【シヴィライゼーション6 嵐の訪れ】難易度 神 中国 プレイレポ#25 必然の共産主義?【動画アリ】

さよなら不朽

前回の続きから。

動画

ちょっと解説レポ

ルネサンスも終盤です。
不朽の公約は産業以降は
無くなってしまいますので

早いとこ鉄道網を整備します。

元エジプト領から先に
鉄道整備始めた為、名古屋あたりは
完璧に鉄道が整備されました。

こうなると移動力は申し分ないです。

僕は特に移動力高いのが好きなので
鉄道とロジスティクス政策の
コンボが大好きですね。

移動コスト0.25だから
基本移動力2のユニットが
国内移動開始だとなんと
12タイルも移動出来るのだ!

(すごい)

後続で生産したユニットを
前線に動かすのもスムーズだし

宗教ユニットや労働者の
国内移動も超便利。

時代変わってから
スコア稼ぐ為に少し
階級闘争解禁タイミングを調整して
いよいよ産業時代へ。

黄金時代です。
(当然のように)

フル黄金時代だね。

さて、ここまでは
ずっと不朽で来ましたが
産業時代以降はもう利用出来ません。

この時代の公約では
一番安定するのは蒸気の鼓動かな。

って事で蒸気の鼓動を選びます。

この時代まで来てこの公約取ると
キャンパス区域も強くなるんだけど
あんまり作ってないので
利用できる都市は少なめです。

どちらかというと遺産プラス10%が
活用できそう。

政策と重複するので
摩天楼と合わせて25%生産力上がります。

遺産偉人にも適応されるので
うまくこの時代で遺産偉人使えば
産業時代の遺産を2~3個取れそう。

そして167ターン目で
階級闘争が完了。

階級闘争は必然として
プロレタリアートによる
独裁に至る。

共産主義の中国が誕生します。
(特に違和感はない)

次回に続きます。


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください