【MHW】Ver.5.00 ヘビィボウガン 装備・スキル紹介

ドラケンα、カイザーγの追加により再調整した
ヘビィボウガンの装備・スキル紹介

最初にくどいようだが

装備・スキルにおいてMHWではどのような方針で考えているか
下記の記事で触れているのでまだ御覧頂いていない方は是非一読頂きたい。

過去の記事でも何度も紹介しているので
知ってる方は「いい加減毎回言うのうっとおしいよ・・・」

と思うかもしれないが
これはMHWの装備・スキル紹介をする上で僕にとっては
挨拶のようなものなので、
「こんにちわ・おはようございます」のように
受け入れて頂ければありがたい。

なにせ挨拶だからね!

Ver.4.00でのヘビィ紹介は
使う弾(戦術)ごとに記事を分割していたが

Ver.5.00になりいい加減
ベヒーモスや数々の歴戦王モンスターなど
敵が凶悪化し過ぎてしまい、余裕がどんどん無くなっている為
一部のヘビィボウガンを使ったガチ装備だけまとめて紹介する。

エンプレスカノン・冥灯(通常弾運用)

装備


Ver.5.00で追加されたドラケンα、カイザーγを取り入れてみた。
他の防具枠もキリンγとマムガイラになっており
遂に全ての防具がバージョンアップによる追加防具だけになってしまった。

ゲームではよくある事だが
後から追加された装備が段違いに優秀だという事を表している。

スキル


必要な珠
強弾珠×1
心眼珠×1
強壁珠×1
超心珠×1
痛撃珠×3
鉄壁珠×2
達人珠×1

備考

シールドパーツが一つだけで心もとないが
反動と装填速度がどうしても一つずつ欲しいと感じた為
最終的に
反動抑制パーツ
リロード補助パーツ
シールドパーツ

になった。

弾道強化がある事により、比較的遠距離から戦う事が出来るので
散弾とは差別化出来ていると思うが
正直言って、通常弾の威力は微妙。

ガイラアサルト・援撃(貫通弾運用)

装備

Ver.5.00で追加されたドラケンα、カイザーγを取り入れてみた。
上記エンプレスカノン・冥灯の装備と一緒。

スキル


必要な珠
貫通珠×1
心眼珠×1
強壁珠×1
超心珠×1
渾身珠×3
鉄壁珠×2
攻撃珠×1

備考

会心率は渾身込みで70%
まぁまぁ現実的な会心率で超会心もあるので
Ver.4.00の装備の時より火力が上がった。
弾道強化は近距離でのクリティカル判定も広がる為
シールドを活用した近接距離での射撃も可能となる。

ガイラアサルト・賊(散弾運用)

装備

Ver.5.00で追加されたドラケンα、カイザーγを取り入れてみた。
上記エンプレスカノン・冥灯の装備と一緒。

スキル


必要な珠
散弾珠×1
無撃珠×1
強壁珠×1
痛撃珠×3
鉄壁珠×2
攻撃珠×1

備考

物理弾の威力としては現在最強。
シールドパーツを使う事で安定して戦える。
カスタム強化の会心率強化を含めて会心率40%。
弱点特攻込みだと90%となり、僅かな超会心と合わせて
Ver.4.00の装備の時より大分、火力が上がった。

アンフィニグラ(拡散弾運用)

装備

Ver.5.00としては何も変わっていないが
キリンγの胴で装填拡張を補う事が出来るようになった事で
ゼノラージ防具のスキルがほんの少しマシになった。

スキル


必要な珠
無傷珠×3
攻撃珠×2
体力珠×3
耐属珠×1

備考

火力をフルにするなら
攻撃珠×4にして攻撃をMAXにしても良かったが
4スロで、体力LV3と属性やられ耐性LV3に出来たので
汎用性を意識した構成にした。

転身の装衣が追加されたことで
不動霧からの固定砲台戦術だけでなく
普通に避けながら拡散弾を撃つ戦い方も可能になった。

まとめ

拡散弾以外は全てシールドを活用する事で
生存率を上げ、狩りの難易度を調整しているが
Ver.4.00の装備よりは多少火力にも寄せてみた。

そもそもそうしないと
Ver.5.00で追加された装備が役に立たたないから
Ver.4.00から進歩無いじゃん!

という切ない理由もあるが、
ベヒーモスや歴戦王など敵の体力も高くなり過ぎてしまい
現実的なタイムでのソロ狩猟が困難になってしまってきた為
いい加減、もう少し火力を上げる必要が出てきたという理由もある。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください