【戦国無双5】怯み耐性も付く豪快な武器 武器種別アクション解説「大身槍編」

敵がこの武器持ってると
怯み辛いのでウザいです。

武器別のアクション解説です。

初めに

共通アクションは主に
神速攻撃
通常攻撃
チャージ攻撃

の3種類になりますが
チャージ攻撃以外はどの武器種も
ほぼ一緒ですので
(無双シリーズは大体そんなもんだが)

チャージ攻撃についての解説になります。

なお、武将固有の
チャージ攻撃アクションは
武将ごとの紹介記事で記載します。

武器種別の閃技についての紹介は
閃技だけ抜粋して別記事でまとめて
いますので、閃技については
そちらをご覧下さい。

チャージ攻撃は通常攻撃1回からの
連携攻撃をチャージ1として
以下順に記載します。
(戦国は最初にXボタン押すと
 神速攻撃になりますので)

チャージ1

連携に繋がらない斬り上げ攻撃。

単発ですが武器が大きいので
範囲広めです。

真横ぐらいの敵もまとめて
攻撃に巻き込みます。
連携の出だし用かな?

チャージ2

薙ぎ払いから柄を
地面に叩きつける二連撃の
気絶攻撃です。

ボタン押す回数は1回だけですが
攻撃は薙ぎ払いから

地面に叩きつける気絶攻撃の
2連撃です。

これも範囲広め。

チャージ3

薙ぎ払いからの連続攻撃です。

横薙ぎ攻撃から

自身の周りで槍を回す
2回攻撃を行い

最後に叩きつけへと繋げます。

性能だけみると
チャージ4以降の方が
おすすめですが
アクション自体は結構
カッコいい連携ですね。

チャージ4

斬撃を飛ばす遠距離攻撃連携です。

突き攻撃から入り

吹き飛ばした敵に
追撃する形で薙ぎ払いの
斬撃破を放ちます。

2回斬撃を飛ばしますが
遠距離攻撃となりますので
離れた場所から武将を
攻撃する事も可能です。

チャージ5

連打の回転斬り攻撃です。

シンプルですが強力な
ボタン連打の連携攻撃で
グルグル回転しながら前進して

最後に叩きつけでフィニッシュ。

通常攻撃5回予備動作として
必要になりますが
攻撃範囲が広く、威力も高いので
おすすめのチャージ攻撃です。

チャージ6

叩きつけからの3連撃。

叩きつけから

斬り上げて

最後は柄を地面に叩きつける
攻撃アクションでフィニッシュ。

チャージ6にしては地味かな・・・

まぁまぁ威力は高いですが
予備動作の通常攻撃回数が
多く必要になりますし、これを
使うぐらいならチャージ5で
十分だと思います。

終わりに

一応武器特性で怯みにくい
という特殊効果がありますので
攻撃を止められる事は少ないですが
攻撃速度が遅いので、他の武器以上に
武器技能で攻撃速度は必須ですね。

アクションが豪快で中々良い
武器に仕上がってると思います。

この武器持ってる敵武将は
より一層怯み辛くなるので
敵だと厄介な武器でもあります。


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください