【MHW】タテマエ無しのホンネで語るMHWというゲーム

感想レビュー記事の代わりに。

最初にこの記事を書く経緯について
少しだけ説明しておきたい。

2018年のブログ再開後の方針として
ある程度の量の攻略記事を書いているゲームについては
一通り満足行くまでやり込んだ後で
 

最後にまとめとして、
ここまで遊ばせてもらったゲームへの感謝も込めて
自分なりにしっかりと整理して
感想レビューを書いてまとめる事にしている。

 

基本的に該当するゲームは全てその形でやっていくが
モンハンの場合、
ボリュームがひたすら多いし、今作ワールドは
アップデートでどんどん仕様が変わっていく為

「完全にやり込んでから感想レビューを・・・」

なんて言ってると
いつまで経ってもその機会は訪れない。

なのでMHWは通常のまとめ感想レビューの代わりに
整理出来ていない乱文になって申し訳ないが
代わりにホンネで思うままに
現時点での感想・評価について書いていきたいと思う。

感想

今作は完全に別ゲーになったな。

 

というのが率直に初めてゲームに触れた時の感想だ。

僕のモンハン歴はMHP3からだが
基本的に今までのモンハンを遊んできた中で
新作が出ても、全く違うゲームになったという感覚は無かった。

新しいモンスターやハンターのアクションが増えたり
様々なゲーム性は作品ごと変更があったが
ベースは変化していないように思えた。

前作にあたる3DSのクロスシリーズは
スタイリッシュにかなりやりたい放題アクションが追加されたが
それでも僕は
「あくまで追加・派生の範囲内でベースは変わってない」

という感想だった。

だから今回ワールドをプレイした時は
大変に衝撃を受けた。

確かに旧作から続投しているモンスターもいるし
ハンターがモンスターを狩るという世界観。

拠点で装備を整えて、アイテム買って、飯食ってという
基本的なゲーム性は変わっていない。

しかしPS4になって
フィールドデザインやモンスターのアクションが
一新された事でアクションゲームとしては別ゲーになったと思う。

評価:良い点

➀グラフィックが綺麗
 PS4のハードスペックをしっかりと活かすことが出来ている。

➁フィールド内のエリア移動がシームレスに。
 スムーズになったのでとても良い。

➂現地フィールドで装備アイテム変更・食事が可能に。
 賛否ありそうではあるが
 アイテム忘れ・食事忘れしても安心。
 今作の敵の強さなどバランスを考慮すると
 アイテムを現地で再補充出来たり、装備変更出来るのは
 むしろ戦略性が増したと思うので良いのではないかと思う。

➃アクション性が増した。
 3Dの立体的なフィールドになり、モンスターのアクションも
 フィールドに適応する形でかなり自由自在に動いてくる為アクション性は増した。
 ただし、これは難しくなったと解釈出来るので
 一概に良い点だけとは言えない。

➄環境利用は面白い。
 今作の注目所は環境を利用して戦える事だが
 このシステムはとても面白いと思う。
 元々モンハンはモンスターが怒ったり、疲労したりと
 このようなリアリティを追加している所が特徴的だった。
 今回はフィールドの様々な環境も狩りに利用出来るようになり
 ゲーム性に深みが出たと思う。
 ゲームバランスとしても十分環境利用は使えるので
 面白く実用的に使えるシステムになっている。
 
 現地調達出来るスリンガー弾についてはもう少し
 実用的な物が多くても良かった気がするが・・・

➅救難信号でマルチの敷居が下がった。
 僕のような極めて消極的なソロ専プレイヤーでないと
 理解出来ない点かもしれないが
 マルチというのはどのゲームでもワンランク敷居が高い。

 「ちゃんとコミュニケーション取れるだろうか?」
 「プレイが下手で迷惑にならないだろうか?」
 「ゆうた(ふんたー)認定されるかも・・・(怯)」

※ゆうた、ふんたー解説
 モンスターハンターシリーズでオンラインモードにおける
 地雷ハンターの総称。ネットスラング。

 実際にモンハンは日本が誇る大人気アクションゲームであり
 今作ワールドでは文字通り世界的大ヒット作品になった。
 
 プレイヤーの数が多いのだから、至極当然の話として
 中にはマナーに問題があるプレイヤーも多いのだろうが
 このような大手のゲームでは
 ネット上での侮蔑表現やレッテル張りも多くあり、
 そのようなギスギス・ピリピリ環境が怖くて
 「知らない人とマルチプレイするのはちょっと・・・」
 というような考えで引きこもってしまうソロ専ハンターも多くいるはずだ。

 何を隠そう僕もその一人である。
 安心して欲しい。
 同じような思いを持つプレイヤーは沢山いる。

 話を戻すが
 とはいえ大抵の場合はマルチで狩りをした方が楽だ。
 ワールドはマルチの場合にモンスターの体力が2.5倍になる為
 旧作ほど顕著に差は出なくなったが・・・

 救難信号のシステムはとても画期的だ。
 クエストの途中からでも参加出来るし
 体感としてコミュニケーションがかなり淡泊でも良くなった。

 クエストが終わった後に同じ集会場にいる事も無いので
 落ちてしまってクエストが終わった後に
 居たたまれない気持ちになりながら、謝罪して退室する必要もない。

 取るべきコミュニケーションといえば
 クエストが終わった後に
 「やったね!」的なアイコンを出しておけばそれだけでOKだ。

 これはコミュ症に大変有りがたいシステムである。
 (まぁ僕はそれでも大半ソロなのだが・・・)
 
 マルチの敷居が下がったという意味で大変良いシステムだと思う。
 

評価:悪い点

➀ロードが長い
 全く擁護のしようがない。
 
 
 ちょっと長いけど許せるってレベルでは全く無い。
 僕は特にゲームの評価をする際に
 ストーリーとかキャラクターのような人によって好みが分かれる部分よりも
 より客観的且、普遍的な評価がし易い
 基本的なインフラ、ユーザーインターフェースを重要視しているから
 特に辛辣な評価になるが、これは酷すぎる。

➁拠点が使い辛い
 拠点マップが広すぎてとても使い辛い。
 わざわざ長い階段を上って工房や食事所に上がる必要があり
 とても時間がかかる。
 リフトによる瞬間移動機能もあるが
 
 使うとロードが入るから全く時間短縮にならねぇよ!

 言葉が乱れてしまった。
 申し訳ない。
 
 クエストが終わるとまた拠点の下の方に帰還する為
 拠点内の移動を何度も繰り返す事になる。
 集会場への移動は流石にアップデートでクエスト帰還から
 直接集会場に戻ってこれるようになったがこんなものは当たり前の機能である。
 このクソ長いロード時間でクエスト終わる度に
 いちいち集会場に入り直すとか常軌を逸しているとしか思えない。

➂エンドコンテンツの作業ゲー具合が酷い
歴戦という強化個体の設定は良いと思う。
体力のアップが無い点が良い。
その点、クロスシリーズの獰猛化は最悪だった。

また今作ではお守り性能が鑑定では無くなった。
これでようやくお守りマラソンガチャから解放される・・・

そう思ったがカプコンはそんなに甘く無い。

代わりに珠が鑑定になったのだが
これが大変キツイ。

神おまというものが無くなったおかげで
現実的なスキル構成のバラ付きが減った事は
とても評価出来ると思うが
珠自体が鑑定なので、防具をいくら整えても
中々理想のスキル構成が組めない。

僕の体感では、旧作よりも理想のスキルを組むのが
大変になったと感じている。

相当やり込んで珠が揃ってくれば
旧作よりも総合的な鑑定マラソンは減るのかもしれないが・・・

また、武器のカスタム強化素材も鑑定マラソン。
全武器種類の何を引くかランダムだから
相当鬼畜なガチャである。

さらにそれだけでは飽き足らず
期間限定だったが遂にマム・タロト登場によって
武器すらもあのMH4シリーズの悪夢を呼び起こさせる
鑑定武器が登場してしまった。

メーカーサイドの狙いは大変良く解る。
ソシャゲーを連想せざるを得ないログインボーナスもあり
毎週飽きさせないよう配信クエストが変わる。

要するに
ずっ~と長い事このゲームで遊んでね!☆

って事だと思う。
別にこのゲームだけで無く
対人対戦のゲームから強力プレイのゲームまで
オンラインのマルチプレイゲームでは良くある話なのだが・・・

やはりここまで先の見えない運ゲーの
ガチャマラソンをエンドコンテンツとして設定されると
流石に露骨過ぎてどうなのか?と思ってしまう。

まとめ

個々の武器ごとの性能やバランスなど
細かい点で他にも言いたい事はある。

ぶっちゃけ僕のメイン武器である
ヘビィボウガンについては今作は大変物申したい事がある。

しかしまぁ個別の好みがあるような
細かい点は別として
アクションゲームとしてのゲーム性はとても面白いと思うのだ。

悪いと思う点も厳しく書いたが
誤解の無いように言っておくと
流石、全世界で空前の大ヒットをしただけの事はある
素晴らしいゲームだと思う。

日本が誇る偉大な超有名ゲーム「モンスターハンター」
進化して改めてグローバル市場で大成功した。

勿論、面白いゲームだからだ。

しかし、だからこそロードが長すぎるとか
色々使い辛さが目立つ機能とか
そう言った基本的なインフラみたいなものが
どうにも不十分に感じるのはとても残念だ。

過去作と違い今はハードがPS4だからという利点もあるのか
どんどんアップデートでユーザーの不満要素を
解消する方向に修正しているようなので
今後の修正にも期待をしていきたいと思う。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください