【ファイアーエンブレム 風花雪月】ハード・クラシック 各章攻略解説 白雲の章 堅琴の節 追憶の風景 その1

楽しい楽しい生徒育成の始まり

2章です。

白雲の章 堅琴の節 追憶の風景

この章から授業が開始され
本格的にスタートとなる章です。

軍資金などかなりカツカツな
スタートになりますので
お金の使い方、キャラの育成など
慎重に進めていきましょう。

ショップ解禁

このタイミングでショップ解禁
(武器屋、道具屋)されます。
誕生日プレゼントで花を贈っており
変に食材とか素材売って無ければ
この時点で3,100Gのはずです。

この超貴重な軍資金の活用が
とても重要になります。

まず道具屋でオススメはのは
ダントツで装備の

鉄の盾

です。

最初は武器以外の装備は
まだ主人公の誕生日プレゼント以外
手に入って無いはずなので
装備候補として考えられます。

重さ2増えてしまうので
攻速を気にしない
重いタンク向きですが
守備高いキャラは
鉄の盾込みで最初から
敵の物理ダメ0に抑える事も
不可能では無いです。

守備二ケタ以上のタンク役には
購入してあげましょう。

毎月在庫3しかありませんので注意。

最初の金策をサポートする
オススメ方法ですが

主人公と生徒達が持ってる
傷薬を売ってしまう事です。

ぶっちゃけ傷薬は持ってる本人の
HP10回復するだけでかなり
しょぼい回復アイテムです。

難易度ハードの敵ダメージでは
最初っから回復力不足のアイテムなので
売ってしまっても良いでしょう。

この時点での傷薬消耗度にもよりますが
10個以上は使用回数3の傷薬が
余ってるはずですので1000G以上
収入プラスにはなるはずです。

これは最初はかなりデカいです。

次に武器屋の購入オススメを
紹介します。

まず武器全般全てですが
今作は

訓練用装備が
超強いです。

威力こそ最弱ですが
序盤では重さが軽く、
命中率が高い為
正直、訓練用装備の方が
鉄装備より安定してるぐらいです。

ダメージがシビアな
ハードのファイアーエンブレムでは
1発攻撃外しただけで
大ピンチになります。

命中率80%でも
ポケモンのハイドロポンプ並の
命中率だと言われれば
どれだけ不安定か解るでしょう?

85%ですら、だいもんじ並の
命中率と言われるといきなり
不安になってきます。
(ポケモンネタですみませんが)

多少、威力抑えてでも
命中安定100の方が
使いやすいと思います。

速さが高めのキャラは
訓練用装備で攻撃回数を
倍に増やしやすいので
ぶっちゃけ訓練用装備で
攻撃した方が火力が増えたりします。

凄いですね。訓練用装備。
序盤は重い鋼装備よりよっぽど強いです。

ですので、各キャラの得意武器で
訓練用装備を買ってあげると良いです。

鉄装備と訓練用装備を
敵の残りHPと相談して使い分ける事で
今後の戦闘がかなり安定します。

まぁ訓練用装備は耐久力も高めで
お値段も安いので
使い潰す用の武器としてもオススメ。

ただし、弓については
ショートボウ

というさらに強い武器があるので
弓D以上の得意キャラは
最初からショートボウにしても
良いですね。

訓練用装備全般以外のオススメは
遠距離武器です。

手斧
手槍
弓(特にショートボウ)

お金使い果たす勢いでも
構わないので出来るだけ
購入しておく事をオススメします。

手槍や手斧は
シリーズ恒例の遠距離武器ですが
これがあると
槍キャラや斧キャラが
序盤から遠距離攻撃出来るようになり
攻撃の選択肢が大分増えます。

今作では主人公の隣接マスを
死守して攻撃する事で
レベリングにも貢献します。

今後のステージで
宝箱やドロップでゲット出来たりも
しませんのでどんどん買いましょう。

主人公や弓の得意適正があるキャラは
弓多めに買っておいても良いです。

特にショートボウは重さ軽くて
近接マスにも攻撃出来る神武器です。

今作では壊れた武器も
後に修理出来るようになりますし
強化する事も出来るので

後の強化も見据えて
手斧
手槍
ショートボウ

この3種の神器は
揃えておきましょう。

5/11 行動選択

章の頭という事で散策しか
選べません。散策に行きましょう。

主人公の誕生日設定が早ければ
この時点で魅力+2のプレゼントを
もらえているはずです。

初期魅力が高めのキャラに
装備させてあげましょう。
今作の魅力は計略に影響しますから
騎士団解禁以降は役に立つはず。

この章で解禁される一つ目の要素は
スカウトです。

選んだ学級以外の生徒や
後々には生徒以外のキャラも
パーティーに加える事が出来ますが

個々のキャラにより
スカウトに影響する要素が
違いますので、条件を把握して
スカウトを考えていきましょう。

最初はどの生徒もスカウト出来ませんが
スカウト条件を把握する為に
ダメ元で全生徒にスカウトしてみると
良いと思います。

僕が考える序盤の生徒
オススメスカウト候補を紹介します。

イグナーツ 技 指揮

要求が技ステと汎用で使える指揮なので
序盤から上げやすくて
加入条件を満たしやすい。

ローレンツ 理学 魅力

魅力ステはお茶会解禁以降は
伸ばしやすい。
薔薇が好みなので、
序盤から栽培で好みの
プレゼントを確保しやすい。
合唱練習が得意なので
合唱練習で支援値を上げやすい。

ドロテア 指揮 魅力

要求される要素が二つとも汎用で
上げやすい。
合唱練習が得意なので
合唱練習で支援値を上げやすい。

ベルナデッタ 力 弓術

主人公は力ステが最初から
高めなので勧誘しやすい。
一緒に料理が得意なので
料理で支援値を上げやすい。

フェリクス 剣術 速さ

主人公は剣術が最初から
高めなので勧誘しやすい。

レオニー 力 槍術

主人公は力ステが最初から
高めなので勧誘しやすい。

アッシュ 槍術 魅力

魅力はお茶会で序盤から上げやすい。
一緒に料理が得意なので
料理で支援値を上げやすい。

リシテア 魔力 信仰

ぶっちゃけスカウト要素は
序盤の主人公に適してないが
天才持ちなので、出来るだけ早めに
スカウトして自分で育成したい。

アネット 魔力 理学

合唱練習が得意なので
合唱練習で支援値を上げやすい。
要求される要素は
序盤の主人公にマッチしてるとは
言い難いがドロテアやリシテアを
引き込む動きをすると
一緒にスカウト出来たりする。

この辺が序盤の生徒スカウトとしては
候補になります。

馬術、重装、飛行

を要求してくる生徒は
正直、序盤からのスカウトには不向きです。
主人公はこの3つを序盤から上げ辛い為。

自分が選んでない学級の生徒で
1~2人ぐらいは序盤から引き込む目星を
付けて今後の行動を考えると良いですね。

ドロテアなんかは
大分スカウトしやすいので
アドラークラッセ選んでない場合は
特にオススメです。

要求する要素をあまり満たしてなくても
主人公との支援値が高ければ
スカウト成功率は上がります。

これをうまく利用する事で
ローレンツアネットなんかも
かなり引き込みやすいですね。

ローレンツは薔薇の大量栽培に
成功すればすぐスカウト出来ます。

リシテアはスカウトし辛いですが
天才は早めに自分で育て始めた方が
メリットが大きいので
ヒルシュクラッセ以外の学級選択した場合は
リシテアを最短で落とすムーブ
仕掛けていくのもオススメですね。

プレゼント解禁されたら
甘い物や可愛い物を貢いで
支援値を上げましょう。

次のこの章の散策で解禁される要素に
騎士団があります。

騎士団は設定するだけで
キャラのステータスを増強してくれる
今作の超重要要素です。

最初はクエスト報酬で
3つしか騎士団手に入りませんが
しっかりと設定しておきましょう。

主人公や級長など
魅力高めのキャラに最初は
設定しておくと良いと思います。

特にジェラルド傭兵団の
一斉突撃の計略は
序盤の主力砲になります。

この章から新たに時間消費の行動が
二つ追加されます。

一つが一緒に料理です。
これは選んだキャラと主人公の
支援値をアップさせて
その月だけステータスを上げる行動ですね。

料理が得意なキャラを選択した方が
もらえる指導ポイントが増えますし
この行動でキャラのやる気は増えませんので
パーティーメンバーかどうかには
拘らずに

料理得意なキャラを選びましょう。
料理得意な生徒の中で特に
ベルナデッタ、アッシュは
そこそこ序盤からスカウトしやすい為
この二人のスカウトを序盤から
狙う場合は、行動として選んでも
良いと思います。

そしてもう一つが合唱練習。

こちらは二人のキャラを選んで
主人公との支援値をアップさせ
さらに3人の信仰を増やして
主人公だけは指揮も上げる行動です。

ただし!
ぶっちゃけ信仰と指揮の増加は
微々たるもんでオマケみたいな感じ
ですので、基本的には

・選んだキャラとの支援値増加
・指導ポイントの増加

の行動だと割り切った方が良いですね。

合唱得意なキャラを選んだ方が
指導ポイントが増える為
基本的にはこちらもパーティーメンバー
かどうかには拘らずに
得意なキャラを選択しましょう。

合唱得意な生徒の中で
ドロテア、ローレンツ、アネット

の3人は序盤からのスカウト向きです。

フェルディナントは重装要求されるので
序盤不向きですし、ヒルダはそもそも
スカウト解禁が遅いです。

生徒以外のキャラでは
マヌエラさんも得意です。

マヌエラさんは一緒に料理と
合唱練習が両方とも得意なので
早めにスカウトしたい場合は
マヌエラさんに唾付けておいても
良いと思いますが
彼女は今後のイベント上、
スカウト可能になるのが少し遅いので
最短のスカウト向きでは無いですね。

次に2回目以降の温室栽培ですが
運が良ければ、レア度☆3以上の
花の種を拾えてると思いますので
花の種があれば、ひたすら花の種を
栽培するのがオスススメですね。

序盤からプレゼント用の花を手に入れやすく
生徒達のやる気をコントロールしやすいので
花栽培が一番オスススメ。

育成は常に可能なだけお金かけましょう。
それだけのリターンはあります。

この時点の指導レベルでは
300Gの育成しか選択出来ないと思います。

ショップで装備整えてから
300Gは残しておくと良いですね。

この散策での時間消費ですが
行動2のはずですので
1回はご飯に誘うを選びましょう。

これで好きな料理の自学級生徒を
また二人選べば

1章の料理とMVP合わせて
5人の生徒のやる気を
授業開始前に100に出来ると思います。

運よく主人公との支援イベントが
発生してる生徒がいれば
さらにやる気最大の生徒が
増えてる可能性もありますが。

ここからスタートすると
今後の授業の個別指導に無駄がありません。

もう1回の行動は
一緒に料理と合唱練習のどちらかで
スカウトしたい生徒がいる方を
選択しましょう。

今回の僕の場合はアドラークラッセ
スタートでリシテアを早めに引き込む
ルートを取りたかった為

信仰が上がる合唱練習を選択して
アネットとローレンツを選びました。

リシテアのスカウトを念頭に置きつつ
その流れでアネットとローレンツも
早めにスカウト視野に入れる動きです。

この辺は

・最初に選んだ学級
・主人公の育成方針
・早めにスカウトしたい生徒の選択

この辺の方針によって
動きが変わってくるはずです。

いずれにせよ、早めに1人ぐらいは
パーティーメンバー増やす流れにした方が
最大出撃数的に無駄が無い為

主人公と最初の生徒だけに
スポットを当てるよりは
一人ぐらいはスカウトする事を念頭に
行動選択した方が良いと思います。

この章ではまだ到底スカウト
出来ませんが、数章後になってから
仲間が一人増えるかどうかに影響します。

ちなみにここで
忘れちゃいけない重要なポイントを
一つ押さえておきますと

恐らく2回目の行動で
しっかりと料理もしくは合唱練習で
得意キャラを選び、
指導ポイントを最大に増やせば
運よければ次の散策で指導レベルが
増やせる可能性があります。

その際に少しでも指導レベルアップを
確実にする為に
このタイミングで釣り餌使い切ってでも
釣りを連打して指導ポイントを
稼いだ方が良いですね。

釣り餌は現時点では有限であり
釣り回数には限度がありますが
最初から使わずに取っておけば
この時点で7~8回ぐらいは
釣りが出来るはずです。

釣りでゲット出来る指導ポイントは

料理に誘うの別メニュー魚素材
+10

一緒に料理の魚素材
+20

換金用の魚
+20

となります。

レアな魚の方がわずかに
ポイントが高いので
出来るだけレアな魚を釣りましょう。

2回は見逃しても
エサ無くなりません。

ヒット時の魚の色で
判別出来ますので
赤か黄色以外のヒットであれば
2回は見逃しても良いですね。

ここで100ポイント前後
指導ポイントを上乗せすれば
次の散策時にレベルアップ出来る
可能性が極めて高く
オススメの動きです。

最初の授業開始

散策の次の週から
記念すべき最初の授業開始です。

今作では主人公以外は
やる気をうまく消費して個別指導したり
指導方針を変えて技能ポイント増やす
パワプロ的な育成ゲームのノリがあります。

この授業を上手く進めていけるかどうかで
主人公以外のキャラの強さは
かなり変わってくる超重要な要素です。

授業での育成方針は
キャラによって変わるので
最初に選んだ学級によって説明できる点が
異なってきますし、正直
プレイヤーの育成方針(好み)にも
影響してくると思います。

ですので、あまり詳細は書いても
しょうがないと思いますが

初回の授業ですので
一例としてエーデルガルトを例にしまして
僕の育成を記載しますので
あくまで一例としてですが、
参考にしてもらえればと思います。

どのキャラでも共通の育成の考え方として
中級または上級の兵種試験を
100%で通過する事を目標に
技能レベルを調整するのがオススメです。

例えばエーデルガルトの場合

剣術、斧術、指揮、重装が得意で
理学が開花技能です。

・・・が初期ステ的に
魔力より圧倒的に力が高いキャラなので
流石に魔法を使って強くするのは
相当後になるだろうなぁ・・・

という感じがしますね。

では才能開花するのが無意味か?
と言われると、必ずしもそうとは
言いきれません。

才能開花して得意技能を増やすと
今後追加される講習への参加率が
上がりますし、講習でたまたま
今はメインで使って無い技能が
育つというケースもありますが
その際に得意の方が育ちが良くなります。

ですのでひじょーに長い目で見れば

早めに才能開花して得意技能増やした方が
長期的な技能経験値は増えやすいですね。

また、メインとして使わない技能だとしても
兵種試験に合格する為に
必要だったりします。

例えば、槍をメインで使わなかったとしても
騎馬兵種になる為には一定程度
槍の技能レベルが必要になるという感じ。

ですのですぐ使わない技能だとしても
とりあえず個別12回は開花技能に
使っても良いと思います。

当面の目標兵種に話を戻しますと

エーデルガルトは斧術と重装が
両方とも得意なので

典型的な重装タンクの適正があります。

斧術C、重装Dあれば
アーマーナイト100%で通りますから
一つの候補としては
これを目指しても良いですね。

重装、馬術、飛行

これらの適正があるキャラは
それぞれの専用兵種に進むのが
オススメです。

重装、騎馬、飛行兵種は
勿論それぞれに弱点が設定されてますが
その分、得意分野では
単純な兵種に負けない強さがあります。

それらの兵種を目指しやすいというのは
重要なキャラ個性ですので
重装、馬術、飛行が得意なキャラは
優先してそれらの兵種を
目指す事を考えましょう。

ただし、級長の場合は
例外的に中級兵種でロード
という専用兵種を選べます。

これは級長限定の強力な兵種ですので
こちらもオススメ度は高いです。

重装兵種にすると
上級兵種でそのまま
斧と重装を上げて、フォートレスに
移行出来るメリットはありますが

級長の場合は中級でロードも捨てがたいので
どっちにしようかなぁ?
という感じですね。

いずれにせよ理学の才能開花させても
うまく活用出来るのは
最上級兵種ぐらいまで進まないと
中々噛み合わないです。

ってな感じで
目標とする兵種

を決めてその試験に100%合格を目指し
技能レベルが上回るように
指導方針を組んでいくのが良いと思います。

今回は中級兵種でロードを目指そう

という方針で目標をカスタム設定で
剣術と指揮に変更します。

剣術は最初からE+しかないので
レベル5になる時点で早いとこDに上げて
初級兵種で剣士になって
剣術上達を加速する方針ですね。

こういう感じで全生徒、
中級あるいは上級の兵種を確認して
上げる技能を決めましょう。
カスタムから変える必要無ければ
そのままで良いです。

次に個別指導ですが

最初は3人個別指導出来ますので
やる気100の生徒のうち3人は
個別指導します。

出来るだけ才能開花持ちを優先した方が
良いですね。

例えばエーデルガルトの場合ですが
最初の個別指導では
教員補正もあるので
剣術を上げておきましょう。

級長は既にレベル3なので
次のバトル終了時に剣術Dを達成しないと
スムーズに剣士に移行出来そうもない為
理学の開花は後回しにします。

エーデルガルトのように
開花技能がかなり後にならないと
効果を発揮しなさそうなキャラは
開花後回しにするか、無視しても良いですが

早めに使いそうな開花持ちの生徒は
優先して個別指導で開花を目指しましょう。

また、近接武器の技能を最初から
2種類以上同時に上げるのは
あんまオススメ出来ません。

2種類以上の近接武器を使うと
スキル枠がキツくなりますし
攻撃の幅もあんま広がらないので
近接は1種類だけにした方が良いです。

例えば、剣と槍を両方同時に上げるとか。

兵種専用の技能である重装・馬術・飛行
序盤から上げるなら

特に重装と馬術がオススメです。
技能レベルCを目安に増やすと
重装では重さ-3、馬術は技+4の
スキルが覚えられるのでオススメです。

この2つは兵種が何だろうと
汎用で使えるスキルです。

グループ課題では
これらの兵種専用技能のうち一つを
2キャラ選んで育てられますので
忘れずに設定しておきましょう。

出来るだけ、支援レベルが高い
組み合わせを選んだ方が
大成功確率が上がり、金策上は有利ですが
全く技能使わないキャラ育っても
しょうがないので
ちゃんと技能使うキャラを選びましょう。

授業開始後に
生徒から質問が来る事があり
うまく答えれば、最大でやる気+50出来ます。

どの生徒から質問が来るか?
そもそも発生事態がランダムなので
来たらラッキーぐらいに考えておきましょう。

これで最初の授業は終了です。

その2に続きます。

最後まで
ご視聴ありがとうございました!
ブログランキングに1日1回ポチッとな!
頂けると順位が上がり励みになります。
<m(__)m>

ブログランキング・にほんブログ村へ


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください