【マーセナリーズウィングス】ステータスの重要度解説

DEXでATKが上がるゲームって珍しいな。

2ルート分レベル99までやり込んで
難易度マニアックのEXステージまでクリアした経験を踏まえて
各ステータスの重要度を解説したいと思います。

ゲームの説明を見ればわかる話ですが
「一般的なシミュレーションRPGのステータスと違うな・・・」
と僕が感じた点を最初に記載しておきます。

AGI(素早さ)
回避率だけでなく、移動力にも影響します。
そんなに大きくは移動力増えませんけど。

DEX(器用さ)
命中率、クリティカル率だけでなく
多少ですが攻撃力にも影響します。
デバフの成功率には影響しません。

HP 生命力

まぁ普通の重要度という所ですが
最終的には耐性でダメージ減らすので
あまり重要では無くなります。

MP 魔法力

特に重要視する必要無いです。

総合的な判断が必要ですが
毎ターンのMP回復率(MPR)の方が重要だと思います。

キャラごとに一番消耗MP高いスキル以上に
毎ターンMP回復するなら
それ以上のMPは全く必要無いです。

またMP回復についてはマナボックスという消耗アイテムが
お手軽範囲回復で使い勝手が良いので
アイテム使って回復させれば良いという印象です。

JMP 跳躍力

シミュレーションPRGでは結構重要になるゲームも多い
ジャンプ力(高低差移動力)ですが
マーセナリーズウィングスでは
正直あまり必要無いです。

そこまで高低差がある複雑なマップが
そもそもありません。

武器の攻撃可能な高低差範囲が狭いので
高い場所から弓や銃で攻撃する事も出来ません。

マップによっては宝箱、財宝手に入れる為に
必要だったりしますが
バトル戦術的にはあまり有効なステータスではありません。

MOV 移動力

移動力もシミュレーションRPGでは一般的に
とても重要なステータスですが
マーセナリーズウィングスでは
そこまで必要ではないと思いました。

勿論、移動範囲広い方が良いですが
マップがそこまで大きくありませんし
ジャンプ力でも記載した通り、地形を活かした戦術も
取り辛い為、あった方が良いですが
無理に拘る必要性は無いでしょう。

ATK(STR,DEX) 物理攻撃力

物理キャラは超重要なステータスです。
出来るだけ高くしましょう。

DEF(VIT) 物理防御力

物理防御力ですが
最終的なやり込みを前提にすると
あまり必要無いステータスです。

ダメージは耐性で軽減した方が効率が良い為。

MAT(INT) 魔法攻撃力

魔法キャラは超重要なステータスです。
出来るだけ高くしましょう。

MDF(MEN) 魔法防御力

魔法防御力ですが
最終的なやり込みを前提にすると
あまり必要無いステータスです。

ダメージは耐性で軽減した方が効率が良い為。

HIT(DEX) 武器攻撃の命中率

物理スキルを使う物理キャラに必要なステータスです。

しかし多くの物理キャラが最終的に
必中スキルを一つは覚えますので
無理にHITだけを上げる必要は無いと思います。

DEXのステータス自体はSTRには劣りますが
ATKに貢献しますのでDEXは余裕があれば上げても良いですけど。

AVD(AGI) 武器攻撃の回避率

回避率は防御力同様に
最終的にダメージを耐性で抑えた方が効率が良いので
重要ではありません。

GRD 盾ガード率

盾ガード成功率ですが
そもそも装備効果以外で上がりませんし
ダメージは最終的に耐性で軽減すれば良いので重要ではありません。

CRT(DEX) クリティカル率

実はほとんどのスキルは
クリティカル判定がありません。

通常攻撃とごく一部のスキル以外クリティカルしないので
最終的には
クリティカル率、クリティカルダメージ倍率共に
全く必要無いと思います。

MPR MP回復率

必要以上に上げる事はありませんが
かなり重要なステータスです。

最大MPと合わせて計算して
毎ターンMP消費大きいスキルを撃てる
回復力を維持出来ると良いです。

防具はMPRがマイナスにならない物を選ぶ方が良いでしょう。

全属性耐性&物理耐性

やり込み前提で考えると防御面を一手に引き受ける
超重要ステータスです。

耐性の数値は単純に%で耐性計算されますので
耐性100だと完全に無効となり
100を超えると回復になりますが

装備の魔法効果や一部のキャラはスキルで
かなりお手軽に上げる事が出来ます。

特に高難易度では敵の攻撃が単純な
防御力では受け切れないほど強いので
耐性でダメージを抑えた方がはるかに効率的です。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください