【ポケモンSM】S要注意ライン

有志の様々な方がSMのバンク解禁前の環境での
重要Sラインを検証していますが
私も改めて確認して置きたいと思います。

まずシーズン1で流行ったポケモンについてのまとめは
過去に
【ポケモンSM】レーティングバトル「シーズン1」のポケモンランキング感想
という記事で書かせて頂きましたが
その辺りも踏まえて今後のS調整の参考に
要注意ラインをまとめてみたいと思います。


300 スカーフ最速カプ・コケコ
283 1舞最速メガボーマンダ
258 1舞準速メガボーマンダ
253 スカーフ最速ガブリアス
241 スカーフ最速カプ・テテフ
231 スカーフ準速ガブリアス
220 スカーフ準速カプ・テテフ
219 1舞最速メガギャラドス
200 最速130族(コケコ、メガゲン等)
199 1舞準速メガギャラドス
189 最速120族(メガマンダ等)
178 最速110族(メガグロス等)
177 最速Rキュウコン
172 準速120族(メガマンダ等)
169 最速ガブリアス
162 最速ミミッキュ、準速110族(メガグロス等)
161 最速95族(テテフ等)
148 準速ミミッキュ(最速デンジュモク)
146 最速メガギャラドス
133 準速メガギャラドス
128 最速ペリッパー
124 最速テッカグヤ
123 最速ギルガルド
117 準速ペリッパー
102 4振りギャラドス
97 準速Rガラガラ
82 4振りテッカグヤ
81 4振りギルガルド
66 4振りRガラガラ
58 最遅ギルガルド
45 最遅Rガラガラ

ひとまずこの前のシーズン1でシングル・ダブルの
ランキングにエントリーしたポケモンの主要なSライン。

上から順番に考えていきます。

ORASでもS調整があれやこれやあった挙句に
調整したヤツらを吹き飛ばす
スカーフゲッコウガ
なんてのがいましたが
同じ理由で
スカーフ最速コケコとかも危険な存在ですね。

ハッキリ言って先制技以外では必ず最速の安心感がありますし。

メガマンダはORAS時代でも
最速から準速
はたまた慎重耐久舞いとか
型が無数にあるポケモンでしたので
今回も一概には何とも言えません。

テテフは準速スカーフでも
最速1舞メガギャラ抜いてますし
火力で圧力を与える使い方を重視される傾向が
あると思いますので準速の方が多そうです。

ガブは最速テテフまでしっかり抜く事と
ミラー意識で最速が多そう。
253 スカーフ最速
169 最速
のラインですね。

ギャラはバンク解禁前環境では
メガが良く使われているようです。
そうすると
今回130族のコケコが登場してしまいましたので
1舞で200ラインを抜ける
準速以上の調整が多いのかな?

メガグロスは
SMでメガシンカしたターンからSが変わる仕様になりましたので
断然最速でしょうね。
ガブだけでなく、Rキュウコンも抜けますし。

ミミッキュは
実際火力に難がある為
準速の方が多いらしいです。

準速でも最速メガギャラ抜いてますし。

この辺になると中速ラインですが
128 最速ペリッパー
124 最速テッカグヤ
123 最速ギルガルド
117 準速ペリッパー

と120後半まで
中々のラインナップですので
130に無理なく到達出来るポケモンは
この辺超える事も考えて置いた方が良さそうです。

カグヤ、ガルドは
普通にアタッカー、毒キンシで最速いますからね。

びみょーな所で
準速Rガラガラの97
普通にあり得ると思いますので
意識はしておきたいです。

流行ってるせいもあって、
ミラー意識で準速にする配分も多いにあるらしい。

最後遅いラインは
やっぱり4振りのカグヤ、ガルド
とリストには書いてませんが50族意識で
調整でしょうか。

最遅レベルのラインになると
やはり
トリルRガラガラがブイブイって感じですね。

ファイアローが割とスタメン落ちしましたし
トリルはまた強化されたと思います。

トリルRガラガラが流行って来れば
45ラインを下回るトリルエースに注目が集まるかも。

たんぶらぁ

Author: たんぶらぁ

ゲームブロガー,ゲーマー,動画投稿者(YouTube,ニコニコ動画) 将来的にゲーム症・障害者にされるかも (WHOの魔の手により) サラリーマンとして10年間、会社に勤務。 自分を偽り続けて10年踏ん張ったものの 心身共に限界を迎えて退職。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください