【DQMJ3P】対戦環境雑記-大筋の流行は大体解ってきた-2017.3.10時点

バージョン1.1にアップデートしましたね。
AIで一部の呪文を使わなくなる所が修正されたようです。

モンスター集めも特別配信以外は大体終わりまして

ぼちぼち段位対戦とか潜ってます。

動画じゃ絶対見せられないような
面白みに欠けるテンプレなパーティー(汗)

で段位1000ぐらいまでやりましたので軽く雑記します。

対戦環境まだ初期?ではあると思いますけど
段位1000以上ぐらいは
いつも上位系という感じなので

ここまでやれば大体の環境考察は出来るでしょう。

以下雑記↓

ホント、ライド合体のゲーム。

もうね。
ドラゴンクエストライド合体モンスターズかって位。

DQMJ3時代は
Sサイズ×4のパーティーがトップメタの一つだった訳だけど
時代変わり過ぎ。

DQMJ3時代に流行ってたパーティーの中で
Sサイズ×4すてみパ
Sサイズ×4超こうどう早いパ
Sサイズ×4リバースパ
Sサイズ×4スキップパ

が暴走ザラッキーが規制食らった後の終盤環境の
覇者四天王だったと個人的には思ってるんだけど

究極こうどうはやいライド合体
or
亡者リザオラルライド合体

が流行ってるせいで
こちらもライド合体を駆使しないと全然勝てなくなりましたね。

過去のSサイズ流行パも使ってみたけど
ことごとくライド合体モンスターに蹂躙される。

ギリ
寝に持つみがわりだけは奮闘してるけど・・・

リバ、スキップも
太陽のカガミという特性が登場してしまったので
対策されてるとあんまり安定しない。

また大型ライド合体モンスターのステ振りによっては
先手取れたり、行動制限しても
そもそも突破が出来ないっていう問題もあり余計安定しない。

はじまりの守護者はとにかく多い!
亡者、根に持つ以外は大体付いてると言っても良い。

どれだけインフレしてるんだよって話だけど
環境のバランスが悪くないか?

そんなこんなもあってアストロンやだいぼうぎょは相変わらず現役。

ライド合体モンスターは
究極こうどうはやい
亡者リザオラル
斬鉄
はじまりの守護者
フォースドハック

以上の単語ぐらいで大体説明出来る気がする。

究極こうどうはやい
の他に
斬鉄も多い。

亡者型は
ノーガード
オーバーチャージ
背水の陣
絶対会心
絶対呪文会心

辺り。

反撃ののろしも割と見た。
相性良いよね。

みちづれのワルツも
昔よりはるかに見るようになったけど
大型同士の対決が多いからアリって事でしょう。

後、フォースドハック。

結構チート臭い。

モンスターズは眠り、麻痺、混乱食らった時点で
特別な対策してない限りはほぼゲームセットっていう

ガチポ○モン勢が聞いたら発狂必至な状態異常の設定なので
耐性貫通のフォースドハック→状態異常撒きで即機能停止する。

属性攻撃や即死も通るようになるから突破も容易になるし。
1コンボ食らった時点で対策してなければゲームセット。

1コンボ、1ターンでキルのゲームバランス過ぎて
結構、殺伐とした環境だと思う。

・・・いや昔からそうだったか。

段位上げ的には対戦スピードが速いんでラクだとも言えるけど。(笑

昔と変わったのは
幻魔の獄でMP削り耐久大型
はいなくなったかな。

まぁあれは元々Sサイズ根に持つのメタで
生まれたギミックだから

そもそもライド合体ばっかりの環境には
即していないんだろうけど。

というかゲームバランス上、矛の方が強すぎるので
そんな事狙っても、締め付けが効いてくる前に終わる事が多い。

ライド合体していないモンスターは
みがわり
寝に持つタイプ
亡者
はじまりの守護者

で大体説明出来る。
後はいろんな大型のサポート。

まぁ今のところ、Sサイズ×4構成だったとしても

寝に持つみがわり2枚張りにして

斬鉄かフォースドハック持ちの
行動回数多いMサイズライド合体の方がよっぽど強い。

寝に持つ2枚張ればいてつくはもん1回じゃ
突破出来なくなるし。

結局ライド合体モンスターのキル性能が高すぎるから
これを1回動かして、ピンポイントのメタが飛んでこなければ
ゲームセットに出来る。

さすがにこれじゃちょっと味気ないので
まだ環境初期だからライド合体しか開発されていない
という事を信じて頑張りたいですね。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください