さて、まだまだSMでは対戦どころか
育成環境の準備下ごしらえ中な私ですが・・・

ちょっとずつバンク解禁前の現在の対戦環境の情報も出て参りましたので
情報を集めつつ、対戦で使うポケモンについても考えていきたいと思います。

さて今回からSMでの各ポケモンの考察なんかもやっていきたいと思いますが
読んで頂くにあたりまして3点だけご理解を願います。

1.私自身、ポケモン対戦はファンプレイヤー勢に分類されると自己認識しております。
 勝つ事についても強く意識はしますが、
 同時にポケモンの個性や面白さを重要視しており
 考察なんかにもそれは色濃く反映されています。

2.ポケモンORASではエンテイを600匹以上所持していた超エンテイ愛好家です。
 (対戦でうまく使える訳ではありません。)
 SMではまだ解禁もされてませんが、エンテイと相性の良い型・調整を好み
 非常に強く考察に影響されています。
 「エンテイ好きが考えるポケモンの考察」という視点である事をご理解下さい。

3.シングルベースの考察でたまにダブルについても記載

%e3%82%ab%e3%83%97%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%82%b1%e3%82%b3

カプ・コケコの概要

第7世代の準伝説シリーズカプの1体。
第7世代のバンク解禁前環境では
トップメタの一角になるほど猛威を振るっているポケモンの1体だそうです。

攻撃の種族値の活用手段が薄いものの、準伝説として全体的に高い種族値持ち
特性はオリジナル且、強力なエレキメーカーが超強力であり
技のバリエーションも十分あるという
強い要素を一通り兼ね備えているポケモンです。

参考にエレキメーカーで自動発動する
エレキフィールドは
5ターンの間、場の状態を『エレキフィールド』にする。
『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、
『ねむり』状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1.5倍になる。

という技。

これにより、電気タイプの技の威力は高く
無補正でも10万ボルトの火力指数は29767。
目安として大体30000ぐらいあったら火力が十分高いポケモンの
一致メインウエポンの威力ぐらいですかね。

型案A

カプ・コケコ むじゃき いのちのたま エレキフィールド
努力値:A4 C252 S252
実数値:145-136-105-147-85-200
技:10万ボルト ボルトチェンジ マジカルシャイン とんぼがえり

調整:
ポケモンの性質的にひとまずぶっぱ型
H奇数なので振らなくていいですね。

一口メモ:
130族のボルチェン、とんぼが打てるサイクル重視仕様
エンテイ使ってるとどうしてもサイクル戦がメインになりますので
好みかな。

型案B

カプ・コケコ おくびょう こだわりメガネ エレキフィールド
努力値:B4 C252 S252
実数値:145-121-106-147-95-200
技:10万ボルト ボルトチェンジ マジカルシャイン くさむすび

調整:
同上

一口メモ:
電気通ってれば普通に強い。

型案C

カプ・コケコ おくびょう きあいのタスキ エレキフィールド
努力値:B4 C252 S252
実数値:145-121-106-147-95-200
技:10万ボルト ボルトチェンジ マジカルシャイン めいそう

調整:
同上
ホントはめいそうのアップベースでC調整した方が良いですね。
パーティーごとの仮想敵を要検証しましょう。

一口メモ:
めいそう1回積めると全抜きも狙える。
めいそうからの高速ボルチェンもありってのは
第6世代でのライコウにもありましたね。

型案D

カプ・コケコ おくびょう たべのこし エレキフィールド
努力値:H252 B4 S252
実数値:145-121-106-115-95-200
技:10万ボルト みがわり どくどく まもる

調整:
ホントはH調整しても良いと思うけど
調整先が不明確なのでまぁざっくりのサンプル。

一口メモ:
毒と電気技の相性が悪くないのは
毒守ボルトとかいましたのでね。
ただ130族ボルチェン切るのが好み的になんか嫌。

雑記

・私はA案が好き。
・両刀型ならブレバも良い候補 電気との相性も○
 エンテイの敵に対する対処としてはあんまり必要無いけど。
・ダブルなら守る入れつつ、ひかえめで補正かけても面白そうですね。
 エレキフィールド張りながら相方のサポと合わせてより高火力の選択を迫れそう。
・補助技もめいそう、ちょうはつといろいろ揃ってるんですが
 技に良いのが多すぎて中々選択に困ります。