【戦国無双5】強化状態でアクションが強化されるチャージ攻撃押しの武器 武器種別アクション解説「籠手編」

チャージ攻撃が特に重要な武器です。

武器別のアクション解説です。

初めに

共通アクションは主に
神速攻撃
通常攻撃
チャージ攻撃

の3種類になりますが
チャージ攻撃以外はどの武器種も
ほぼ一緒ですので
(無双シリーズは大体そんなもんだが)

チャージ攻撃についての解説になります。

なお、武将固有の
チャージ攻撃アクションは
武将ごとの紹介記事で記載します。

武器種別の閃技についての紹介は
閃技だけ抜粋して別記事でまとめて
いますので、閃技については
そちらをご覧下さい。

チャージ攻撃は通常攻撃1回からの
連携攻撃をチャージ1として
以下順に記載します。
(戦国は最初にXボタン押すと
 神速攻撃になりますので)

チャージ1

この武器は強化状態になる事で
アクションが強化されます。

各チャージごとに
通常状態と強化状態の二種類に
分かれますので両方記載します。

アッパーによる打ち上げから

かかと落としに繋げる連携です。

強化状態ではかかと落としが
強化されます。

強化状態での攻撃は
もっと上のチャージを使用した方が
良いと思いますが、籠手の場合
チャージ1は武器特徴上重要です。

強化状態になるには一度
チャージ攻撃をする必要がありますが
手っ取り早く強化状態に入る為に
優秀なのがチャージ1~2あたりです。

チャージへの繋がりが早く、
威力などの性能を度外視しても
強化状態への移行技として使えます。

敵のいない所で適当に振っても
良いですね。

チャージ2

地面を殴りつける振動で
敵を気絶させる攻撃。

チャージ1同様に発生が早く
簡単に強化状態へ移行しつつ
相手を気絶状態に出来ます。

強化状態へ移行する為の
チャージ技として優秀です。

強化状態ではジャンプして
火炎を飛ばす攻撃が追加されます。

まぁ強化状態での攻撃は
基本的に使わなくて良いでしょう。

チャージ3

瞬時に移動しながら
正拳突きを連続して繰り出します。

かかと落としから攻撃がスタートして

移動しながら2回突きます。

強化状態だと突きが強化。
火炎が追加されて
威力と範囲が広がります。

籠手のチャージ攻撃にしては
珍しく攻撃範囲が広いので
対雑魚戦でおすすめです。

チャージ4

連続蹴りから掌底波動に繋ぎます。

連続で敵を蹴って

最後に強力な波動拳みたいな
攻撃で締め。

完全に単体攻撃みたいな
範囲の狭い技ですが
単体への威力は最強です。

強化状態だと
波動拳が連続ヒットします。

波動拳が真空波動拳になる
みたいな感じですね。
(ストリートファイター的な
 例えだと。)

単体へ攻撃性能に優れてるので
対武将戦では強化状態の
チャージ4を使っていきたいです。

終わりに

チャージ攻撃をすると強化状態に
移行してアクションが変化する
面白い武器特徴を持っています。

武器特徴がしっかり機能しますので
本作では優遇された武器ですね。
(武器特徴がほとんど死んでる
 武器種もあるぐらいなので)

得意武器の無双武将も
オリジナルのみつきや
今作から初登場となる人気の高い
武将の弥助となってますので
武将キャラと合わせて
使うプレイヤーも多い武器種かと思います。

基本的には
チャージ1~2 強化移行用
チャージ3~4 強化使用用
という使い分けにするのがおすすめです。

チャージ1~2は攻撃性能目的ではなく
強化移行用として割り切って
使っていくと良いですね。

強いて武器の難点を上げるとしたら
攻撃の回数が多くて速いので
狙ったチャージ攻撃を出し辛い所ですね。
(汗)

ちゃんとボタン押す回数しっかり
計算しておけば良いですが
適当に連打していると、狙った
チャージ攻撃が出せない時もあります。

また通常攻撃回数が極めて多い武器です。
今作では武器技能の属性が
通常攻撃にも乗りますので
通常攻撃を連打するだけでも
属性でかなりの火力が出ます。


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください