【ラジオ】2019.4.14 有休取得義務化ってホントどうなの?

多くの労働者が歓喜する有休義務化に敢えて物申したい

4月14日発信分のラジオの関連記事です。

前半テーマ(発信関係の連絡・告知)

4月14日の週からまたもう少し
ゲーム実況動画の投稿ペース増やします。

週2にするって変えたばかりでは?

という事なんですが

前々からラジオ等ではお話してる通り
次のシリーズ以降からの
ゲーム実況については
もっと精力的に考えて、
発信者としての工夫をしながら
動画作りしていかなくちゃいけないな
と思ってます。

・・・で次以降のシリーズを
作るにあたって当面のシリーズは
完結させる必要がありますが

まだまだ先が非常に長いんですよ。(汗)

シヴィライゼーション6
ウォーグルーヴ

というゲームで
2種類のシリーズやってますが
最終回まで大分先が長いです。

そうすると週2ペースで投稿してたら
下手すると半年とかそれぐらい
先が長そうなので、
投稿ペースの方針を少し変えました。

来月5月からはいよいよ新元号施行
となりますが、僕の中では

気持ちの切り替えで
新しい元号の令和以降から
自分の新しいスタイルを模索した
ゲーム実況をやっていこうと思ってます。

今のシリーズが終わるのが
半年先とか1年先では遅すぎるので
5月までは難しいですが
6月いっぱいぐらいまでに
両シリーズの投稿が完結して

手持ちのシリーズが
全て終わるようなスケジュールで
いけたら良いなと思ってます。

以降のゲーム実況でやるゲームについては

4月頭のラジオで告知しました通り
今後はある程度、方向性を絞って
具体的には

「日本」

をテーマにした
あるいは登場するゲームを
実況でやるゲームとして
選定していきます。

具体的には
歴史物や現実世界の世界観
となってるようなゲームが主に
なってくるんじゃないかと思います。

そうすると
ドラクエやポケモン、モンハン
みたいなファンタジー世界をテーマにした
ゲームを実況でやる事は
無くなってくるのかな?

ブログで攻略記事色々書いてる点からも
理解頂けると思いますが
僕はマルチなゲーマーでして
日々、「広く浅く」様々なゲームやってます。

ただ当然、僕が普段やってるゲームの
ほんのごくごく一部しか
実況で動画にする事は出来ません。

どう頑張ってもごく一部しか
出来ないのであれば
ある程度、方向性を絞ろうと思います。

これまで実況としても雑食で
いろんなゲームをやってきました。

ポケモンやドラクエのような
有名なゲームから
インディーのような無名のゲーム。

ゲームジャンルや
どの年齢層向けのゲームかも
拘らずに色々やってきました。

色んなゲームをやってきた事で
これまでも、個々にそのゲームが
好きな方はその都度
動画を見て頂いたんだろうと思います。

ただ考えてみれば
何だかんだで僕も4年は動画投稿
やってきましたので

これからはもう少し方向性を絞りつつ
「たんぶらぁのゲーム動画」

という事で見続けてもらえるような
発信活動にしていく事が
これからも長くやっていく上で
必要な事だろうと思ってます。

動画投稿という世界も今や
ハイパーレッドオーシャン

ですから道のりは非常に険しいと思いますが。

後半テーマ(時事ネタや雑談)

ようやく今回のブログタイトルにもなってる
後半の雑談ネタですが

今年4月から開始された

「働き方改革」の一つである

有休の取得義務について
どうなんだろうな?と思う事を話してます。

度々言ってますが
僕を含め、現状多くの日本人は

「労働は神から人間に与えられた
 罰であり、苦役そのものである」

と考えており、出来るだけ
苦役である労働を減らす事が幸せに繋がる

こう思ってるんだと思います。

宝くじで一等が当たったら、
ベーシックインカムでお金がもらえるなら、

今の仕事はすぐ辞める。

99.9999999%の日本人が
そう考えるはずです。
(僕の主観です!キッパリ)

ですから、現実的な一歩として
この手を打つ事を100%批判はしませんが

こういう考え方をする国民を
増やしていく事は中長期期には
いずれ袋小路だと思います。

最近平成の終わりに
イチロー選手が引退を表明しました。

道のりは遠いのかもしれませんが
今後ロボット・AIが世の中に
増えていく事で平凡的な能力の人が
労働市場からいらなくなってくる
長期の未来を考えれば

僕はこれからの日本は
100人の凡人よりも
1人の天才を

生み出すような方向性に
シフトした方が良いのではないか?
と思います。

具体的には一人でも多く

ホリエモン、
イチロー選手、
将棋の藤井君、

このような人間を一人でも多く増やし

僕のような労働を苦役としか
思えないような人間は
早く絶滅危惧種

にする事が国家としては
生産性を上げる事になります。

個人の幸福としてみても
働きたい人は
自分のやりたい事がそこにあるわけ
ですから何時間でも働き、

あんまり働きくない人は
ボーッと生きる。

そういう生き方の多様性が
許される社会にする事が
真の働き方改革

だと僕は思います。

「多様性」という言葉は

政治的にはリベラルと呼ばれるような
色の付いた人達が使いまくっている
手垢にまみれた言葉なので
個人的にはどうかとも思いますが・・・

ただ、ツイッターのようなSNSとか
サイトなどネット情報を見るに

あまりこの考え方は
多くの人には受け入れられない
だろうと思います。

率直に
「仕事つれーんだから
 減ってうれしいに決まってんだろ!」

という意見は多いと思います。

僕もそちら側
(労働=苦役=神から与えられた罰)

ですし、10年サラリーマンやって
心身共に疲弊して辞めた人間ですから
よくわかるんです。

でも結局その道は、短期的には
喜べるかもしれませんが
死路(シロ)だと思うんですよね。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください