【ドラクエビルダーズ2】クリアレビュー クリアは真のクラフトの始まり

サンドボックス系のゲーム
ここまでやったの初めてでした。

ドラクエビルダーズ2

シナリオクリアしました!

という事で
クリア時のレビューを一度書かせて頂きます。

結論から言えば
サンドボックス系のクラフトゲーム
としての評価なら
とても良い出来のゲームだったと思います。

流石、ドラクエと言った所でしょうかね。

現時点で★付けるなら★★★★4ぐらいは
固いです。

そもそも僕はブロック世界の
クラフトゲーム
つまりマインクラフトに代表される
サンドボックス系のゲームって
ほぼ未プレイだったんですよ。

実はビルダーズも1は未プレイです。
(1が発売した頃は忙しくて・・)

若干毛色が違いますが
2Dのテラリアというゲームは
やり込んだ事があります。

しかし3Dのブロッククラフトゲームは
ほぼ未プレイだった訳です。

その上で今作ビルダーズ2の感想ですが
やっぱり遊び方のメインは
「自分のアート作品を作り続ける」

と言う事になるんだろうと思います。

ドラクエRPG的なバトル要素も
ありますが、あくまでオマケですね。

それ位、バトル要素は
クリア直前までそこまで白熱しませんでした。

終盤のルーンブルク島になるとようやく
クラフトで罠を作る事が出来るようになり
クラフト×バトル
の組み合わせが出来てバトルが
一気に戦略的になりました。

これは面白かったですが
そこに到達するまでの間の長い
攻略の道のりでバトルは辛かったですね。
(笑)

基本的に通常攻撃ボタン
連打
してるだけでしたから。

大体それで勝ててしまいましたし。

「まぁサンドボックスゲー
 なんてバトルはそんなもんだよ?」

という事なのか、
そちら系のゲームに疎い自分には
解りかねますが2Dのテラリアは
バトルにかなり重みが置かれた
ゲーム性でしたので
バトルが単調過ぎたのは
少し悲しかったです。

た・だ・し!

演出と雰囲気は
流石ドラクエって事で良く出来てます。

BGMも過去作の
BGMが色々採用されてました。
まぁドラクエファンとしては
過去作のBGMが
色々出てくるだけでも
良い演出になりますし。

ストーリーも
率直に言って良かったです。

歴代ラスボスシドーの
破壊神という設定を
上手く使った
破壊と創造の友情物語です。

また、
ラスボス戦のクライマックスは
鳥肌モンでしたねぇ。

ゲーム性と難易度は
正直低かったですが
演出は
ムチャクチャ良かったです。

ちなみにラスボス戦の
動画がこちら。

※動画はネタバレ注意!
 ですが、ラスボス戦
 (バトルのみ)
 雰囲気や演出だけ
 確認したい方はどうぞ。

とても良い演出で
良く出来てると思います。

クリア後ですが
モンスター図鑑を見ると
裏ボスのような相手
もいないようです。
DLで追加されるかもですが。

ですので
バトルがどうのこうの、
というゲーム趣では無く
ブロックアートメインの
ゲームだった。
というのが僕の感想です。

ですので
「ブロックアートがやりたい」
というプレイヤーには
非常にオススメ出来る
そんなドラクエ派生シリーズ
になってると思いますよ。

さて、
個人的に今後のやり込み
どうするか?

ですが、
ひとまず取って無い
アイテム集めや装備集めは
全てコンプしようかなと
思ってはいます。

その上でメインが
アートですからね・・・

ブロック積み重ねて
作品作りするのは
「かなり時間がかかる」

ので多くのゲームを並行プレイ
してる僕のようなプレイヤーは
ちょっと厳しいかも
しれないですね。

時間が無限にかかりそうです。
(苦笑)

僕がやるとしたら
日本列島の再現
とか
和風系の遺産再現

なんかは時間があれば
やるかもしれません。

「国土強靭化」

と称して
日本列島を
オリハルコンで作るとかさ。

それこそ無限に
時間がかかりそうですね。
(滝汗)

アート作品まで
作るかは未定ですが
今後もまだクリア後の
やり込みは続ける予定ですので
何か紹介したい内容があれば
その都度、攻略記事は
書きたいと思います。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

ブログランキング参加してます。
良かったら今後の記事の参考に
「ポチッとな!」でクリックがてら
以下の質問に、ご意見頂ければ幸いです。

 


たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください