【ポケモンSM】ダブル考察-ドレディア育成論

カメと仲良くなった可憐な女の子。。

勿論、卑猥な意味は無い。

ドレディアの概要

第6世代まではマイナーポケモンの1体でした。

・・・がそもそもこのポケモンは
強い弱いうんぬんの話の前に

この圧倒的、容姿により

多くのポケモンファン達を魅了し続けてきました。

その点では別に対戦に限らずとも
ポケモン界への貢献度は計り知れません。

多くのイラストレーターのモデルとなり
そして
多くの薄い本が厚くなりました。

というかそもそも
嫁ポケモン枠として対戦でも使われやすいポケモンでした。

型案



ドレディア ひかえめ クサZ 葉緑素 
努力値:C252 D4 S252
実数値:145-X-95-178-96-142
技:花びらの舞 眠り粉 お先にどうぞ 守る

調整:
CS
D4振りDL対策

紙耐久なので
ほとんど調整の必要無いと思います。

一口メモ:
日照りと組み合わせて
先制で眠り粉orお先にどうぞでサポートする。

ひかえめでも勿論、葉緑素でスカガブも抜ける。

クサZ花びらの舞でガブ確1

H252ペリッパーも確1なので
天候書き換え役としても対面しやすい
ペリッパーを上から縛って処理対象に含める事も出来ます。

メインウエポンはリフストの方が使いやすいですが
花びらの舞はオドリドリとのコンボ用。

猫騙し+αで簡単に落ちるので
安定性も考えて守るも採用。

手助けも覚えるので選択肢は豊富だけど

眠り粉とお先にどうぞで味方サポート技が
2種類あるのでそれ以上のサポート技は
選択肢としては選ばれ辛い点もあります。

美学

やっぱり花びらの舞。
ドレディアといえば舞技を入れておきたい。

ダブルの場合、
オドリドリと組み合わせる前提なら
戦術的にも十分アリ。

雑記

私はORAS時代はシングルしかプレイしてなかった上に
ほぼ必ず左上にエンテイがいたので
シングルでも対戦した経験がほぼ無いポケモンなんですが

舞技でフリフリする姿が対戦中でも見られるらしいですね。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください