【聖剣伝説 Legend of Manaリマスター】あの懐かしのゲームをもう一度シリーズ 1999年に発売されRPGマニアを熱狂させた異色の聖剣伝説シリーズ再び!

子供の頃に一番プレイ時間多く
やり込んだRPGじゃないかと思う。

「あの懐かしのゲームをもう一度」
シリーズ!という事で
やっていきたいと思います。
どうも、皆さんたんぶらぁです。

今回は2021年6月24日に
リマスター版が発売されました

聖剣伝説 Legend of Mana

こちらのゲームの記事を本記事から
書き始めたいと思います。

最初ですので簡単にレジェンドオブマナの
紹介とリマスター版で変わった点など
初期レビューから始めます。

※本ブログで紹介するゲームは
 基本コンセプトの「日本関連ゲーム」
 となっていますが、一部例外として
 古い作品で思い入れのあるゲームを
 紹介しています。

1分でわかる聖剣伝説レジェンドオブマナ紹介

1999年にPS1で発売された
聖剣伝説シリーズの4作目です。

聖剣伝説シリーズは
ファイナルファンタジー
の外伝からシリーズが始まった
スクウェア(現在はスクエニ)
の有名RPGシリーズの一つです。

レジェンドオブマナはタイトルこそ
聖剣伝説と名が付いてる4作目ですが
タイトルにナンバリングが無い事から
分かる通り派生作品みたいな扱いで
これまでの聖剣伝説シリーズとの
関連もほぼありません。

自分も実は聖剣伝説シリーズは
それほど多くプレイしてるわけでは
ありませんでしたが、特に関連性が無い
本作はたまたま学生時代に出会って
ドハマリする形になりました。

聖剣伝説シリーズは基本的に
アクションRPGですが
本作もゲームジャンルはアクションRPG。

主人公は数多くの武器種を
使い分けることが出来て
魔法や技なども実に豊富なゲームです。

圧倒的な
やり込み要素の多さ

が本作のウリでして
強い装備など作ろうとする際には
非常に複雑怪奇なシステムを
いくつも組み合わせて
やり込み攻略していく必要があります。

当時、自分の学生時代はまだ
ネット環境もそう豊富では
無い時代でしたから

超ブ厚いリアルの攻略本を片手に
付箋を貼りまくってやり込みテクを
覚えていたような思い出がありますね。(笑)

やり込みを前提に考えた場合限定ですが
非常にシステムが複雑で
かなり難易度が高いです。

そんな圧倒的なやり込みの
奥深さも本作の魅力ですが
同時に幻想的で異色な
世界観も本作の特徴の一つです。

まるで絵本の中を冒険しているような
幻想的なワールドイラストデザインです。

魅力的なBGMとセットで魅了された
プレイヤーも多いのではないでしょうか。

キャラクターや
ストーリーもかなり独特です。

何もない世界にアーティファクトを
自分の置きたい場所に置き
町やダンジョンを自分で作って
冒険していくという設定は
当時から「斬新だなぁ。」と感心した
記憶がありますね。

このアーティファクト(エリア)の
置き方一つ取っても様々な
テクニックがありますので
とても奥が深いゲームです。

リマスター版の変更・追加要素

HDリマスターで全体的に
画像が綺麗になっている点や
ロードが早くなってる点の他に
大きな追加点としては
エンカウントOFF設定が追加されました!

これは神がかかってます。

レジェンドオブマナは戦闘で
逃げることが出来ず、
エリアチェンジするだけで
すぐ敵が復活してしまいます。

敵は固定位置に配置されており、
戦闘回避出来ない為
「戦闘避けられないのがちょいウザい。」

という点が数少ないマイナス要素でした。

しかしリマスター版ではここが改善されて
いつでもメニュー画面から
エンカウントOFF設定出来ます。

こうするとフィールド上の
雑魚敵は一切エンカウントせず
そのまま通り過ぎる事が出来ます。

敵がそのままボーッと突っ立ってる
状態になるので旧作からプレイした
事があるプレイヤーから見ると
かなりビックリするシュールな
光景になりますね。(苦笑)

このゲームは道間違って引き返すだけで
何度も同じ敵と戦闘するはめに
なってしまいましたから戦闘を
自由に回避できるようになった点は
素晴らしいと思います。

他にもある程度ゲーム進めてから以降は
ミニゲームが解禁されて
ミニゲームでもレアアイテムを
集めることが出来るようです。

レジェンドオブマナのリマスター版は
そこまで大きなストーリーやシステムの
追加はありません。

・・・が細かいロード時間の短縮や
エンカウントOFF機能は
やり込みプレイヤーには大変ありがたい
変更要素になってると思います。

欲を言えば
倍速戦闘・倍速移動などさらなる
サクサクシステムを追加して
欲しかった所ではあります。

まとめ

ちょうど自分がこのゲームを
原作PS1版でプレイしたのは
たしか中学生ぐらいの頃だったと
記憶していますが、ぼちぼちもう
いい感じにゲーマーやってて
色んなゲームをやり込みプレイ
していた年齢でした。

そんな中でも多分このゲームは
あの頃一番やり込んだ
(プレイ時間多かった)RPG
だったのではないかと思います。

・・・まぁとにかくやり込み要素が
ブ厚いんですよ。

良い素材手に入れるのも
大変だった記憶がありますし、
素材使って良い装備作るにしても
相当難解なテクを要した記憶があります。

しかし2021年の今改めてプレイしても
全く色あせない名作中の名作RPGです。

是非興味ある方はこの機会に
プレイされてみてはいかがでしょうか❓


Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください