【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】『難易度神攻略向け』暗黒政策考察 ☆1~5

現実でもよく聞く言葉が多いです。

暗黒政策の能力を考察していきます。

初めに

以下
【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】
『難易度神攻略向け』記事の
基本趣旨の説明となります。
初めての方は最初にお読み下さい。

※本系統の記事は全てシヴィ6の
 難易度神(シングルプレイ)を想定した
 いわゆる高難度向け攻略記事です。

 拡張パックとアプデ情報は以下の通り。
・拡張パック 嵐の訪れ
 (文明の興亡込み)

・アップデート 1.0.0.341 2019/9/11更新
 (ニューフロンティアパック導入以前)

数値の記載は全て
ゲームスピード標準です。

修道院制度

まぁワイルド枠まで使って
付ける必要はほとんど無いかな
というのが正直な感想です。

マイナス効果は全都市に
問答無用でかかるのに対して
プラス効果はあくまでも
聖地区域がある都市のみ。

しかも科学力ですからね。
聖地区域とキャンパス区域が
両方ともある都市だったら
かなり期待値は高くなりますが
この政策が使える時代に
そこまで整えるのは難しい
でしょうし・・・

審問

☆☆☆

宗教戦闘力+15は
シヴィ6のあらゆる能力と
比較しても最強です。

神学戦争に特化する場合は
かなり強いですが、
同時にデメリットもキツいので
難しい政策です。

孤立主義

☆☆☆☆☆

古典時代の最古から使える
暗黒政策で一番強いのがこれ。

開拓者を作れず、新しい都市を
作れなくなりますが、
新しく都市増やさないタイミングで
特化してこの政策付けておけば
デメリット無く、交易路が
大幅に強化されます。

特に古典時代など古い時代は
ロクに生産力増やす手段も無い
ですから、古い時代に一つの都市を
特化して育てる場合に有効。

遺産の建設にもオススメです。

黄昏の武勇

☆☆☆☆☆

デメリットがややキツいですが
使いやすい軍事ユニット強化政策。

寡頭制と組み合わせると
近接系は戦闘力+9となり、
時代一つ先ぐらいの強さに。

古い時代の近接戦に特化するなら
良い政策だと思います。

私掠免許

☆☆☆☆☆

海洋略奪に特化する場合に限り
超強力な政策です。

脅威の生産力+100%!

この政策の強い所は
通常の海洋軍事政策と重複する所。

強制徴募など基本の海洋ユニット政策
と組み合わせれば
超速で私掠船が出来上がります。

海洋略奪の固有ユニット持ち文明は
特に相性が良いですね。

泥棒貴族

☆☆☆☆☆

産業~原子力時代で
最も汎用性高く使える暗黒政策。

特に工場都市の生産力+25%が
かなり強力ですね。

快適性が大幅に下がるので
快適性ボーナスは維持出来なくなる
と思いますが、それでも
生産力の+補正が大きいので
生産力に特化すれば、
凄まじい生産力補正になります。

精鋭部隊

ほぼ使わなくて良いかと。

いや、確かに経験値2倍は
強いですけど、
それでもデメリットキツイです。

維持コスト半端なく増えますし
そこまでして経験値2倍は
いらないと思いますね。

労働の無人化

☆☆☆☆

忠誠心マイナスは他都市と
接近してる場所以外なら
そこまで困りませんから
実質上、快適性マイナス1だけで
使用出来ます。

科学勝利の際に相性が良いですね。

後はブラジルはプロジェクト強いので
相性が良い政策です。

サイバー戦争

☆☆☆☆

最後まで軍事優先で
戦争していくなら優秀な政策。

戦闘力+10は上昇値としては
極めて高いです。

ゴリゴリの覇権主義でいくなら
不平が減少しないという
デメリットも無いようなもん
ですので、デメリット薄い点も
この政策の強みですね。

ならずもの国家

☆☆

某国が頭に浮かびますね。

核開発に特化した能力という事で
恐らく現代で現実にある国を
意識した効果だと思います。

デメリットの影響力ポイントは
この時代ではあまり必要ない
でしょうから、核に特化する場合に
短い期間だけ付けておくなら
良いのかもしれません。

フェイクニュース

放送センター一つにつき、
という条件がキツいので
いらないと思います。

フラワーパワー

☆☆☆☆☆

上手く使うとエグい政策。

ロックバンドを大量に作った上で
付けるのが理想的な流れ。

ロックバンド自体が運ゲー寄り
とはいえ、強力なユニットなので
観光力2倍にすると、とてつもない
文化勝利への貢献度になります。

まとめ

暗黒政策はかなり
使える政策と
使えない政策の差が
ハッキリ出てる印象です。

僕自身、一度も使ったこと無い
暗黒政策も結構あります。

生産力を高める系の政策は
他で中々代替え出来ないので
デメリットきつくても
比較的強いと思われます。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください