて好きに遊ばせておけば良いと思う。

ここで大事なのは
感情論で不幸の押し付け合いをしない方が良いという事だ。

「俺はこんな苦労して働いてるのに!」
「アイツは楽しやがって!」

とか言い出すと典型的な
仕事を辞めさせない側の意見と一緒になってしまう。

どうせ資本主義の世界では
有能な人間が普通の人間の何億倍と富を稼ぐのだから、
国家としては変な悪平等感は捨てた方がいいんじゃないだろうか。

そうなると格差は広がっていくだろうけど
僕は別にそういう意味では格差は拡大しても良いと思っている。

要は下の方がぼちぼち幸せになれるなら
上の方が天井知らずでも別に良いんじゃないかと思うからだ。

今の社会は間違い無くコミュ症は生き辛い。

だから自ら改善したいと思っている方は
改善した方が良いとは思う。

将来、あったらあった方が良いけど
まぁ別に無いなら無いで生きていけるよね。

って世の中になったら
僕も生きやすくなって良いなぁと思う。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください