【ドラクエ3 PS4版】そして伝説へ至る攻略物語 第11章 本格的にオーブ集め

ありがとう商人。

前回までのあらすじ。
最後の鍵をゲット!

前回、最後の鍵をゲットしたので
これで地上世界は
どこでも行けるようになりました。
本格的にラーミア復活の為の
オーブ集めの始まりです。

攻略の順番としては
やはりボス戦がある所は
念入りに準備を整えたいから
後回しにしたい。

バラモスを除き地上世界のボスは

ジパングのヤマタノオロチ
サマンオサのボストロール

この2体だけだったと思うんですよね。
ジパングとサマンオサは後回しだな。

オーブの入手場所は大体覚えてるんで
必要無いですが、様式美として
やまびこの笛取りに行きますか。

サマンオサのやや南西にある塔です。

Ⅲではオーブある場所を
教えてくれるだけの貴重品なんで
正直取らなくても良いんだけど。

FC版と違って
ちいさなメダルも入手出来ますから
やまびこの笛使わなくても
行く必要がありましたね。

では本格的にオーブ集めです。
まぁ、簡単に取れる所から行きましょう。

やまびこの笛がある塔から
さらに南下して海賊の根城に。
まずは一つ目。
レッドオーブゲット!

FC版同様に基本的には
レッドオーブがあるだけの場所ですね。

最後の鍵を取ったので
テドンの村に再度行って
グリーンオーブも取りましょう。

二つ目。
グリーンオーブゲット!

ちょっと、寄り道も。
最後の鍵が入手出来てるので
忘れずに宝も回収しましょう。
ロマリアに戻って宝物庫へ。

風神の盾アサシンダガー
入ってました。

アサシンダガーはともかく
風神の盾は素晴らしい!

FC版は無かったよね。
風神の盾はⅣから初導入された
防具だったと思います。

今ではあの特徴的な見た目の盾で
お馴染みのドラクエ防具になりました。

世界中回ってる途中でこんな所も。

そう言えばありましたね。
こんな場所も。

Ⅲでは4つの岩の中心地点に
世界樹の樹があるって事で
調べると一つだけ
世界樹の葉が取れるんですよね。

1回だけザオリク使えるから
勇者に持たせておきましょう。

一人で探索する必要がある
地球のへそは後回しにして
次に簡単に取れそうなオーブで
商人の町行っておくかな。

まずはルーラ地点を確保する為
商人の町に一番近いスーの村へ。

こやつが小学生時代に
僕が散々苦しめられた
浅瀬情報を教えてくれる
しゃべる馬エドですね。

何故この馬はしゃべるのか?
謎のままです。

アリアハンに帰還して
商人を雇いましょう。

初の男です。
パーティーを外れても
彼には幸せになってもらいたい。
そんな願いを込めて
タネを注ぎ込み、性格はしあわせものに。

※名前はスルーで。

早速、スーにルーラして
最短距離で商人の町に直行。

レベル高いからトヘロスにより
戦闘無しで行けます。
レベル1装備無しで問題ありません。

商人を死なせずに連れてくのが大変

ってのがよくある事例なんですが
勇者のレベルが高ければ余裕ですね。

イケニエ ココ オイテイク。

オークかゴブリンかな?

せやな。
アリアハンからルーラでスーに飛んで
トヘロスで0戦闘で直行したから
30秒ぐらいの付き合いだったけど・・・

こんな事言ってくれるなんて
良いヤツだな。

と言う事で後は時間が経てば
イエローオーブは取れるでしょう。

Ⅲの商人って職業は正直
このイベントの為だけに存在してるような
超不遇の職業なんですよね。

遊び人はまだ賢者に転職出来る
メリットがあります。

他の職業は普通に戦闘で使えます。

そんな中、商人のメリットって
ほぼ無いんですよ。

SFC版以降は
あなほり、おおごえ
という専用じゅもん覚えたし
専用武器もあるので
僅かに性能が上がりましたが

FC版はそりゃもう悲惨でした。

でも女商人は
かなり可愛かったですよ。

バトルでのメリットは
ほぼ無いかもしれませんが
せっかくなので
商人パーティーでも作って
クリア後のやり込みでは
使ってあげたい所ですね。

という訳で
今回はここまで。
次回に続きます。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

ブログランキング参加してます。
良かったら今後の記事の参考に
「ポチッとな!」でクリックがてら
以下の質問に、ご意見頂ければ幸いです。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください