【ポケモンSM】ポケモン考察-ハギギシリ育成論

ビビットボディってすごい特性だなぁと思ったんですが
まぁこのポケモンではあんまり使えませんね。

ハギギシリの概要

第7世代で登場した水・エスパーの複合タイプ

先制技が効かないという
素晴らしい新特性
ビビットボディを引っ提げて登場したが

コイツ自体がそこまでして
先制技封じても意味無いポケモンだったり

肝心のファイアロー先生が弱体化したりと
以外とあんまり使えなかったりします。

しかし
レア特性のがんじょうあご
やレア技のサイコファングがあったり
個性あふれる良いポケモンです。

型案


ハギギシリ ようき こだわりスカーフ がんじょうあご
努力値:H12 A252 B4 D12 S228
実数値:145-157-91-X-92-155
技:たきのぼり サイコファング こおりのキバ かみくだく

調整:
H:16N+1
A:特化
B:余り
D:DL対策D>B
S:準速スカーフガブ抜き

一口メモ:
やっぱり頑丈顎。
ビビットボディよりは一定の役割を持てる。

Sが微妙過ぎるのでスカーフ
という所からスタートした。

一応S抜いてれば
頑丈顎の補正が強いので
例えば
氷のキバでB4ガブは確1

それでも噛み砕くで
H252メガゲンが低乱数という弱さだけど・・・

美学

エンテイ愛好家の家訓として
「ガブ、マンダを倒せる可能性のあるポケモンは倒しに行け!」
(エンテイの為に)

とあるので
頑丈顎→氷のキバ
が確定。
耐久が低すぎて調整しても全然受けられない
悲惨なダメ計だったのでスカーフが確定し

一応準速ガブまで普通に抜いておこう
という
「ガブを殲滅する鉄の意思でSを調整した」

必ず勝てるとは言わないが
せっかく顎氷のキバで確定取れるんだから
積極的に挑戦していきたい。

後はスカーフだし
顎を活かせる技を美しく採用していった訳だけど

どくどくのキバは
元の威力が弱すぎて
顎で補正かけても誰も倒せない底なしの闇が見えた為

「タイプ一致技をしっかり入れるのも美学だよね!」
という言い訳のような甘い誘惑により

最終的には
スカーフ怯みで
「最後まで諦めない灯を絶やさない」
たきのぼりを採用して全てが確定した。

雑記

メガサメハダーと比べてどうなのか?
と言われれば
ハッキリ言って劣る部分が多いけど
メガ枠は使いませんよって所でしょうかね。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください